聖典
ヨハネによる福音書12
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第12章

1 過越すぎこしまつりの六まえに、イエスはベタニヤにかれた。そこは、イエスが死人しにんなかからよみがえらせたラザロのいたところである。

2 イエスのためにそこで夕食ゆうしょく用意よういがされ、マルタは給仕きゅうじをしていた。イエスと一緒いっしょ食卓しょくたくについていたもののうちに、ラザロもくわわっていた。

3 そのとき、マリヤは高価こうか純粋じゅんすいなナルドの香油こうゆきんってきて、イエスのあしにぬり、自分じぶんかみでそれをふいた。すると、香油こうゆのかおりがいえにいっぱいになった。

4 弟子でしのひとりで、イエスを裏切うらぎろうとしていたイスカリオテのユダがった、

5 「なぜこの香油こうゆを三百デナリにって、まずしいひとたちに、ほどこさなかったのか」。

6 かれがこうったのは、まずしいひとたちにたいするおもいやりがあったからではなく、自分じぶん盗人ぬすびとであり、財布さいふあずかっていて、その中身なかみをごまかしていたからであった。

7 イエスはわれた、「このおんなのするままにさせておきなさい。わたしのほうむりののために、それをとっておいたのだから。

8 まずしいひとたちはいつもあなたがたとともにいるが、わたしはいつもともにいるわけではない」。

9 おおぜいのユダヤじんたちが、そこにイエスのおられるのをって、しよせてきた。それはイエスにうためだけではなく、イエスが死人しにんのなかから、よみがえらせたラザロをるためでもあった。

10 そこで祭司長さいしちょうたちは、ラザロもころそうと相談そうだんした。

11 それは、ラザロのことで、おおくのユダヤじんかれらをはなって、イエスをしんじるにいたったからである。

12 その翌日よくじつまつりにきていたおおぜいの群衆ぐんしゅうは、イエスがエルサレムにこられるといて、

13 しゅろのえだにとり、むかえにった。そしてさけんだ、「ホサナ、しゅ御名みなによってきたるもの祝福しゅくふくあれ、イスラエルのおうに」。

14 イエスは、ろばのつけて、そのうえられた。それは

15 「シオンのむすめよ、おそれるな。よ、あなたのおうがろばのっておいでになる」といてあるとおりであった。

16 弟子でしたちははじめにはこのことをさとらなかったが、イエスが栄光えいこうけられたときに、このことがイエスについてかれてあり、またそのとおりに、人々ひとびとがイエスにたいしてしたのだということを、おもおこした。

17 また、イエスがラザロをはかからして、死人しにんなかからよみがえらせたとき、イエスと一緒いっしょにいた群衆ぐんしゅうが、そのあかしをした。

18 群衆ぐんしゅうがイエスをむかえにたのは、イエスがこのようなしるしをおこなわれたことを、いていたからである。

19 そこで、パリサイびとたちはたがいった、「なにをしてもむだだった。をあげてかれのあとをってったではないか」。

20 まつり礼拝れいはいするためにのぼってきた人々ひとびとのうちに、数人すうにんのギリシヤじんがいた。

21 かれらはガリラヤのベツサイダであるピリポのところにきて、「きみよ、イエスにおにかかりたいのですが」とってたのんだ。

22 ピリポはアンデレのところにってそのことをはなし、アンデレとピリポは、イエスのもとにってつたえた。

23 すると、イエスはこたえてわれた、「ひと栄光えいこうけるときがきた。

24 よくよくあなたがたにっておく。一つぶむぎちてななければ、それはただ一つぶのままである。しかし、もしんだなら、ゆたかにむすぶようになる。

25 自分じぶんいのちあいするものはそれをうしない、この自分じぶんいのちにくものは、それをたもって永遠えいえんいのちいたるであろう。

26 もしわたしにつかえようとするひとがあれば、そのひとはわたしにしたがってるがよい。そうすれば、わたしのおるところに、わたしにつかえるものもまた、おるであろう。もしわたしにつかえようとするひとがあれば、そのひとちちおもんじてくださるであろう。

