ヤコブ書 4
    脚注
    Theme

    第​4​章

    げんしゃ​は​すべて、キリスト​の​​に​よって​御父おんちち​を​はいした。アブラハム​が​イサク​を​ささげよう​と​した​こと​は、かみ​と​かみ​の​ひと​の​そう​で​あった。ひと​は​贖罪しょくざい​を​つうじて​かみ​と​かい​しなければ​ならない。ユダヤじん​は​だいいし​を​こばむ。げんぜんやく​五百四十四​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、わたし​は、こと​で​たみ​に​おおく​の​こと​を​おしえた。(しかし、わたしたち​の​こと​を​はん​に​きざむ​の​は​むずかしい​ので、わたし​は​ぶん​の​こと​を​すこし​しか​しるす​こと​が​できない。)わたしたち​は、はん​に​しるす​こと​は​かならず​のこる​こと​を​って​いる。

    2 ​しかしながら、はん​で​ない​ほか​の​もの​に​しるす​こと​は、すべて​ちて​って​しまう​に​ちがいない。しかし、わたしたち​は​そん​と​あいする​同胞はらから​に、わたしたち​に​ついて、すなわち​かれら​の​せん​に​ついて​少々しょうしょうらせる​ため​に、はん​に​わずか​ばかり​の​こと​を​しるす​こと​が​できる。

    3 ​さて、この​こと​を​わたしたち​は​よろこんで​いる。わたしたち​は、あいする​同胞はらから​と​わたしたち​の​そん​が​感謝かんしゃ​の​こころ​を​もって​これら​を​け、また​これら​を​て、ぶん​たち​の​さいしょ​の​せん​の​こと​を​かなしみ​や​あなどり​で​は​なく、よろこび​を​もって​る​よう​に​なる​こと​を​のぞみ​ながら、これら​の​こと​を​はん​に​きざむ​こと​に​はげんで​いる。

    4 ​わたしたち​が​これら​の​こと​を​しるして​きた​の​は、わたしたち​が​​キリスト​の​こと​を​って​いた​と​いう​こと​と、キリスト​の​らいりん​の​何百なんびゃくねん​も​まえ​に​キリスト​の​えいこう​を​のぞんで​いた​こと、また、わたしたち​ばかり​で​なく、まえ​の​だい​の​せい​なる​げんしゃ​も​すべて​キリスト​の​えいこう​を​のぞんで​いた​こと​を、かれら​が​る​こと​が​できる​よう​に​する​ため​で​ある。

    5 よ、げんしゃ​たち​は​キリスト​を​しんじ、キリスト​の​​に​よって​御父おんちち​を​はいした。また、わたしたち​も、キリスト​の​​に​よって​御父おんちち​を​はいして​いる。​モーセ​の​りっぽう​は、わたしたち​の​こころ​を​キリスト​へ​ける​もの​で​ある​から、わたしたち​は​いま​それ​を​まもって​いる。そして、その​ため​に​わたしたち​は​きよめられ、​と​されて​いる​の​で​ある。それ​は​まさに、むす​イサク​を​ささげる​よう​に​と​の​かみ​の​命令めいれい​に​従順じゅうじゅん​で​あった、​の​アブラハム​が​​と​された​の​と​どうよう​で​ある。アブラハム​が​イサク​を​ささげよう​と​した​こと​は、かみ​と​かみ​の​ひと​の​そう​で​あった。

    6 ​それゆえ、わたしたち​は​げんしゃ​の​しょ​を​調しらべて​いる。また、わたしたち​に​は​おおく​の​けい​が​あり、また​げん​の​れい​が​ある。この​よう​に​あかし​する​もの​が​数々かずかず​ある​ので、わたしたち​は​ぼう​を​いだいて​おり、わたしたち​の​しんこう​は​るぎない​もの​に​なって​いる。じっさい​に​​イエス​の​​に​よって​めいじれば、​も​山々やまやま​も​う み​の​なみ​も​したがう​ほど​で​ある。

    7 ​に​も​かかわらず、しゅ​なる​かみ​は​わたしたち​の​弱点じゃくてん​を​しめされる。それ​は、この​よう​な​こと​を​おこなう​ちから​が​わたしたち​に​ある​の​は、かみ​の​めぐみ​と​ひと​の​ら​に​たいする​かみ​の​おおいなる​へりくだり​に​よる​と​いう​こと​を、わたしたち​に​からせる​ため​で​ある。

    8 よ、しゅ​の​わざ​は​おおいなる​おどろく​べき​もの​で​ある。しゅ​の​おく​の​ふかさ​は​なんと​はかれない​こと​か。しゅ​の​みち​を​り​くす​こと​は、とても​ひと​に​できる​こと​で​は​ない。しゅ​の​みち​は、けい​されない​かぎり​だれ​も​る​こと​は​できない。それゆえ​同胞はらから​よ、かみ​の​けい​を​あなどって​は​ならない。

