ヤコブ書 5
    脚注

    第​5​章

    ヤコブ、栽培さいばい​された​オリーブ​の​​と​せい​の​オリーブ​の​​の​​に​ついて​べた​ゼノス​の​こと​を​引用いんよう​する。それら​の​オリーブ​の​​は、それぞれ​イスラエル​と​ほうじん​と​を​たとえた​もの​で​ある。イスラエル​の​散乱さんらん​と​しゅうごう​が​あらかじめ​しめされる。ニーファイじん​と​レーマンじん、および​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​に​ついて​しめされる。ほうじん​は​イスラエル​に​がれる。じゅえん​は​さい​に​かれる。げんぜんやく​五百四十四​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 よ、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​は、げんしゃ​ゼノス​が​イスラエル​の​いえ​に​かたった​かれ​の​こと​を​んだ​の​を​おぼえて​いない​か。その​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

    2 き​なさい、おお、あなたがた​イスラエル​の​いえ​よ。しゅ​の​げんしゃ​で​ある​わたし​の​こと​を​き​なさい。

    3 よ、しゅ​は​こう​われる。『おお、​イスラエル​の​いえ​よ、わたし​は​あなた​を、ひと​が​ぶん​の​じゅえん​に​えて​やしない​を​あたえた、一ぽん​の​栽培さいばい​された​​オリーブ​の​​に​たとえよう。その​​は​せいちょう​し、やがて​い、ち​はじめた。

    4 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​が​やって​て、オリーブ​の​​が​ち​はじめた​の​を​て​った。「この​​を​み、​の​まわり​を​り、やしない​を​あたえよう。そう​すれ​ば、おそらく​この​​は​やわらかい​若枝わかえだ​を​し、れない​で​あろう。」

    5 ​さて、主人しゅじん​は​その​こと​の​とおり​に​その​​を​み、​の​まわり​を​って​やしない​を​あたえた。

    6 ​そして、おおく​の​​の​のち​に、その​​は​やわらかい​若枝わかえだ​を​すこし​し​はじめた。ところが​よ、その​​の​ちゅうしん​の​さき​の​ほう​が​れ​はじめた。

    7 ​そこで、じゅえん​の​主人しゅじん​は​それ​を​て​しもべ​に​った。「この​​を​うしなう​の​は​かなしい。だから、せい​の​オリーブ​の​​から​なんぼん​か​えだ​を​って、わたし​の​ところ​に​って​なさい。わたしたち​は​れ​はじめた​大枝おおえだ​を​とし、それら​を​​の​なか​に​んで​やして​しまおう。」

    8 ​また​よ、じゅえん​の​主人しゅじん​は​った。「わたし​は​この​​の​やわらかい​若枝わかえだ​を​たくさん​って、わたし​が​い​と​おもう​ところ​で​​を​しよう。この​​の​​が​れて​も、わたし​の​ため​に​この​​の​​を​ぞん​できれ​ば​よい。だから、これら​の​やわらかい​若枝わかえだ​を​って、わたし​が​い​と​おもう​ところ​で​​を​しよう。

    9 ​あなた​は​せい​の​オリーブ​の​​の​えだ​を​なんぼん​か​って、れた​えだ​の​わり​に​それら​の​えだ​を​ぎ​なさい。わたし​は​とした​これら​の​えだ​を、じゅえん​の​​を​ふさがない​よう​に、​の​なか​に​んで​やして​しまおう。」

    10 ​そこで、しもべ​は​じゅえん​の​主人しゅじん​の​こと​の​とおり​に​し、せい​の​オリーブ​の​​の​えだ​を​いだ。

    11 ​また、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​その​​の​まわり​を​らせ、​を​ませ、やしない​を​あたえ​させて​った。「この​​を​うしなう​の​は​かなしい。それで、​を​らさず​に​のこして​おく​こと​が​できる​と​おもい、また、わたし​しん​の​ため​に​のこして​おく​こと​が​できる​と​おもって​こう​した​の​で​ある。

