ヨハネによる福音書2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 にガリラヤのカナに婚礼こんれいがあって、イエスのははがそこにいた。

    2 イエスも弟子でしたちも、その婚礼こんれいまねかれた。

    3 ぶどうしゅがなくなったので、はははイエスにった、「ぶどうしゅがなくなってしまいました」。

    4 イエスはははわれた、「婦人ふじんよ、あなたは、わたしと、なんのかかわりがありますか。わたしのときは、まだきていません」。

    5 ははしもべたちにった、「このかたが、あなたがたにいつけることは、なんでもしてください」。

    6 そこには、ユダヤじんのきよめのならわしにしたがって、それぞれ四、五もはいるいしみずがめが、六ついてあった。

    7 イエスはかれらに「かめにみずをいっぱいれなさい」とわれたので、かれらはくちのところまでいっぱいにれた。

    8 そこでかれらにわれた、「さあ、くんで、料理りょうりがしらのところにってきなさい」。すると、かれらはってった。

    9 料理りょうりがしらは、ぶどうしゅになったみずをなめてみたが、それがどこからきたのからなかったので、(みずをくんだしもべたちはっていた)花婿はなむこんで

    10 った、「どんなひとでも、はじめによいぶどうしゅして、いがまわったころにわるいのをすものだ。それだのに、あなたはよいぶどうしゅいままでとっておかれました」。

    11 イエスは、この最初さいしょのしるしをガリラヤのカナでおこない、その栄光えいこうあらわされた。そして弟子でしたちはイエスをしんじた。

    12 そののち、イエスは、そのはは兄弟きょうだいたち、弟子でしたちと一緒いっしょに、カペナウムにくだって、幾日いくにちかそこにとどまられた。

    13 さて、ユダヤじん過越すぎこしまつりちかづいたので、イエスはエルサレムにのぼられた。

    14 そしてうしひつじ、はとをもの両替りょうがえするものなどがみやにわにすわりんでいるのをごらんになって、

    15 なわでむちをつくり、ひつじうしもみなみやからいだし、両替人りょうがえにんかねらし、そのだいをひっくりかえし、

    16 はとを人々ひとびとには「これらのものをって、ここからけ。わたしのちちいえ商売しょうばいいえとするな」とわれた。

    17 弟子でしたちは、「あなたのいえおも熱心ねっしんが、わたしをいつくすであろう」といてあることをおもした。

    18 そこで、ユダヤじんはイエスにった、「こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちにせてくれますか」。

    19 イエスはかれらにこたえてわれた、「この神殿しんでんをこわしたら、わたしは三のうちに、それをおこすであろう」。

    20 そこで、ユダヤじんたちはった、「この神殿しんでんてるのには、四十六ねんもかかっています。それだのに、あなたは三のうちに、それをてるのですか」。

    21 イエスは自分じぶんのからだである神殿しんでんのことをわれたのである。

    22 それで、イエスが死人しにんなかからよみがえったとき、弟子でしたちはイエスがこうわれたことをおもして、聖書せいしょとイエスのこの言葉ことばとをしんじた。

    23 過越すぎこしまつりあいだ、イエスがエルサレムに滞在たいざいしておられたとき、おおくの人々ひとびとは、そのおこなわれたしるしをて、イエスのしんじた。

    24 しかしイエスご自身じしんは、かれらに自分じぶんをおまかせにならなかった。それは、すべてのひとっておられ、

    25 またひとについてあかしするものを、必要ひつようとされなかったからである。それは、ご自身じしんひとこころなかにあることをっておられたからである。