ヨハネによる福音書9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 イエスがみちをとおっておられるとき、うまれつきの盲人もうじんられた。

    2 弟子でしたちはイエスにたずねてった、「先生せんせい、このひとうまれつき盲人もうじんなのは、だれがつみおかしたためですか。本人ほんにんですか、それともその両親りょうしんですか」。

    3 イエスはこたえられた、「本人ほんにんつみおかしたのでもなく、また、その両親りょうしんおかしたのでもない。ただかみのみわざが、かれうえあらわれるためである。

    4 わたしたちは、わたしをつかわされたかたのわざを、ひるあいだにしなければならない。よるる。すると、だれもはたらけなくなる。

    5 わたしは、このにいるあいだは、ひかりである」。

    6 イエスはそうって、につばきをし、そのつばきで、どろをつくり、そのどろを盲人もうじんってわれた、

    7 「シロアム(つかわされたもの、の)のいけってあらいなさい」。そこでかれってあらった。そしてえるようになって、かえってった。

    8 近所きんじょ人々ひとびとや、かれがもと、こじきであったのを見知みしっていた人々ひとびとった、「このひとは、すわってこじきをしていたものではないか」。

    9 ある人々ひとびとは「そのひとだ」とい、人々ひとびとは「いや、ただあのひとているだけだ」とった。しかし、本人ほんにんは「わたしがそれだ」とった。

    10 そこで人々ひとびとかれった、「では、おまえのはどうしてあいたのか」。

    11 かれこたえた、「イエスというかたが、どろをつくって、わたしのり、『シロアムにってあらえ』とわれました。それで、ってあらうと、えるようになりました」。

    12 人々ひとびとかれった、「そのひとはどこにいるのか」。かれは「りません」とこたえた。

    13 人々ひとびとは、もと盲人もうじんであったこのひとを、パリサイびとたちのところにつれてった。

    14 イエスがどろをつくってかれをあけたのは、安息日あんそくにちであった。

    15 パリサイびとたちもまた、「どうしてえるようになったのか」、とかれたずねた。かれこたえた、「あのかたがわたしのにどろをり、わたしがそれをあらい、そしてえるようになりました」。

    16 そこで、あるパリサイびとたちがった、「そのひとかみからきたひとではない。安息日あんそくにちまもっていないのだから」。しかし、ほかの人々ひとびとった、「つみのあるひとが、どうしてそのようなしるしをおこなうことができようか」。そしてかれらのあいだ分争ぶんそうしょうじた。

    17 そこでかれらは、もう一この盲人もうじんいた、「おまえのをあけてくれたそのひとを、どうおもうか」。「預言者よげんしゃだとおもいます」とかれった。

    18 ユダヤじんたちは、かれがもと盲人もうじんであったがえるようになったことを、まだしんじなかった。ついにかれらは、えるようになったこのひと両親りょうしんんで、

    19 たずねてった、「これが、うまれつき盲人もうじんであったと、おまえたちのっているむすこか。それではどうして、いまえるのか」。

    20 両親りょうしんこたえてった、「これがわたしどものむすこであること、またうまれつき盲人もうじんであったことはぞんじています。

    21 しかし、どうしていまえるようになったのか、それはりません。また、だれがそのをあけてくださったのかもりません。あれにいてください。あれはもうおとなですから、自分じぶんのことは自分じぶんはなせるでしょう」。

    22 両親りょうしんはユダヤじんたちをおそれていたので、こうこたえたのである。それは、もしイエスをキリストと告白こくはくするものがあれば、会堂かいどうからすことに、ユダヤじんたちがすでめていたからである。

    23 かれ両親りょうしんが「おとなですから、あれにいてください」とったのは、そのためであった。

    24 そこでかれらは、盲人もうじんであったひとをもう一度いちどんでった、「かみ栄光えいこうするがよい。あのひと罪人つみびとであることは、わたしたちにはわかっている」。

    25 するとかれった、「あのかたが罪人つみびとであるかどうか、わたしはりません。ただ一つのことだけっています。わたしはめくらであったが、いまえるということです」。

    26 そこでかれらはった、「そのひとはおまえになにをしたのか。どんなにしておまえのをあけたのか」。

    27 かれこたえた、「そのことはもうはなしてあげたのに、いてくれませんでした。なぜまたこうとするのですか。あなたがたも、あのひと弟子でしになりたいのですか」。

    28 そこでかれらはかれをののしってった、「おまえはあれの弟子でしだが、わたしたちはモーセの弟子でしだ。

    29 モーセにかみかたられたということはっている。だが、あのひとがどこからきたものか、わたしたちはらぬ」。

    30 そこでかれこたえてった、「わたしのをあけてくださったのに、そのかたがどこからきたか、ごぞんじないとは、不思議ふしぎ千万せんばんです。

    31 わたしたちはこのことをっています。かみ罪人つみびとうことはおきいれになりませんが、かみうやまい、そのみこころをおこなひとうことは、きいれてくださいます。

    32 うまれつきめくらであったものをあけたひとがあるということは、世界せかいはじまって以来いらいいたことがありません。

    33 もしあのかたがかみからきたひとでなかったら、何一なにひとつできなかったはずです」。

    34 これをいてかれらはった、「おまえはまったつみなかうまれていながら、わたしたちをおしえようとするのか」。そしてかれそとした。

    35 イエスは、そのひとそとされたことをかれた。そしてかれってわれた、「あなたはひとしんじるか」。

    36 かれこたえてった、「しゅよ、それはどなたですか。そのかたをしんじたいのですが」。

    37 イエスはかれわれた、「あなたは、もうそのひとっている。いまあなたとはなしているのが、そのひとである」。

    38 するとかれは、「しゅよ、しんじます」とって、イエスをはいした。

    39 そこでイエスはわれた、「わたしがこのにきたのは、さばくためである。すなわち、えないひとたちがえるようになり、えるひとたちがえないようになるためである」。

    40 そこにイエスと一緒いっしょにいたあるパリサイびとたちが、それをいてイエスにった、「それでは、わたしたちもめくらなのでしょうか」。

    41 イエスはかれらにわれた、「もしあなたがたが盲人もうじんであったなら、つみはなかったであろう。しかし、いまあなたがたが『える』とるところに、あなたがたのつみがある。