    12 ​さあ、ごと​に​かかり、わたし​の​こと​の​とおり​に​​を​まもり、やしない​を​あたえ​なさい。

    13 ​わたし​は​これら​の​若枝わかえだ​を、じゅえん​の​いちばん​ひくい​しょ​で、わたし​が​い​と​おもう​ところ​に​こう。それ​が​どこか、あなた​は​らなくて​よい。こう​する​の​は、わたし​しん​の​ため​に​この​​の​ぜん​の​えだ​を​のこし、また​​の​とれない​せつ​に​そなえて​わたし​しん​の​ため​に​​を​たくわえられる​よう​に​する​ため​で​ある。この​​と​​の​両方りょうほう​を​うしなう​の​は​かなしい​こと​だから​で​ある。」

    14 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​は​ごと​に​かかり、栽培さいばい​した​オリーブ​の​​の​ぜん​の​えだ​を、じゅえん​の​いちばん​ひくい​しょ​で、ぶん​の​​の​まま、おもい​の​まま​に、ある​えだ​は​あちら​に、ある​えだ​は​こちら​に​と​かくした。

    15 ​さて、ひさしく​とき​が​たって、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に、「さあ、いっしょ​に​じゅえん​に​って​はたらこう」と​った。

    16 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​と​しもべ​は、はたらく​ため​に​じゅえん​に​った。その​とき、しもべ​は​主人しゅじん​に、「らん​ください。ここ​です。この​​を​らん​ください」と​った。

    17 ​そこで、じゅえん​の​主人しゅじん​が​そちら​を​いて、せい​の​オリーブ​の​えだ​を​いだ​​を​る​と、その​​は​すでに​えだ​を​ばし、​を​むすび​はじめて​いた。る​と、それ​は​く、その​​は​ぜん​の​​の​よう​で​あった。

    18 主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「よ、せい​の​​の​えだ​は​この​​の​​から​養分ようぶん​を​げ、​は​十分じゅうぶん​な​ちから​を​あたえて​いる。そして、​に​十分じゅうぶん​な​ちから​が​ある​ので、せい​の​えだ​は、栽培さいばい​した​​が​むすぶ​よう​な​​を​むすんだ。これら​の​えだ​を​がなかった​なら​ば、この​​は​れて​いた​で​あろう。さあ、この​​が​むすんだ​たくさん​の​​を​たくわえよう。​の​とれない​せつ​に​そなえて、わたし​しん​の​ため​に​この​​の​​を​たくわえる​こと​に​しよう。」

    19 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「さあ、いっしょ​に​じゅえん​の​いちばん​ひくい​しょ​へ​き、その​​の​ぜん​の​えだ​も​たくさん​​を​むすんで​いる​か​どう​か​よう。​を​むすんで​いれ​ば、​の​とれない​せつ​に​そなえて、わたし​しん​の​ため​に​その​​を​たくわえる​こと​が​できる。」

    20 ​そして​ふた​は、まえ​に​主人しゅじん​が​その​​の​ぜん​の​えだ​を​かくした​ところ​へ​った。そして、主人しゅじん​は​しもべ​に、「これら​の​えだ​を​​なさい」と​った。しもべ​が​さいしょ​の​えだ​を​る​と、それ​は​たくさん​の​​を​むすんで​いた。しもべ​に​は、それ​が​い​もの​で​ある​こと​が​かった。また、主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「この​​を​とりれ、わたし​しん​の​ため​に​ぞん​できる​よう​に、​の​とれない​せつ​に​そなえて​これ​を​たくわえ​なさい。よ、わたし​が​これまで​ながい​あいだやしない​を​あたえて​きた​ので、これ​は​たくさん​の​​を​むすんだ。」

    21 ​そこで​しもべ​は​主人しゅじん​に​った。「この​​を、いや、​の​この​えだ​を​える​ため​に、どうして​ここ​に​おいで​に​なった​の​です​か。まことに、ここ​は​あなた​の​じゅえん​の​すべて​の​​の​なか​で​いちばん​やせた​しょ​です。」

    22 じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「わたし​に​じょげん​は​らない。わたし​は​ここ​が​やせ​で​ある​こと​を​って​いた。わたし​が​まえ​に​あなた​に​った​よう​に、わたし​は​これまで​ながい​あいだ​これ​に​やしない​を​あたえて​きた。それで​あなた​の​る​とおり、これ​は​たくさん​の​​を​むすんだ​の​で​ある。」

