ヨハネによる福音書5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 こののち、ユダヤじんまつりがあったので、イエスはエルサレムにのぼられた。

    2 エルサレムにあるひつじもんのそばに、ヘブルでベテスダとばれるいけがあった。そこには五つのろうがあった。

    3 そのろうなかには、病人びょうにん盲人もうじんあしなえ、やせおとろえたものなどが、おおぜいからだをよこたえていた。〔かれらはみずうごくのをっていたのである。

    4 それは、時々ときどきしゅ御使みつかいがこのいけりてきてみずうごかすことがあるが、みずうごいたときまっさきにはいるものは、どんな病気びょうきにかかっていても、いやされたからである。〕

    5 さて、そこに三十八ねんのあいだ、病気びょうきなやんでいるひとがあった。

    6 イエスはそのひとよこになっているのを、またながあいだわずらっていたのをって、そのひとに「なおりたいのか」とわれた。

    7 この病人びょうにんはイエスにこたえた、「しゅよ、みずうごときに、わたしをいけなかれてくれるひとがいません。わたしがはいりかけると、ほかのひとさきりてくのです」。

    8 イエスはかれわれた、「きて、あなたのとこりあげ、そしてあるきなさい」。

    9 すると、このひとはすぐにいやされ、とこをとりあげてあるいてった。その安息日あんそくにちであった。

    10 そこでユダヤじんたちは、そのいやされたひとった、「きょうは安息日あんそくにちだ。とこりあげるのは、よろしくない」。

    11 かれこたえた、「わたしをなおしてくださったかたが、とこりあげてあるけと、わたしにわれました」。

    12 かれらはたずねた、「りあげてあるけとったひとは、だれか」。

    13 しかし、このいやされたひとは、それがだれであるからなかった。群衆ぐんしゅうがそのにいたので、イエスはそっとかれたからである。

    14 そののち、イエスはみやでそのひと出会であったので、かれわれた、「ごらん、あなたはよくなった。もうつみおかしてはいけない。なにかもっとわるいことが、あなたのおこるかもれないから」。

    15 かれって、自分じぶんをいやしたのはイエスであったと、ユダヤじんたちにげた。

    16 そのためユダヤじんたちは、安息日あんそくにちにこのようなことをしたとって、イエスをめた。

    17 そこで、イエスはかれらにこたえられた、「わたしのちちいまいたるまではたらいておられる。わたしもはたらくのである」。

    18 このためにユダヤじんたちは、ますますイエスをころそうとはかるようになった。それは、イエスが安息日あんそくにちやぶられたばかりではなく、かみ自分じぶんちちんで、自分じぶんかみひとしいものとされたからである。

    19 さて、イエスはかれらにこたえてわれた、「よくよくあなたがたにっておく。ちちのなさることをてする以外いがいに、自分じぶんからは何事なにごともすることができない。ちちのなさることであればすべて、もそのとおりにするのである。

    20 なぜなら、ちちあいして、みずからなさることは、すべてにおしめしになるからである。そして、それよりもなおおおきなわざを、おしめしになるであろう。あなたがたが、それによって不思議ふしぎおもうためである。

    21 すなわち、ちち死人しにんおこしていのちをおあたえになるように、もまた、そのこころにかなう人々ひとびといのちあたえるであろう。

    22 ちちはだれをもさばかない。さばきのことはすべて、にゆだねられたからである。

    23 それは、すべてのひとちちうやまうと同様どうように、うやまうためである。うやまわないものは、をつかわされたちちをもうやまわない。

    24 よくよくあなたがたにっておく。わたしの言葉ことばいて、わたしをつかわされたかたをしんじるものは、永遠えいえんいのちけ、またさばかれることがなく、からいのちうつっているのである。

    25 よくよくあなたがたにっておく。んだひとたちが、かみこえときる。いますでにきている。そしてひときるであろう。

    26 それは、ちちがご自分じぶんのうちに生命せいめいをおちになっていると同様どうように、にもまた、自分じぶんのうちに生命せいめいつことをおゆるしになったからである。

    27 そしてひとであるから、にさばきをおこな権威けんいをおあたえになった。

    28 このことをおどろくにはおよばない。はかなかにいるものたちがみなかみこえき、

    29 ぜんをおこなった人々ひとびとは、生命せいめいけるためによみがえり、あくをおこなった人々ひとびとは、さばきをけるためによみがえって、それぞれてくるときるであろう。

    30 わたしは、自分じぶんからは何事なにごともすることができない。ただくままにさばくのである。そして、わたしのこのさばきはただしい。それは、わたし自身じしんかんがえでするのではなく、わたしをつかわされたかたの、みむねもとめているからである。

    31 もし、わたしが自分じぶん自身じしんについてあかしをするならば、わたしのあかしはほんとうではない。

    32 わたしについてあかしをするかたはほかにあり、そして、そのひとがするあかしがほんとうであることを、わたしはっている。

    33 あなたがたはヨハネのもとへひとをつかわしたが、そのときかれ真理しんりについてあかしをした。

    34 わたしはひとからあかしをけないが、このことをうのは、あなたがたがすくわれるためである。

    35 ヨハネはえてかがやくあかりであった。あなたがたは、しばらくのあいだそのひかりよろこたのしもうとした。

    36 しかし、わたしには、ヨハネのあかしよりも、もっとちからあるあかしがある。ちちがわたしに成就じょうじゅさせようとしておあたえになったわざ、すなわち、いまわたしがしているこのわざが、ちちのわたしをつかわされたことをあかししている。

    37 また、わたしをつかわされたちちも、ご自分じぶんでわたしについてあかしをされた。あなたがたは、まだそのみこえいたこともなく、そのみ姿すがたたこともない。

    38 また、かみがつかわされたものしんじないから、かみ御言みことばはあなたがたのうちにとどまっていない。

    39 あなたがたは、聖書せいしょなか永遠えいえんいのちがあるとおもって調しらべているが、この聖書せいしょは、わたしについてあかしをするものである。

    40 しかも、あなたがたは、いのちるためにわたしのもとにこようともしない。

    41 わたしはひとからのほまれけることはしない。

    42 しかし、あなたがたのうちにはかみあいするあいがないことをっている。

    43 わたしはちちによってきたのに、あなたがたはわたしをけいれない。もし、ほかのひとかれ自身じしんによってるならば、そのひとけいれるのであろう。

    44 たがいほまれけながら、ただひとりのかみからのほまれもとめようとしないあなたがたは、どうしてしんじることができようか。

    45 わたしがあなたがたのことをちちうったえると、かんがえてはいけない。あなたがたをうったえるものは、あなたがたがたのみとしているモーセそのひとである。

    46 もし、あなたがたがモーセをしんじたならば、わたしをもしんじたであろう。モーセは、わたしについていたのである。

    47 しかし、モーセのいたものをしんじないならば、どうしてわたしの言葉ことばしんじるだろうか」。