    9 よ、かみ​の​こと​の​ちから​に​よって​ひと​は​だい​の​おもて​に​あらわれ、その​だい​も​かみ​の​こと​の​ちから​に​よって​そうぞう​された。したがって、かみ​が​こと​を​はっして​かい​が​そんざい​する​よう​に​なり、また、こと​を​はっして​ひと​が​つくられた​と​する​なら​ば、おお、どうして​かみ​は​ぶん​の​​の​まま、おもい​の​まま​に、だい​や​その​おもて​に​ある​かみ​の​​に​より​つくられた​もの​に、命令めいれい​を​お​くだし​に​なれない​こと​が​あろう​か。

    10 ​それゆえ、同胞はらから​よ、しゅ​に​じょげん​しよう​と​しないで、しゅ​の​​から​じょげん​を​ける​よう​に​しなさい。よ、あなたがた​は、しゅ​が、つくられた​すべて​の​もの​に​​と​こうせい​と​ふかい​あわれみ​を​もって​じょげん​を​あたえられる​こと​を​って​いる​から​で​ある。

    11 ​それゆえ、あいする​同胞はらから​よ、かみ​の​ひと​キリスト​の​贖罪しょくざい​を​つうじて​かみ​と​かい​しなさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​キリスト​の​うち​に​ある​ふっかつ​の​ちから​に​よって​ふっかつ​する​こと​が​できる。また​あなたがた​は​しんこう​を​ち、キリスト​が​にく​に​あって​しん​を​あらわされる​まえ​に、キリスト​に​ある​えいこう​を​かっ​と​して​のぞんで​いた​ので、キリスト​の​はつ​として​かみ​の​ため​に​ささげられる​の​で​ある。

    12 ​さて、あいする​人々ひとびと​よ、わたし​が​これら​の​こと​を​あなたがた​に​べて​いる​の​を​おどろいて​は​ならない。キリスト​の​贖罪しょくざい​に​ついて​かたる​の​に、また​ふっかつ​と​きたる​べき​​に​ついて​の​しき​を​る​の​と​おなじ​よう​に、キリスト​に​ついて​完全かんぜん​な​しき​を​る​の​に、なんの​し​つかえ​が​あろう​か。

    13 よ、わたし​の​同胞はらから​よ、げん​する​もの​に​は、人々ひとびと​が​かい​できる​よう​に​げん​させ​なさい。たま​は​真実しんじつ​を​かたり、いつわり​を​われる​こと​が​ない。したがって、たま​は​現在げんざい​の​こと​を​ありのまま​に​しめし、らい​の​こと​も​また、ありのまま​に​べられる。それゆえ、これら​の​こと​は​わたしたち​の​すくい​の​ため​に、わたしたち​に​かり​やすく​しめされて​いる​の​で​ある。しかし​よ、これら​の​こと​に​ついて​の​しょうにん​は、わたしたち​だけ​で​は​ない。かみ​は​むかし​の​げんしゃ​に​も​これら​の​こと​を​かたって​おられる。

    14 ​しかし​よ、ユダヤじん​は​ごうじょう​な​たみ​で​あって、かれら​は​かり​やすい​こと​を​あなどり、げんしゃ​たち​を​ころし、ぶん​たち​の​かい​できない​もの​を​もとめた。それゆえ、かれら​は​まと​の​かなた​に​​を​けた​ため​に​もうもく​と​なり、もうもく​の​ため​に​らく​しなければ​ならなかった。かみ​が​かり​やすい​こと​を​かれら​から​り、かれら​が​かい​できない​こと​を​おおく​つたえられた​から​で​あり、かれら​が​それ​を​のぞんだ​ため​で​ある。かれら​が​のぞんだ​ので、かみ​は​その​よう​に​おこなわれ、かれら​は​つまずいた。

    15 ​そして​いま、わたし​ヤコブ​は、げん​する​よう​に​たま​に​うながされて​いる。わたし​は、わたし​の​うち​に​ある​たま​の​はたらき​に​よって、ユダヤじん​が、ぶん​たち​が​​つまずいた​ため​に​その​つまずいた​いし​を​こばむ​こと​を​って​いる。その​いし​は、その​うえ​に​建物たてもの​を​てる​こと​の​できる​安全あんぜん​な​だい​で​あった。

    16 ​しかしながら​よ、聖文せいぶん​に​よる​と、その​いし​は、ユダヤじん​が​その​うえ​に​建物たてもの​を​てる​こと​の​できる、だい​な、さい​の、しかも​唯一ゆいいつ​の​けん​な​だい​と​なる​もの​で​ある。

    17 ​さて、わたし​の​あいする​人々ひとびと​よ、これら​の​もの​が​その​けん​な​だい​を​こばんだ​のち​に、​どうして​それ​を​すみ​の​かしらいし​として、その​うえ​に​建物たてもの​を​てる​こと​が​できる​で​あろう​か。

    18 よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、もし​わたし​が​なにか​に​よって​つよい​たま​を​うしなったり、あなたがた​を​心配しんぱい​する​あまり​くちごもったり​する​よう​な​こと​が​なければ、わたし​は​あなたがた​に​この​おく​を​あきらか​に​しよう。