聖典
ヨハネの第一の手紙2

第2章

1 わたしのたちよ。これらのことをきおくるのは、あなたがたがつみおかさないようになるためである。もし、つみおかものがあれば、ちちのみもとには、わたしたちのためにたすぬし、すなわち、なるイエス・キリストがおられる。

2 かれは、わたしたちのつみのための、あがないのそなものである。ただ、わたしたちのつみのためばかりではなく、ぜん世界せかいつみのためである。

3 もし、わたしたちがかれいましめをまもるならば、それによってかれっていることをさとるのである。

4 かれっている」といながら、そのいましめをまもらないものは、いつわものであって、真理しんりはそのひとのうちにない。

5 しかし、かれ御言みことばまもものがあれば、そのひとのうちに、かみあいしんまっとうされるのである。それによって、わたしたちがかれにあることをるのである。

6 かれにおる」とものは、かれあるかれたように、そのひと自身じしんあるくべきである。

7 あいするものたちよ。わたしがあなたがたにきおくるのは、あたらしいいましめではなく、あなたがたがはじめからけていたふるいましめである。そのふるいましめとは、あなたがたがすでにいた御言みことばである。

8 しかも、あたらしいいましめを、あなたがたにきおくるのである。そして、それは、かれにとってもあなたがたにとっても、真理しんりなのである。なぜなら、やみはり、まことのひかりがすでにかがやいているからである。

9 ひかりなかにいる」といながら、その兄弟きょうだいにくものは、いまなお、やみのなかにいるのである。

10 兄弟きょうだいあいするものは、ひかりにおるのであって、つまずくことはない。

11 兄弟きょうだいにくものは、やみのなかにおり、やみのなかあるくのであって、自分じぶんではどこへくのかわからない。やみがかれえなくしたからである。

12 たちよ。あなたがたにこれをきおくるのは、御名みなのゆえに、あなたがたのおおくのつみがゆるされたからである。

13 ちちたちよ。あなたがたにきおくるのは、あなたがたが、はじめからいますかたをったからである。若者わかものたちよ。あなたがたにきおくるのは、あなたがたが、しきものにうちったからである。

14 子供こどもたちよ。あなたがたにきおくったのは、あなたがたがちちったからである。ちちたちよ。あなたがたにきおくったのは、あなたがたが、はじめからいますかたをったからである。若者わかものたちよ。あなたがたにきおくったのは、あなたがたがつよものであり、かみことばがあなたがたに宿やどり、そして、あなたがたがしきものにうちったからである。

15 にあるものとを、あいしてはいけない。もし、あいするものがあれば、ちちあいかれのうちにない。

16 すべてにあるもの、すなわち、にくよくよくものほこりは、ちちからたものではなく、からたものである。

17 よくとはる。しかし、かみ御旨みむねおこなものは、永遠えいえんにながらえる。

18 子供こどもたちよ。いまおわりのときである。あなたがたがかねてはんキリストがるといていたように、いまおおくのはんキリストがあらわれてきた。それによっていまおわりのときであることをる。

19 かれらはわたしたちからった。しかし、かれらはわたしたちにぞくするものではなかったのである。もしぞくするものであったなら、わたしたちと一緒いっしょにとどまっていたであろう。しかし、ったのは、元来がんらいかれらがみなわたしたちにぞくさないものであることが、あきらかにされるためである。

20 しかし、あなたがたはせいなるものあぶらそそがれているので、あなたがたすべてが、そのことをっている。

21 わたしがきおくったのは、あなたがたが真理しんりらないからではなく、それをっているからであり、また、すべてのいつわりは真理しんりからるものでないことを、っているからである。

22 いつわものとは、だれであるか。イエスのキリストであることを否定ひていするものではないか。ちち御子みことを否定ひていするものは、はんキリストである。

23 御子みこ否定ひていするものちちたず、御子みこ告白こくはくするものは、またちちをもつのである。

24 はじめからいたことが、あなたがたのうちに、とどまるようにしなさい。はじめからいたことが、あなたがたのうちにとどまっておれば、あなたがたも御子みこちちとのうちに、とどまることになる。

25 これが、かれみずからわたしたちに約束やくそくされた約束やくそくであって、すなわち、永遠えいえんのいのちである。

26 わたしは、あなたがたをまどわすものたちについて、これらのことをきおくった。

27 あなたがたのうちには、キリストからいただいたあぶらがとどまっているので、だれにもおしえてもらう必要ひつようはない。このあぶらが、すべてのことをあなたがたにおしえる。それはまことであって、いつわりではないから、そのあぶらおしえたように、あなたがたはかれのうちにとどまっていなさい。

28 そこで、たちよ。キリストのうちにとどまっていなさい。それは、かれあらわれるときに、確信かくしんち、その来臨らいりんさいして、みまえにじいることがないためである。

29 かれなるかたであることがわかれば、おこなものはみなかれからうまれたものであることを、るであろう。