ヨハネによる福音書10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 よくよくあなたがたにっておく。ひつじかこいにはいるのに、もんからでなく、ほかのところからのりこえてものは、盗人ぬすびとであり、強盗ごうとうである。

    2 もんからはいるものは、ひつじ羊飼ひつじかいである。

    3 門番もんばんかれのためにもんひらき、ひつじかれこえく。そしてかれ自分じぶんひつじをよんです。

    4 自分じぶんひつじをみなしてしまうと、かれひつじ先頭せんとうってく。ひつじはそのこえっているので、かれについてくのである。

    5 ほかのひとには、ついてかないでる。そのひとこえらないからである」。

    6 イエスはかれらにこの比喩ひゆはなされたが、かれらは自分じぶんたちにおはなしになっているのがなにのことだか、わからなかった。

    7 そこで、イエスはまたわれた、「よくよくあなたがたにっておく。わたしはひつじもんである。

    8 わたしよりもまえにきたひとは、みな盗人ぬすびとであり、強盗ごうとうである。ひつじかれらにしたがわなかった。

    9 わたしはもんである。わたしをとおってはいるものすくわれ、また出入でいりし、牧草ぼくそうにありつくであろう。

    10 盗人ぬすびとるのは、ぬすんだり、ころしたり、ほろぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、ひつじいのちさせ、ゆたかにさせるためである。

    11 わたしはよい羊飼ひつじかいである。よい羊飼ひつじかいは、ひつじのためにいのちてる。

    12 羊飼ひつじかいではなく、ひつじ自分じぶんのものでもない雇人やといにんは、おおかみがるのをると、ひつじをすててる。そして、おおかみはひつじうばい、またらす。

    13 かれ雇人やといにんであって、ひつじのことをこころにかけていないからである。

    14 わたしはよい羊飼ひつじかいであって、わたしのひつじり、わたしのひつじはまた、わたしをっている。

    15 それはちょうど、ちちがわたしをっておられ、わたしがちちっているのとおなじである。そして、わたしはひつじのためにいのちてるのである。

    16 わたしにはまた、このかこいにいないひつじがある。わたしはかれらをもみちびかねばならない。かれらも、わたしのこえしたがうであろう。そして、ついに一つのれ、ひとりの羊飼ひつじかいとなるであろう。

    17 ちちは、わたしが自分じぶんいのちてるから、わたしをあいしてくださるのである。いのちてるのは、それをふたたるためである。

    18 だれかが、わたしからそれをるのではない。わたしが、自分じぶんからそれをてるのである。わたしには、それをてるちからがあり、またそれをけるちからもある。これはわたしのちちからさずかったさだめである」。

    19 これらの言葉ことばかたられたため、ユダヤじんあいだにまたも分争ぶんそうしょうじた。

    20 そのうちのおおくのものった、「かれ悪霊あくれいりつかれて、くるっている。どうして、あなたがたはそのうことをくのか」。

    21 人々ひとびとった、「それは悪霊あくれいりつかれたもの言葉ことばではない。悪霊あくれい盲人もうじんをあけることができようか」。

    22 そのころ、エルサレムでみやきよめのまつりおこなわれた。ときふゆであった。

    23 イエスは、みやなかにあるソロモンのろうあるいておられた。

    24 するとユダヤじんたちが、イエスをかこんでった、「いつまでわたしたちを不安ふあんのままにしておくのか。あなたがキリストであるなら、そうとはっきりっていただきたい」。

    25 イエスはかれらにこたえられた、「わたしははなしたのだが、あなたがたはしんじようとしない。わたしのちちによってしているすべてのわざが、わたしのことをあかししている。

    26 あなたがたがしんじないのは、わたしのひつじでないからである。

    27 わたしのひつじはわたしのこえしたがう。わたしはかれらをっており、かれらはわたしについてる。

    28 わたしは、かれらに永遠えいえんいのちあたえる。だから、かれらはいつまでもほろびることがなく、また、かれらをわたしのからうばものはない。

    29 わたしのちちがわたしにくださったものは、すべてにまさるものである。そしてだれもちちのみから、それをうばることはできない。

    30 わたしとちちとは一つである」。

    31 そこでユダヤじんたちは、イエスをころそうとして、またいしりあげた。

    32 するとイエスはかれらにこたえられた、「わたしは、ちちによるおおくのよいわざを、あなたがたにしめした。そのなかのどのわざのために、わたしをいしころそうとするのか」。

    33 ユダヤじんたちはこたえた、「あなたをいしころそうとするのは、よいわざをしたからではなく、かみけがしたからである。また、あなたは人間にんげんであるのに、自分じぶんかみとしているからである」。

    34 イエスはかれらにこたえられた、「あなたがたの律法りっぽうに、『わたしはう、あなたがたは神々かみがみである』といてあるではないか。

    35 かみことばたくされた人々ひとびとが、神々かみがみといわれておるとすれば、(そして聖書せいしょことばは、すたることがありない)

    36 ちちせいべつして、につかわされたものが、『わたしはかみである』とったからとて、どうして『あなたはかみけがものだ』とうのか。

    37 もしわたしがちちのわざをおこなわないとすれば、わたしをしんじなくてもよい。

    38 しかし、もしおこなっているなら、たといわたしをしんじなくても、わたしのわざをしんじるがよい。そうすれば、ちちがわたしにおり、また、わたしがちちにおることをってさとるであろう」。

    39 そこで、かれらはまたイエスをとらえようとしたが、イエスはかれらのをのがれて、ってかれた。

    40 さて、イエスはまたヨルダンのこうぎし、すなわち、ヨハネがはじめにバプテスマをさづけていたところき、そこに滞在たいざいしておられた。

    41 おおくの人々ひとびとがイエスのところにきて、たがいった、「ヨハネはなんのしるしもおこなわなかったが、ヨハネがこのかたについてったことは、みなほんとうであった」。

    42 そして、そこでおおくのものがイエスをしんじた。