    23 ​さて、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「こちら​を​​なさい。わたし​は​もう​一ぽん​の​えだ​を​えて​おいた。あなた​の​って​いる​よう​に、この​​は​さいしょ​の​​より​も​やせて​いた。しかし、この​​を​​なさい。わたし​は​これまで​ながい​あいだ​これ​に​やしない​を​あたえて​きた​ので、これ​は​たくさん​の​​を​むすんだ。だから、​を​あつめ、わたし​しん​の​ため​に​ぞん​できる​よう​に、​の​とれない​せつ​に​そなえて​それ​を​たくわえ​なさい。」

    24 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​は​ふたたび​しもべ​に​った。「こちら​も​​なさい。わたし​が​まえ​に​えた​もう​一ぽん​の​えだ​を​​なさい。これ​に​も​やしない​を​あたえて​きた​ので、​を​むすんだ。」

    25 ​また、主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「こちら​を​いて、さい​の​えだ​を​​なさい。よ、わたし​は​これ​を​い​​に​え、これまで​ながい​あいだやしない​を​あたえて​きた​が、この​​は​いちぶん​だけ​が、栽培さいばい​した​​が​むすぶ​よう​な​​を​むすび、​ほか​の​ぶん​は​せい​の​​を​むすんだ。よ、わたし​は、この​​に​も​ほか​の​​と​おなじ​よう​に​やしない​を​あたえて​きた。」

    26 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「い​​を​むすばなかった​えだ​は​として、​の​なか​に​み​なさい。」

    27 ​しかし​よ、しもべ​は​主人しゅじん​に​った。「​を​み、​の​まわり​を​って、もう​しばらく​やしない​を​あたえ​ましょう。そう​すれ​ば、おそらく​この​​は​あなた​の​ため​に​い​​を​むすび、​の​とれない​せつ​に​そなえて​​を​たくわえられる​こと​でしょう。」

    28 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​と​しもべ​は、じゅえん​の​すべて​の​​に​やしない​を​あたえた。

    29 ​さて、ひさしく​とき​が​たって、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「さあ、いっしょ​に​じゅえん​に​って、また​じゅえん​で​はたらこう。よ、とき​が​ちかづいて​おり、わり​は​すぐに​る。だから​​の​とれない​せつ​に​そなえて、わたし​しん​の​ため​に​​を​たくわえ​なければ​ならない。」

    30 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​と​しもべ​は​じゅえん​へ​き、ぜん​の​えだ​を​り​って​せい​の​えだ​を​いだ​​の​ところ​へ​って​みた。すると​よ、いろいろ​な​しゅるい​の​​を​​いっぱい​に​むすんで​いた。

    31 ​そこで、じゅえん​の​主人しゅじん​は、その​​を​しゅるい​ごと​に​すべて​あじ​して​った。「よ、わたしたち​は、これまで​ながい​あいだ​この​​に​やしない​を​あたえ、​の​とれない​せつ​に​そなえて​わたし​しん​の​ため​に​たくさん​の​​を​たくわえて​きた。

    32 ​ところが​よ、このたび​は​たくさん​の​​を​むすんだ​けれども、​一つ​として​い​​は​ない。よ、ある​の​は​すべて​わるい​しゅるい​の​​で​あり、わたしたち​の​あらゆる​ほねり​に​も​かかわらず、まったく​わたし​の​えき​に​ならない。しかし、この​​を​うしなう​の​は​かなしい。」

    33 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に、「もう​いち​わたし​しん​の​ため​に​この​​の​い​​を​ぞん​できる​よう​に​する​に​は、どう​すれ​ば​よい​だろう​か」と​った。

    34 ​すると​しもべ​は、主人しゅじん​に​った。「まことに​あなた​が​せい​の​オリーブ​の​​の​えだ​を​がれた​ので、えだ​が​​を​やしない、​は​いま​も​れず​に​きて​います。ですから​らん​の​とおり、​は​まだ​大丈夫だいじょうぶ​です。」

