ヨハネによる福音書4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 イエスが、ヨハネよりもおお弟子でしをつくり、またバプテスマをさづけておられるということを、パリサイびとたちがき、それをしゅられたとき、

    2 (しかし、イエスみずからが、バプテスマをおさづけになったのではなく、その弟子でしたちであった)

    3 ユダヤをって、またガリラヤへかれた。

    4 しかし、イエスはサマリヤを通過つうかしなければならなかった。

    5 そこで、イエスはサマリヤのスカルというまちにおいでになった。このまちは、ヤコブがそのヨセフにあたえた土地とちちかくにあったが、

    6 そこにヤコブの井戸いどがあった。イエスはたびつかれをおぼえて、そのまま、この井戸いどのそばにすわっておられた。ときひるの十二ごろであった。

    7 ひとりのサマリヤのおんなみずをくみにきたので、イエスはこのおんなに、「みずませてください」とわれた。

    8 弟子でしたちは食物しょくもついにまちっていたのである。

    9 すると、サマリヤのおんなはイエスにった、「あなたはユダヤじんでありながら、どうしてサマリヤのおんなのわたしに、ませてくれとおっしゃるのですか」。これは、ユダヤじんはサマリヤびと交際こうさいしていなかったからである。

    10 イエスはこたえてわれた、「もしあなたがかみ賜物たまもののことをり、また、『みずませてくれ』とったものが、だれであるかっていたならば、あなたのほうからねがて、そのひとからけるみずをもらったことであろう」。

    11 おんなはイエスにった、「しゅよ、あなたは、くむものをおちにならず、そのうえ井戸いどふかいのです。そのけるみずを、どこかられるのですか。

    12 あなたは、この井戸いどくださったわたしたちのちちヤコブよりも、えらいかたなのですか。ヤコブ自身じしんみ、そのらも、その家畜かちくも、この井戸いどからんだのですが」。

    13 イエスはおんなこたえてわれた、「このみずものはだれでも、またかわくであろう。

    14 しかし、わたしがあたえるみずものは、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしがあたえるみずは、そのひとのうちでいずみとなり、永遠えいえんいのちいたみずが、わきあがるであろう」。

    15 おんなはイエスにった、「しゅよ、わたしがかわくことがなく、また、ここにくみにこなくてもよいように、そのみずをわたしにください」。

    16 イエスはおんなわれた、「あなたのおっとびにって、ここにれてきなさい」。

    17 おんなこたえてった、「わたしにはおっとはありません」。イエスはおんなわれた、「おっとがないとったのは、もっともだ。

    18 あなたには五にんおっとがあったが、いまのはあなたのおっとではない。あなたの言葉ことばのとおりである」。

    19 おんなはイエスにった、「しゅよ、わたしはあなたを預言者よげんしゃます。

    20 わたしたちの先祖せんぞは、このやま礼拝れいはいをしたのですが、あなたがたは礼拝れいはいすべき場所ばしょは、エルサレムにあるとっています」。

    21 イエスはおんなわれた、「おんなよ、わたしのうことをしんじなさい。あなたがたが、このやまでも、またエルサレムでもないところで、ちち礼拝れいはいするときる。

    22 あなたがたは自分じぶんらないものをおがんでいるが、わたしたちはっているかたを礼拝れいはいしている。すくいはユダヤじんからるからである。

    23 しかし、まことの礼拝れいはいをするものたちが、れいとまこととをもってちち礼拝れいはいするときる。そうだ、いまきている。ちちは、このような礼拝れいはいをするものたちをもとめておられるからである。

    24 かみれいであるから、礼拝れいはいをするものも、れいとまこととをもって礼拝れいはいすべきである」。

    25 おんなはイエスにった、「わたしは、キリストとばれるメシヤがこられることをっています。そのかたがこられたならば、わたしたちに、いっさいのことをらせてくださるでしょう」。

    26 イエスはおんなわれた、「あなたとはなしをしているこのわたしが、それである」。

    27 そのとき、弟子でしたちがかえってて、イエスがひとりのおんなはなしておられるのを不思議ふしぎおもったが、しかし、「なにもとめておられますか」とも、「なに彼女かのじょはなしておられるのですか」とも、たずねるものはひとりもなかった。

