聖典
ヨハネによる福音書1
脚注

Hide Footnotes

テーマ

ヨハネによる福音ふくいんしょ

第1章

1 はじめにことばがあった。ことばかみともにあった。ことばかみであった。

2 このことばはじめにかみともにあった。

3 すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。

4 このことばいのちがあった。そしてこのいのちひとひかりであった。

5 ひかりはやみのなかかがやいている。そして、やみはこれにたなかった。

6 ここにひとりのひとがあって、かみからつかわされていた。そのをヨハネとった。

7 このひとはあかしのためにきた。ひかりについてあかしをし、かれによってすべてのひとしんじるためである。

8 かれひかりではなく、ただ、ひかりについてあかしをするためにきたのである。

9 すべてのひとてらすまことのひかりがあって、にきた。

10 かれにいた。そして、かれによってできたのであるが、かれらずにいた。

11 かれ自分じぶんのところにきたのに、自分じぶんたみかれけいれなかった。

12 しかし、かれけいれたもの、すなわち、そのしんじた人々ひとびとには、かれかみとなるちからあたえたのである。

13 それらのひとは、すじによらず、にくよくによらず、また、ひとよくにもよらず、ただかみによってうまれたのである。

14 そしてことば肉体にくたいとなり、わたしたちのうちに宿やどった。わたしたちはその栄光えいこうた。それはちちのひとりとしての栄光えいこうであって、めぐみとまこととにちていた。

15 ヨハネはかれについてあかしをし、さけんでった、「『わたしのあとにるかたは、わたしよりもすぐれたかたである。わたしよりもさきにおられたからである』とわたしがったのは、このひとのことである」。

16 わたしたちすべてのものは、そのちているもののなかからけて、めぐみにめぐみをくわえられた。

17 律法りっぽうはモーセをとおしてあたえられ、めぐみとまこととは、イエス・キリストをとおしてきたのである。

18 かみものはまだひとりもいない。ただちちのふところにいるひとりなるかみだけが、かみをあらわしたのである。

19 さて、ユダヤじんたちが、エルサレムから祭司さいしたちやレビひとたちをヨハネのもとにつかわして、「あなたはどなたですか」とわせたが、そのときヨハネがてたあかしは、こうであった。

20 すなわち、かれ告白こくはくしていなまず、「わたしはキリストではない」と告白こくはくした。

21 そこで、かれらはうた、「それでは、どなたなのですか、あなたはエリヤですか」。かれは「いや、そうではない」とった。「では、あの預言者よげんしゃですか」。かれは「いいえ」とこたえた。

22 そこで、かれらはった、「あなたはどなたですか。わたしたちをつかわした人々ひとびとに、こたえってけるようにしていただきたい。あなた自身じしんをだれだとかんがえるのですか」。

23 かれった、「わたしは、預言者よげんしゃイザヤがったように、『しゅみちをまっすぐにせよと荒野あらのばわるものこえ』である」。

24 つかわされたひとたちは、パリサイびとであった。

25 かれらはヨハネにうてった、「では、あなたがキリストでもエリヤでもまたあの預言者よげんしゃでもないのなら、なぜバプテスマをさづけるのですか」。

26 ヨハネはかれらにこたえてった、「わたしはみづでバプテスマをさずけるが、あなたがたのらないかたが、あなたがたのなかっておられる。

27 それがわたしのあとにあとにおいでになるかたであって、わたしはそのひとのくつのひもをうちもない」。

28 これらのことは、ヨハネがバプテスマをさづけていたヨルダンのこうのベタニヤであったのである。

29 その翌日よくじつ、ヨハネはイエスが自分じぶんほうにこられるのをった、「よ、つみのぞかみ小羊こひつじ

30 『わたしのあとにるかたは、わたしよりもすぐれたかたである。わたしよりもさきにおられたからである』とわたしがったのは、このひとのことである。

31 わたしはこのかたをらなかった。しかし、このかたがイスラエルにあらわれてくださるそのことのために、わたしはきて、みづでバプテスマをさずけているのである」。

32 ヨハネはまたあかしをしてった、「わたしは、御霊みたまがはとのようにてんからくだって、かれうえにとどまるのをた。

33 わたしはこのひとらなかった。しかし、みずでバプテスマをさづけるようにと、わたしをおつかわしになったそのかたが、わたしにわれた、『あるひとうえに、御霊みたまくだってとどまるのをたら、そのひとこそは、御霊みたまによってバプテスマをさづけるかたである』。

34 わたしはそれをたので、このかたこそかみであると、あかしをしたのである」。

35 その翌日よくじつ、ヨハネはまたふたりの弟子でしたちと一緒いっしょっていたが、

36 イエスがあるいておられるのにをとめてった、「よ、かみ小羊こひつじ」。

37 そのふたりの弟子でしは、ヨハネがそううのをいて、イエスについてった。

38 イエスはふりき、かれらがついてくるのをわれた、「なにねがいがあるのか」。かれらはった、「ラビ(やくしてえば、先生せんせい)どこにおとまりなのですか」。

39 イエスはかれらにわれた、「きてごらんなさい。そうしたらわかるだろう」。そこでかれらはついてって、イエスのまっておられるところた。そして、そのはイエスのところにまった。とき午後ごごごろであった。

40 ヨハネからいて、イエスについてったふたりのうちのひとりは、シモン・ペテロの兄弟きょうだいアンデレであった。

41 かれはまず自分じぶん兄弟きょうだいシモンに出会であってった、「わたしたちはメシヤ(やくせば、キリスト)にいま出会であった」。

42 そしてシモンをイエスのもとにつれてきた。イエスはかれをとめてわれた、「あなたはヨハネのシモンである。あなたをケパ(やくせば、ペテロ)とぶことにする」。

43 その翌日よくじつ、イエスはガリラヤにこうとされたが、ピリポに出会であってわれた、「わたしにしたがってきなさい」。

44 ピリポは、アンデレとペテロとのまちベツサイダのひとであった。

45 このピリポがナタナエルに出会であってった、「わたしたちは、モーセが律法りっぽうなかにしるしており、預言者よげんしゃたちがしるしていたひと、ヨセフの、ナザレのイエスにいま出会であった」。

46 ナタナエルはかれった、「ナザレから、なんのよいものがようか」。ピリポはかれった、「きてなさい」。

47 イエスはナタナエルが自分じぶんほうるのをて、かれについてわれた、「よ、あのひとこそ、ほんとうのイスラエルびとである。そのこころにはいつわりがない」。

48 ナタナエルはった、「どうしてわたしをごぞんじなのですか」。イエスはこたえてわれた、「ピリポがあなたをまえに、わたしはあなたが、いちじくのしたにいるのをた」。

49 ナタナエルはこたえた、「先生せんせい、あなたはかみです。あなたはイスラエルのおうです」。

50 イエスはこたえてわれた、「あなたが、いちじくのしたにいるのをたと、わたしがったのでしんじるのか。これよりも、もっとおおきなことを、あなたはるであろう」。

51 またわれた、「よくよくあなたがたにっておく。てんけて、かみ御使みつかいたちがひとうえのぼくだりするのを、あなたがたはるであろう」。