    35 ​そこで、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「この​​が​わるい​​を​むすぶ​かぎり、これ​は​わたし​に​とって​なんの​えき​に​も​ならない​し、また​この​​も​なんの​やく​に​も​たない。

    36 ​それでも​わたし​は、この​​が​い​こと​を​って​おり、わたし​しん​の​ため​に​これ​を​のこして​きた。この​​は​十分じゅうぶん​な​ちから​が​あった​ので、これまで​せい​の​えだ​に​い​​を​むすばせて​きた。

    37 ​ところが​よ、せい​の​えだ​が​せいちょう​して​​を​かして​しまった。せい​の​えだ​が​​を​かして​しまった​ため​に、この​​は​わるい​​を​たくさん​むすんだ。そして、この​​は​わるい​​を​たくさん​むすんだ​ため​に、あなた​の​る​とおり​れ​はじめて​いる。だから、わたしたち​が​これ​を​のこす​ため​に​なにか​しなければ、これ​は​すぐ​だめ​に​なって​しまい、​の​なか​に​まれる​こと​に​なる。」

    38 ​さて、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「さあ、じゅえん​の​いちばん​ひくい​しょ​へ​き、もと​の​ぜん​の​えだ​も​わるい​​を​むすんで​いない​か​どう​か、る​こと​に​しよう。」

    39 ​そして、ふた​が​じゅえん​の​いちばん​ひくい​しょ​へ​って​みる​と、もと​の​ぜん​の​えだ​の​​も​わるく​なって​いた。まことに、さいしょ​の​えだ​も、だい二​の​えだ​も、また​さい​の​えだ​も、​が​すべて​わるく​なって​いた。

    40 ​また、さい​の​えだ​の​せい​の​​は、​の​い​​を​むすんだ​ぶん​を​かして​しまい、えだ​は​よわり​てて​れて​いた。

    41 ​そこで、じゅえん​の​主人しゅじん​は​なみだ​を​ながし、しもべ​に​った。「わたし​の​じゅえん​の​ため​に、これ​じょうなに​が​できた​で​あろう​か。

    42 よ、じゅえん​の​​が、これら​の​もの​を​のぞいて​すべて​わるく​なって​いた​こと​は​かって​いた。ところが、かつて​い​​を​むすんで​いた​これら​の​えだ​も​わるく​なって​いる。わたし​の​じゅえん​の​​は​どれ​も​これ​も​やくたない​ので、り​たおして​​の​なか​に​む​しか​ない。

    43 よ、もう​えだ​が​れて​しまった​この​さい​の​​は、わたし​が​い​​に​えた​もの​で​ある。まことに、ここ​は​わたし​の​じゅえん​の​なか​で、ほか​の​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​​で​あった。

    44 ​しかも、あなた​の​た​とおり、わたし​は、この​​を​​ふさいで​いた​もの​を​り​はらって、その​わり​に​この​​を​えた。

    45 ​また、あなた​の​た​とおり、この​​の​いちぶん​は​い​​を​むすび、また​いちぶん​は​せい​の​​を​むすんだ。しかし、わたし​が​せい​の​​を​むすんだ​えだ​を​として​​の​なか​に​まなかった​ので、よ、その​えだ​は​い​えだ​を​かして​らして​しまった。

    46 ​さて​よ、わたしたち​が​じゅえん​で​できる​だけ​の​​を​した​に​も​かかわらず、じゅえん​の​​は​だめ​に​なって​しまい、すこしも​い​​を​むすばない。わたし​は​これら​の​​を​のこして​おいて、​の​とれない​せつ​に​そなえて、わたし​しん​の​ため​に​​を​たくわえよう​と​して​きた。ところが、これら​の​​は​せい​の​オリーブ​の​​の​よう​に​なって​しまった。これら​の​​は​もう​なんの​​も​ない​ので、り​たおして​​の​なか​に​んで​しまう​しか​ない。これら​の​​を​うしなう​の​は、わたし​に​は​かなしい​こと​で​ある。

