ヨハネによる福音書16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 わたしがこれらのことをかたったのは、あなたがたがつまずくことのないためである。

    2 人々ひとびとはあなたがたを会堂かいどうからすであろう。さらにあなたがたをころものがみな、それによって自分じぶんたちはかみつかえているのだとおもときるであろう。

    3 かれらがそのようなことをするのは、ちちをもわたしをもらないからである。

    4 わたしがあなたがたにこれらのことをったのは、かれらのときがきた場合ばあい、わたしがかれらについてったことを、おもおこさせるためである。これらのことをはじめからわなかったのは、わたしがあなたがたと一緒いっしょにいたからである。

    5 けれどもいまわたしは、わたしをつかわされたかたのところにこうとしている。しかし、あなたがたのうち、だれも『どこへくのか』とたずねるものはない。

    6 かえって、わたしがこれらのことをったために、あなたがたのこころうれいでたされている。

    7 しかし、わたしはほんとうのことをあなたがたにうが、わたしがってくことは、あなたがたのえきになるのだ。わたしがってかなければ、あなたがたのところにたすぬしはこないであろう。もしけば、それをあなたがたにつかわそう。

    8 それがきたら、つみとさばきとについて、ひとひらくであろう。

    9 つみについてとったのは、かれらがわたしをしんじないからである。

    10 についてとったのは、わたしがちちのみもとにき、あなたがたは、もはやわたしをなくなるからである。

    11 さばきについてとったのは、このきみがさばかれるからである。

    12 わたしには、あなたがたにうべきことがまだおおくあるが、あなたがたはいまはそれにえられない。

    13 けれども真理しんり御霊みたまときには、あなたがたをあらゆる真理しんりみちびいてくれるであろう。それは自分じぶんからかたるのではなく、そのくところをかたり、きたるべきことをあなたがたにらせるであろう。

    14 御霊みたまはわたしに栄光えいこうさせるであろう。わたしのものをけて、それをあなたがたにらせるからである。

    15 ちちがおちになっているものはみな、わたしのものである。御霊みたまはわたしのものをけて、それをあなたがたにらせるのだと、わたしがったのは、そのためである。

    16 しばらくすれば、あなたがたはもうわたしをなくなる。しかし、またしばらくすれば、わたしにえるであろう」。

    17 そこで、弟子でしたちのうちのあるものたがいった、「『しばらくすれば、わたしをなくなる。またしばらくすれば、わたしにえるであろう』とわれ、『わたしのちちのところにく』とわれたのは、いったい、どういうことなのであろう」。

    18 かれらはまたった、「『しばらくすれば』とわれるのは、どういうことか。わたしたちには、その言葉ことば意味いみがわからない」。

    19 イエスは、かれらがたずねたがっていることにがついて、かれらにわれた、「しばらくすればわたしをなくなる、またしばらくすればわたしにえるであろうと、わたしがったことで、たがいろんっているのか。

    20 よくよくあなたがたにっておく。あなたがたはかなしむが、このよろこぶであろう。あなたがたはうれえているが、そのうれいはよろこびにかわるであろう。

    21 おんな場合ばあいには、そのときがきたというので、不安ふあんかんじる。しかし、んでしまえば、もはやそのくるしみをおぼえてはいない。ひとりのひとがこのうまれた、というよろこびがあるためである。

    22 このように、あなたがたにもいま不安ふあんがある。しかし、わたしはふたたびあなたがたとうであろう。そして、あなたがたのこころよろこびにたされるであろう。そのよろこびをあなたがたからものはいない。

    23 そのには、あなたがたがわたしにうことは、なにもないであろう。よくよくあなたがたにっておく。あなたがたがちちもとめるものはなんでも、わたしのによってくださるであろう。

    24 いままでは、あなたがたはわたしのによってもとめたことはなかった。もとめなさい、そうすれば、あたえられるであろう。そして、あなたがたのよろこびがちあふれるであろう。

    25 わたしはこれらのことを比喩ひゆはなしたが、もはや比喩ひゆでははなさないで、あからさまに、ちちのことをあなたがたにはなしてきかせるときるであろう。

    26 そのには、あなたがたは、わたしのによってもとめるであろう。わたしは、あなたがたのためにちちねがってあげようとはうまい。

    27 ちち自身じしんがあなたがたをあいしておいでになるからである。それは、あなたがたがわたしをあいしたため、また、わたしがかみのみもとからきたことをしんじたためである。

    28 わたしはちちからてこのにきたが、またこのって、ちちのみもとにくのである」。

    29 弟子でしたちはった、「いまはあからさまにおはなしになって、すこしも比喩ひゆではおはなしになりません。

    30 あなたはすべてのことをごぞんじであり、だれもあなたにおたずねする必要ひつようのないことが、いまわかりました。このことによって、わたしたちはあなたがかみからこられたかたであるとしんじます」。

    31 イエスはこたえられた、「あなたがたはいましんじているのか。

    32 よ、あなたがたはらされて、それぞれ自分じぶんいえかえり、わたしをひとりだけのこときるであろう。いや、すでにきている。しかし、わたしはひとりでいるのではない。ちちがわたしと一緒いっしょにおられるのである。

    33 これらのことをあなたがたにはなしたのは、わたしにあって平安へいあんるためである。あなたがたは、このではなやみがある。しかし、勇気ゆうきしなさい。わたしはすでにっている」。