ヨハネによる福音書13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 過越すぎこしまつりまえに、イエスは、このってちちのみもとにくべき自分じぶんときがきたことをり、にいる自分じぶんものたちをあいして、かれらを最後さいごまであいとおされた。

    2 夕食ゆうしょくのとき、悪魔あくまはすでにシモンのイスカリオテのユダのこころに、イエスを裏切うらぎろうとするおもいをれていたが、

    3 イエスは、ちちがすべてのものを自分じぶんにおあたえになったこと、また、自分じぶんかみからてきて、かみにかえろうとしていることをおもい、

    4 夕食ゆうしょくせきからがって、上着うわぎぎ、ぬぐいをとってこしき、

    5 それからみずをたらいにれて、弟子でしたちのあしあらい、こしいたぬぐいでふきはじめられた。

    6 こうして、シモン・ペテロのばんになった。するとかれはイエスに、「しゅよ、あなたがわたしのあしをおあらいになるのですか」とった。

    7 イエスはかれこたえてわれた、「わたしのしていることはいまあなたにはわからないが、あとでわかるようになるだろう」。

    8 ペテロはイエスにった、「わたしのあしけっしてあらわないでください」。イエスはかれこたえられた、「もしわたしがあなたのあしあらわないなら、あなたはわたしとなんのかかわりもなくなる」。

    9 シモン・ペテロはイエスにった、「しゅよ、では、あしだけではなく、どうぞ、あたまも」。

    10 イエスはかれわれた、「すでにからだをあらったものは、あしのほかはあら必要ひつようがない。全身ぜんしんがきれいなのだから。あなたがたはきれいなのだ。しかし、みんながそうなのではない」。

    11 イエスは自分じぶん裏切うらぎものっておられた。それで、「みんながきれいなのではない」とわれたのである。

    12 こうしてかれらのあしあらってから、上着うわぎをつけ、ふたたびせきにもどって、かれらにわれた、「わたしがあなたがたにしたことがわかるか。

    13 あなたがたはわたしを教師きょうし、またしゅんでいる。そううのはただしい。わたしはそのとおりである。

    14 しかし、しゅであり、また教師きょうしであるわたしが、あなたがたのあしあらったからには、あなたがたもまた、たがいあしあらうべきである。

    15 わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしは手本てほんしめしたのだ。

    16 よくよくあなたがたにっておく。しもべはその主人しゅじんにまさるものではなく、つかわされたものはつかわしたものにまさるものではない。

    17 もしこれらのことがわかっていて、それをおこなうなら、あなたがたはさいわいである。

    18 あなたがた全部ぜんぶものについて、こうっているのではない。わたしは自分じぶんえらんだひとたちをっている。しかし、『わたしのパンをべているものが、わたしにむかってそのかかとをあげた』とある聖書せいしょ成就じょうじゅされなければならない。

    19 そのことがまだおこらないいまのうちに、あなたがたにっておく。いよいよことおこったとき、わたしがそれであることを、あなたがたがしんじるためである。

    20 よくよくあなたがたにっておく。わたしがつかわすものけいれるものは、わたしをけいれるのである。わたしをけいれるものは、わたしをつかわされたかたを、けいれるのである」。

    21 イエスがこれらのことをわれたのち、そのこころさわぎ、おごそかにわれた、「よくよくあなたがたにっておく。あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切うらぎろうとしている」。

    22 弟子でしたちはだれのことをわれたのかさっしかねて、たがいかお見合みあわせた。

    23 弟子でしたちのひとりで、イエスのあいしておられたものが、みむねちかせきについていた。

    24 そこで、シモン・ペテロはかれ合図あいずをしてった、「だれのことをおっしゃったのか、らせてくれ」。

    25 その弟子でしはそのままイエスのむねによりかかって、「しゅよ、だれのことですか」とたずねると、

    26 イエスはこたえられた、「わたしが一きれの食物しょくもつをひたしてあたえるものが、それである」。そして、一きれの食物しょくもつをひたしてとりげ、シモンのイスカリオテのユダにおあたえになった。

    27 この一きれの食物しょくもつけるやいなや、サタンがユダにはいった。そこでイエスはかれわれた、「しようとしていることを、いますぐするがよい」。

    28 せきともにしていたもののうち、なぜユダにこうわれたのか、わかっていたものはひとりもなかった。

    29 ある人々ひとびとは、ユダが金入かねいれをあずかっていたので、イエスがかれに、「まつりのために必要ひつようなものをえ」とわれたか、あるいは、まずしいものなにほどこさせようとされたのだとおもっていた。

    30 ユダは一きれの食物しょくもつけると、すぐにった。ときよるであった。

    31 さて、かれくと、イエスはわれた、「いまひと栄光えいこうけた。かみもまたかれによって栄光えいこうをおけになった。

    32 かれによって栄光えいこうをおけになったのなら、かみ自身じしんかれ栄光えいこうをおさづけになるであろう。すぐにもおさづけになるであろう。

    33 たちよ、わたしはまだしばらく、あなたがたと一緒いっしょにいる。あなたがたはわたしをさがすだろうが、すでにユダヤじんたちにったとおり、いまあなたがたにもう、『あなたがたはわたしのところることはできない』。

    34 わたしは、あたらしいいましめをあなたがたにあたえる、たがいあいいなさい。わたしがあなたがたをあいしたように、あなたがたもたがいあいいなさい。

    35 たがいあいうならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子でしであることを、すべてのものみとめるであろう」。

    36 シモン・ペテロがイエスにった、「しゅよ、どこへおいでになるのですか」。イエスはこたえられた、「あなたはわたしのくところに、いまはついてることはできない。しかし、あとになってから、ついてることになろう」。

    37 ペテロはイエスにった、「しゅよ、なぜ、いまあなたについてくことができないのですか。あなたのためには、いのちてます」。

    38 イエスはこたえられた、「わたしのためにいのちてるとうのか。よくよくあなたにっておく。にわとりまえに、あなたはわたしを三らないとうであろう」。