27 いまわたしはこころさわいでいる。わたしはなんとおうか。ちちよ、このときからわたしをおすくください。しかし、わたしはこのために、このときいたったのです。

28 ちちよ、みがあがめられますように」。するとてんからこえがあった、「わたしはすでに栄光えいこうをあらわした。そして、さらにそれをあらわすであろう」。

29 すると、そこにっていた群衆ぐんしゅうがこれをいて、「かみなりがなったのだ」とい、ほかのひとたちは、「御使みつかいかれはなしかけたのだ」とった。

30 イエスはこたえてわれた、「このこえがあったのは、わたしのためではなく、あなたがたのためである。

31 いまはこのがさばかれるときである。いまこそこのきみされるであろう。

32 そして、わたしがこのからげられるときには、すべてのひとをわたしのところにきよせるであろう」。

33 イエスはこうって、自分じぶんがどんなほうのうとしていたかを、おしめしになったのである。

34 すると群衆ぐんしゅうはイエスにむかってった、「わたしたちは律法りっぽうによって、キリストはいつまでもきておいでになるのだ、といていました。それだのに、どうしてひとげられねばならないと、われるのですか。そのひととは、だれのことですか」。

35 そこでイエスはかれらにわれた、「もうしばらくのあいだひかりはあなたがたと一緒いっしょにここにある。ひかりがあるあいだあるいて、やみにいつかれないようにしなさい。やみのなかあるものは、自分じぶんがどこへくのかわかっていない。

36 ひかりのあるあいだに、ひかりとなるために、ひかりしんじなさい」。イエスはこれらのことをはなしてから、そこをって、かれらからをおかくしになった。

37 このようにおおくのしるしをかれらのまえでなさったが、かれらはイエスをしんじなかった。

38 それは、預言者よげんしゃイザヤのつぎ言葉ことば成就じょうじゅするためである、「しゅよ、わたしたちのくところを、だれがしんじたでしょうか。また、しゅのみうではだれにしめされたでしょうか」。

39 こういうわけで、かれらはしんじることができなかった。イザヤはまた、こうもった、

40 かみかれらのをくらまし、こころをかたくなになさった。それは、かれらがず、こころさとらず、あらためていやされることがないためである」。

41 イザヤがこうったのは、イエスの栄光えいこうたからであって、イエスのことをかたったのである。

42 しかし、役人やくにんたちのなかにも、イエスをしんじたものおおかったが、パリサイびとをはばかって、告白こくはくはしなかった。会堂かいどうからされるのをおそれていたのである。

43 かれらはかみのほまれよりも、ひとのほまれをこのんだからである。

44 イエスは大声おおごえわれた、「わたしをしんじるものは、わたしをしんじるのではなく、わたしをつかわされたかたをしんじるのであり、

45 また、わたしをものは、わたしをつかわされたかたをるのである。

46 わたしはひかりとしてこのにきた。それは、わたしをしんじるものが、やみのうちにとどまらないようになるためである。

47 たとい、わたしのうことをいてそれをまもらないひとがあっても、わたしはそのひとをさばかない。わたしがきたのは、このをさばくためではなく、このすくうためである。

48 わたしをてて、わたしの言葉ことばけいれないひとには、そのひとをさばくものがある。わたしのかたったその言葉ことばが、おわりのにそのひとをさばくであろう。

49 わたしは自分じぶんからかたったのではなく、わたしをつかわされたちち自身じしんが、わたしのうべきこと、かたるべきことをおめいじになったのである。

50 わたしは、この命令めいれい永遠えいえんいのちであることをっている。それゆえに、わたしがかたっていることは、わたしのちちがわたしにおおせになったことを、そのままかたっているのである」。