ヨハネによる福音書11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 さて、ひとりの病人びょうにんがいた。ラザロといい、マリヤとその姉妹しまいマルタのむらベタニヤのひとであった。

    2 このマリヤはしゅ香油こうゆをぬり、自分じぶんかみで、しゅあしをふいたおんなであって、病気びょうきであったのは、彼女かのじょ兄弟きょうだいラザロであった。

    3 姉妹しまいたちはひとをイエスのもとにつかわして、「しゅよ、ただいま、あなたがあいしておられるもの病気びょうきをしています」とわせた。

    4 イエスはそれをいてわれた、「この病気びょうきぬほどのものではない。それはかみ栄光えいこうのため、また、かみがそれによって栄光えいこうけるためのものである」。

    5 イエスは、マルタとその姉妹しまいとラザロとをあいしておられた。

    6 ラザロが病気びょうきであることをいてから、なおふつか、そのおられたところ滞在たいざいされた。

    7 それから弟子でしたちに、「もう一ユダヤにこう」とわれた。

    8 弟子でしたちはった、「先生せんせい、ユダヤじんらが、さきほどもあなたをいしころそうとしていましたのに、またそこにかれるのですか」。

    9 イエスはこたえられた、「一にちには十二時間じかんあるではないか。昼間ひるまあるけば、ひとはつまずくことはない。このひかりているからである。

    10 しかし、よるあるけば、つまずく。そのひとのうちに、ひかりがないからである」。

    11 そうわれたが、それからまた、かれらにわれた、「わたしたちのともラザロがねむっている。わたしはかれおこしにく」。

    12 すると弟子でしたちはった、「しゅよ、ねむっているのでしたら、たすかるでしょう」。

    13 イエスはラザロがんだことをわれたのであるが、弟子でしたちは、ねむってやすんでいることをさしてわれたのだとおもった。

    14 するとイエスは、あからさまにかれらにわれた、「ラザロはんだのだ。

    15 そして、わたしがそこにいあわせなかったことを、あなたがたのためによろこぶ。それは、あなたがたがしんじるようになるためである。では、かれのところにこう」。

    16 するとデドモとばれているトマスが、仲間なかま弟子でしたちにった、「わたしたちもって、先生せんせい一緒いっしょのうではないか」。

    17 さて、イエスがってごらんになると、ラザロはすでに四日間かかんはかなかかれていた。

    18 ベタニヤはエルサレムにちかく、二十五ちょうばかりはなれたところにあった。

    19 おおぜいのユダヤじんが、その兄弟きょうだいのことで、マルタとマリヤとをなぐさめようとしてきていた。

    20 マルタはイエスがこられたといて、出迎でむかえにったが、マリヤはいえですわっていた。

    21 マルタはイエスにった、「しゅよ、もしあなたがここにいてくださったなら、わたしの兄弟きょうだいななかったでしょう。

    22 しかし、あなたがどんなことをおねがいになっても、かみはかなえてくださることを、わたしはいまでもぞんじています」。

    23 イエスはマルタにわれた、「あなたの兄弟きょうだいはよみがえるであろう」。

    24 マルタはった、「おわりののよみがえりのときよみがえることは、ぞんじています」。

    25 イエスは彼女かのじょわれた、「わたしはよみがえりであり、いのちである。わたしをしんじるものは、たといんでもきる。

    26 また、きていて、わたしをしんじるものは、いつまでもなない。あなたはこれをしんじるか」。

    27 マルタはイエスにった、「しゅよ、しんじます。あなたがこのにきたるべきキリスト、かみ御子みこであるとしんじております」。

    28 マルタはこうってから、かえって姉妹しまいのマリヤをび、「先生せんせいがおいでになって、あなたをんでおられます」と小声こごえった。

    29 これをいたマリヤはすぐがって、イエスのもとにった。

    30 イエスはまだむらに、はいってこられず、マルタがおむかえしたその場所ばしょにおられた。

    31 マリヤと一緒いっしょいえにいて彼女かのじょなぐさめていたユダヤじんたちは、マリヤがいそいでがってくのをて、彼女かのじょはかきにくのであろうとおもい、そのあとからついてった。