    47 ​しかし​わたし​は、じゅえん​で​これ​じょうなに​が​できた​で​あろう​か。わたし​は​なまけて​やしない​を​あたえなかった​で​あろう​か。いや、わたし​は​やしない​を​あたえて​きた。じゅえん​を​こし、み、りょう​も​やった。ほとんど​一日いちにちじゅう​を​し​べて​きた。しかし、わり​が​ちかづいて​いる。じゅえん​の​​を​すべて​り​たおし、​の​なか​に​んで​やして​しまわ​なければ​ならない​の​は、わたし​に​は​かなしい​こと​で​ある。わたし​の​じゅえん​を​だめ​に​した​の​は​何者なにもの​で​あろう​か。」

    48 ​そこで、しもべ​は​主人しゅじん​に​った。「それ​は​じゅえん​の​​が​たかく​そびえて​いる​から​で​は​あり​ません​か。その​ため​に、​の​えだ​が​い​​を​かした​の​で​は​あり​ません​か。えだ​が​​を​かした​ため​に、えだ​が​​の​ちからじょう​に​せいちょう​し、勢力せいりょく​を​うばった​の​です。まことに、じゅえん​の​​が​だめ​に​なった​原因げんいん​は​これ​で​ある​と、わたし​は​もうげ​ます。」

    49 ​そこで、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「って​じゅえん​の​​を​り​たおし、​の​なか​に​み、それら​の​​が​じゅえん​の​​を​ふさがない​よう​に​しよう。わたし​は​​を​くして​きた。じゅえん​の​ため​に​これ​じょうなに​が​できた​で​あろう​か。」

    50 ​しかし​よ、しもべ​は​じゅえん​の​主人しゅじん​に、「もう​​しばらく​お​ち​ください」と​った。

    51 ​すると​主人しゅじん​は​った。「よろしい。じゅえん​の​​を​うしなう​の​は​かなしい​ので、もう​しばらく​つ​こと​に​しよう。

    52 ​そして、わたし​が​じゅえん​の​いちばん​ひくい​しょ​に​えて​おいた​これら​の​​の​えだ​を​り、おや​に​ぎ​かえそう。いちばん​しぶい​​の​なる​えだ​を​なんぼん​か​おや​から​とし、わり​に​おや​の​もと​の​ぜん​の​えだ​を​ぐ​こと​に​しよう。

    53 ​わたし​が​こう​する​の​は、おや​を​らさない​ため​で​ある。こう​すれ​ば、わたし​しん​の​ため​に​その​​を​のこせる​かも​しれない。

    54 ​また​よ、わたし​が​い​と​おもう​ところ​に​えた​おや​の​ぜん​の​えだ​の​​は、まだ​きて​いる。これら​の​​も​わたし​しん​の​ため​に​のこせる​よう​に、この​おや​の​えだ​を​って、これら​の​​に​ごう。まことに、これら​の​​に​その​おや​の​えだ​を​げば、わたし​しん​の​ため​に​それら​の​​も​のこす​こと​が​でき、​が​十分じゅうぶん​に​つよく​なる​と​おそらく​わたし​の​ため​に​い​​を​むすべる​よう​に​なる。そう​すれ​ば、わたし​は​じゅえん​の​​に​よって、まだ​さかえ​を​る​こと​が​できる。」

    55 ​そして​ふた​は、すでに​せい​の​よう​に​なった​ぜん​の​おや​から​えだ​を​り、これまた​すでに​せい​の​よう​に​なった​ぜん​の​​に​それら​を​いだ。

    56 ​また​ふた​は、すでに​せい​の​よう​に​なった​ぜん​の​​の​えだ​を​り、それら​を​おや​に​いだ。

    57 じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​に​った。「いちばん​しぶい​​を​むすぶ​えだ​の​ほか​は、せい​の​えだ​を​​から​として​は​ならない。また、とした​​に​は、わたし​が​った​よう​に​​を​しなさい。

    58 ​わたしたち​は、もう​いちじゅえん​の​​に​やしない​を​あたえよう。そして、えだ​を​もう。また、もう​​を​むすばず、れる​こと​が​かって​いる​えだ​は、​から​として、​の​なか​に​んで​しまおう。

    59 ​わたし​が​こう​する​の​は、​が​まだ​い​ので、えだ​を​える​こと​で​​が​また​つよく​なり、い​えだ​が​わるい​えだ​を​かして​しまう​の​で​は​ない​か​と​おもう​から​で​ある。