    28 このおんなみずがめをそのままそこにいてまちき、人々ひとびとった、

    29 「わたしのしたことをなにもかも、いあてたひとがいます。さあ、にきてごらんなさい。もしかしたら、このひとがキリストかもれません」。

    30 人々ひとびとまちて、ぞくぞくとイエスのところへった。

    31 そのあいだ弟子でしたちはイエスに、「先生せんせいしあがってください」とすすめた。

    32 ところが、イエスはわれた、「わたしには、あなたがたのらない食物しょくもつがある」。

    33 そこで、弟子でしたちがたがいった、「だれかが、なにべるものをってきてさしあげたのであろうか」。

    34 イエスはかれらにわれた、「わたしの食物しょくもつというのは、わたしをつかわされたかたのみこころをおこない、そのみわざをなしげることである。

    35 あなたがたは、刈入かりいときるまでには、まだ四かげつあると、っているではないか。しかし、わたしはあなたがたにう。をあげてはたけなさい。はやいろづいて刈入かりいれをっている。

    36 もの報酬ほうしゅうけて、永遠えいえんいのちいたあつめている。まくものものも、共々ともどもよろこぶためである。

    37 そこで、『ひとりがまき、ひとりがる』ということわざが、ほんとうのこととなる。

    38 わたしは、あなたがたをつかわして、あなたがたがそのために労苦ろうくしなかったものをりとらせた。ほかの人々ひとびと労苦ろうくし、あなたがたは、かれらの労苦ろうくにあずかっているのである」。

    39 さて、このまちからきたおおくのサマリヤひとは、「このひとは、わたしのしたことをなにもかもいあてた」とあかししたおんな言葉ことばによって、イエスをしんじた。

    40 そこで、サマリヤひとたちはイエスのもとにきて、自分じぶんたちのところに滞在たいざいしていただきたいとねがったので、イエスはそこにふつか滞在たいざいされた。

    41 そしてなおおおくの人々ひとびとが、イエスの言葉ことばいてしんじた。

    42 かれらはおんなった、「わたしたちがしんじるのは、もうあなたがはなしてくれたからではない。自分じぶん自身じしんしたしくいて、このひとこそまことに救主すくいぬしであることが、わかったからである」。

    43 ふつかののちに、イエスはここをってガリラヤへかれた。

    44 イエスはみずからはっきり、「預言者よげんしゃ自分じぶん故郷こきょうではうやまわれないものだ」とわれたのである。

    45 ガリラヤにかれると、ガリラヤのひとたちはイエスを歓迎かんげいした。それは、かれらもまつりっていたので、そのまつりとき、イエスがエルサレムでなされたことをことごとくていたからである。

    46 イエスは、またガリラヤのカナにかれた。そこは、かつてみずをぶどうしゅにかえられたところである。ところが、病気びょうきをしているむすこをつある役人やくにんがカペナウムにいた。

    47 このひとが、ユダヤからガリラヤにイエスのきておられることをき、みもとにきて、カペナウムにくだって、かれをなおしていただきたいと、ねがった。そのにかかっていたからである。

    48 そこで、イエスはかれわれた、「あなたがたは、しるしと奇跡きせきとをないかぎり、けっしてしんじないだろう」。

    49 この役人やくにんはイエスにった、「しゅよ、どうぞ、子供こどもなないうちにきてください」。

    50 イエスはかれわれた、「おかえりなさい。あなたのむすこはたすかるのだ」。かれ自分じぶんわれたイエスの言葉ことばしんじてかえってった。

    51 そのくだって途中とちゅうしもべたちがかれ出会であい、そのたすかったことをげた。

    52 そこで、かれしもべたちに、そのなおりはじめた時刻じこくたずねてみたら、「きのうの午後ごごねつきました」とこたえた。

    53 それは、イエスが「あなたのむすこはたすかるのだ」とわれたのとおな時刻じこくであったことを、このちちって、かれ自身じしんもその家族かぞく一同いちどうしんじた。

    54 これは、イエスがユダヤからガリラヤにきてなされただい二のしるしである。