    32 マリヤは、イエスのおられるところっておにかかり、そのあしもとにひれしてった、「しゅよ、もしあなたがここにいてくださったなら、わたしの兄弟きょうだいななかったでしょう」。

    33 イエスは、彼女かのじょき、また、彼女かのじょ一緒いっしょにきたユダヤじんたちもいているのをごらんになり、はげしく感動かんどうし、またこころさわがせ、そしてわれた、

    34 かれをどこにいたのか」。かれらはイエスにった、「しゅよ、きて、ごらんください」。

    35 イエスはなみだながされた。

    36 するとユダヤじんたちはった、「ああ、なんとかれあいしておられたことか」。

    37 しかし、かれらのあるひとたちはった、「あの盲人もうじんをあけたこのひとでも、ラザロをなせないようには、できなかったのか」。

    38 イエスはまたはげしく感動かんどうして、はかにはいられた。それは洞穴ほらあなであって、そこにいしがはめてあった。

    39 イエスはわれた、「いしりのけなさい」。んだラザロの姉妹しまいマルタがった、「しゅよ、もうくさくなっております。四もたっていますから」。

    40 イエスは彼女かのじょわれた、「もししんじるならかみ栄光えいこうるであろうと、あなたにったではないか」。

    41 人々ひとびといしりのけた。すると、イエスはてんにむけてわれた、「ちちよ、わたしのねがいをおくださったことを感謝かんしゃします。

    42 あなたがいつでもわたしのねがいをきいれてくださることを、よくっています。しかし、こうもうしますのは、そばにっている人々ひとびとに、あなたがわたしをつかわされたことを、しんじさせるためであります」。

    43 こういながら、大声おおごえで「ラザロよ、てきなさい」とばわれた。

    44 すると、死人しにん手足てあしぬのでまかれ、かおかおおおいでつつまれたまま、てきた。イエスは人々ひとびとわれた、「かれをほどいてやって、かえらせなさい」。

    45 マリヤのところにきて、イエスのなさったことをおおくのユダヤじんたちは、イエスをしんじた。

    46 しかし、そのうちの数人すうにんがパリサイびとたちのところにって、イエスのされたことをげた。

    47 そこで、祭司長さいしちょうたちとパリサイびとたちとは、議会ぎかい召集しょうしゅうしてった、「このひとおおくのしるしをおこなっているのに、おたがいなにをしているのだ。

    48 もしこのままにしておけば、みんながかれしんじるようになるだろう。そのうえ、ローマじんがやってきて、わたしたちの土地とち人民じんみんうばってしまうであろう」。

    49 かれらのうちのひとりで、そのとし大祭司だいさいしであったカヤパが、かれらにった、「あなたがたは、なにもわかっていないし、

    50 ひとりのひと人民じんみんかわってんで、全国民ぜんこくみんほろびないようになるのがわたしたちにとってだということを、かんがえてもいない」。

    51 このことはかれ自分じぶんからったのではない。かれはこのとし大祭司だいさいしであったので、預言よげんをして、イエスが国民こくみんのために、

    52 ただ国民こくみんのためだけではなく、また散在さんざいしているかみらを一つにあつめるために、ぬことになっていると、ったのである。

    53 かれらはこのからイエスをころそうと相談そうだんした。

    54 そのためイエスは、もはや公然こうぜんとユダヤじんあいだあるかないで、そこをて、荒野あらのちか地方ちほうのエフライムというまちかれ、そこに弟子でしたちと一緒いっしょ滞在たいざいしておられた。

    55 さて、ユダヤじん過越すぎこしまつりちかづいたので、おおくの人々ひとびとをきよめるために、まつりまえに、地方ちほうからエルサレムへのぼった。

    56 人々ひとびとはイエスをさがもとめ、みやにわってたがいった、「あなたがたはどうおもうか。イエスはこのまつりにこないのだろうか」。

    57 祭司長さいしちょうたちとパリサイびとたちとは、イエスをとらえようとして、そのいどころをっているものがあればもうよ、という指令しれいしていた。