    60 ​わたし​は​もと​の​ぜん​の​えだ​と​​を​のこし、また​ぜん​の​えだ​を​もう​いちおや​に​ぎ​かえして​おや​の​​も​のこした​ので、わたし​の​じゅえん​の​​は​おそらく​また​い​​を​むすぶ​で​あろう。そして、わたし​は​じゅえん​の​​に​よって​ふたたび​よろこび​を​られる​で​あろう。また​おそらく、さいしょ​の​​を​むすんだ​​と​えだ​を​のこした​こと​を​じょう​に​よろこび​に​かんじる​で​あろう。

    61 ​だから、って​しもべ​たち​を​び​あつめ​なさい。わたしたち​は​じゅえん​で​ちから​を​くして​熱心ねっしん​に​はたらき、もう​いちぜん​の​​を​むすばせる​じゅん​を​しよう。ぜん​の​​は​い​​で​あり、ほか​の​どんな​​より​も​​の​ある​もの​で​ある。

    62 ​だから、って、この​さい​の​とき​に​たって、わたしたち​の​ちから​を​くして​はたらこう。わり​は​ちかづいて​いる。これ​は​わたし​が​じゅえん​で​み​を​する​さい​の​とき​で​ある。

    63 えだ​を​ぎ​なさい。さい​の​えだ​が​さいしょ​と​なり、さいしょ​の​えだ​が​さい​と​なる​よう​に、さい​の​えだ​から​はじめ​なさい。そして、ふるい​​も​あたらしい​​も、さいしょ​の​​も​さい​の​​も、その​まわり​を​って、さい​の​​から​さいしょ​の​​まで​の​すべて​が、さい​に​もう​いちやしない​を​あたえられる​よう​に​しなさい。

    64 わり​が​ちかづいて​いる​ので、さい​に​もう​いち​の​まわり​を​り、み、りょう​を​やり​なさい。そして、これら​の​さい​の​​が​せいちょう​して​ぜん​の​​を​むすぶ​よう​で​あれ​ば、せいちょう​できる​よう​に​ひつよう​な​じゅん​を​しなさい。

    65 ​そして、​が​せいちょう​し​はじめたら、い​えだ​の​ちから​と​その​おおきさ​に​おうじて、しぶい​​を​むすぶ​えだ​を​のぞき​なさい。しかし、わるい​えだ​を​いち​に​すべて​のぞいて​は​ならない。その​よう​な​こと​を​すれ​ば、​に​たいして​​の​ほう​が​つよく​なり​すぎて、​が​れて​しまい、じゅえん​の​​を​うしなって​しまう​こと​に​なる。

    66 じゅえん​の​​を​うしなう​の​は​かなしい​こと​で​ある。だから​あなたがた​は、​と​こずえ​の​ちから​の​い​を​り​ながら、い​えだ​が​せいちょう​する​に​おうじて​わるい​えだ​を​のぞき、い​えだ​が​わるい​えだ​を​かす​よう​に​しなさい。それから、わるい​えだ​を​って​​の​なか​に​み、わるい​もの​が​じゅえん​の​​を​ふさがない​よう​に​しなさい。この​よう​に​して、わたし​は​ぶん​の​じゅえん​から​わるい​もの​を​いっそう​して​しまおう。

    67 ​わたし​は、もと​の​ぜん​の​​の​えだ​を、もう​いちぜん​の​おや​に​ぎ​かえそう。

    68 ​また、ぜん​の​おや​の​えだ​を、おや​の​ぜん​の​えだ​に​ごう。こう​して​わたし​は、ふたたび​それら​の​もの​を​わせて、それら​の​​が​ぜん​の​​を​むすび、一つ​と​なる​よう​に​しよう。

    69 ​そして、わるい​もの​を​わたし​の​じゅえん​の​全体ぜんたい​から​て​る。その​ため​に、よ、わたし​は​もう​いち​だけ、わたし​の​じゅえん​の​み​を​しよう。」

