ヨハネの第一の手紙1
    脚注
    Theme

    ヨハネのだい一の手紙てがみ

    第1章

    1 はじめからあったもの、わたしたちがいたもの、たもの、よくでさわったもの、すなわち、いのちのことばについて——

    2 このいのちがあらわれたので、この永遠えいえんのいのちをわたしたちはて、そのあかしをし、かつ、あなたがたにらせるのである。この永遠えいえんのいのちは、ちちともにいましたが、いまやわたしたちにあらわれたものである——

    3 すなわち、わたしたちがたもの、いたものを、あなたがたにもらせる。それは、あなたがたも、わたしたちのまじわりにあずかるようになるためである。わたしたちのまじわりとは、ちちならびに御子みこイエス・キリストとのまじわりのことである。

    4 これをきおくるのは、わたしたちのよろこびがちあふれるためである。

    5 わたしたちがイエスからいて、あなたがたにつたえるおとずれは、こうである。かみひかりであって、かみにはすこしのくらいところもない。

    6 かみまじわりをしているといながら、もし、やみのなかあるいているなら、わたしたちはいつわっているのであって、真理しんりおこなっているのではない。

    7 しかし、かみひかりなかにいますように、わたしたちもひかりなかあるくならば、わたしたちはたがいまじわりをもち、そして、御子みこイエスのが、すべてのつみからわたしたちをきよめるのである。

    8 もし、つみがないとうなら、それは自分じぶんあざむくことであって、真理しんりはわたしたちのうちにない。

    9 もし、わたしたちが自分じぶんつみ告白こくはくするならば、かみ真実しんじつただしいかたであるから、そのつみをゆるし、すべての不義ふぎからわたしたちをきよめてくださる。

    10 もし、つみおかしたことがないとうなら、それはかみいつわものとするのであって、かみことばはわたしたちのうちにない。