    70 ​そして、じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​を​つかわした。それで​しもべ​は​って、主人しゅじん​から​めいじられた​とおり​に​し、ほか​の​しもべ​たち​を​れてた。その​かず​は​すくなかった。

    71 ​それで​じゅえん​の​主人しゅじん​は​しもべ​たち​に​った。「って、じゅえん​で​ちから​を​くして​はたらき​なさい。これ​が、わたし​が​じゅえん​に​やしない​を​あたえる​さい​の​とき​で​ある。わり​は​すでに​ちかく、せつ​は​すぐに​る。しかし、あなたがた​が​わたし​と​いっしょ​に​ちから​を​くして​はたらく​なら​ば、わたし​が​もう​すぐ​やって​る​せつ​に​そなえて​わたし​しん​の​ため​に​​を​たくわえる、その​​に​よって​あなたがた​は​よろこび​を​る​で​あろう。」

    72 ​そこで、しもべ​たち​は​って、ちから​を​くして​はたらいた。じゅえん​の​主人しゅじん​も​かれら​と​いっしょ​に​はたらいた。しもべ​たち​は​何事なにごと​も​すべて​じゅえん​の​主人しゅじん​の​命令めいれい​に​したがった。

    73 ​すると、ぜん​の​​が​また​じゅえん​で​むすび​はじめ、ぜん​の​えだ​も​せいちょう​して​よく​しげり​はじめた。それで、せい​の​えだ​を​とし、て​はじめた。しもべ​たち​は、​の​​と​こずえ​の​ちから​に​おうじて、それら​の​い​を​たもつ​よう​に​した。

    74 ​こう​して、しもべ​たち​は​じゅえん​の​主人しゅじん​の​めいじた​とおり​に、ちから​の​かぎり​はたらき、とうとう​わるい​えだ​を​じゅえん​から​てて​しまった。そして、主人しゅじん​は​ぶんしん​の​ため​に​​を​ぞん​し、これら​の​​は​ふたたび​ぜん​の​​を​むすんだ。また、これら​の​​は​​一つ​の​からだ​の​よう​に​なり、​は​すべて​おなじ​で​あった。こう​して、じゅえん​の​主人しゅじん​は、はじめ​から​ぶん​に​とって​もっとも​​が​ある​と​かんがえて​いた​ぜん​の​​を、ぶんしん​の​ため​に​ぞん​できた​の​で​ある。

    75 ​そして​じゅえん​の​主人しゅじん​は、その​​が​く、また​ぶん​の​じゅえん​が​もはや​わるい​じょうたい​に​ない​こと​を​る​と、しもべ​たち​を​び​あつめて、かれら​に​った。「この​さい​の​とき​に、わたしたち​は​じゅえん​に​やしない​を​あたえて​きた。あなたがた​の​る​とおり、わたし​は​ぶん​の​のぞむ​まま​に​おこない、ぜん​の​​を​ぞん​した。その​​は​さいしょ​の​とき​と​おなじ​よう​に​い​​で​ある。あなたがた​は​さいわい​で​ある。あなたがた​は、わたし​の​じゅえん​で​わたし​と​いっしょ​に​熱心ねっしん​に​はたらき、わたし​の​めいじた​こと​を​まもり、わたし​の​ため​に​ふたたび​ぜん​の​​が​られる​よう​に​して​くれた​から​で​ある。わたし​の​じゅえん​は​もはや​わるくない。わるい​えだ​は​てて​しまった。だから、あなたがた​は​わたし​の​じゅえん​の​​の​こと​で、わたし​と​いっしょ​に​よろこび​を​る​で​あろう。

    76 ​さて​よ、わたし​は​​しばらく​の​あいだ、もう​すぐ​やって​る​​の​とれない​せつ​に​そなえて、わたし​しん​の​ため​に​じゅえん​の​​を​たくわえよう。わたし​は​これ​を​さい​として、じゅえん​に​やしない​を​あたえて​きた。み、まわり​を​り、りょう​を​やって​きた。わたし​は​すでに​った​よう​に、しばらく​の​あいだぶんしん​の​ため​に​​を​たくわえる​こと​に​しよう。

    77 ​そして、将来しょうらいふたたび​わたし​の​じゅえん​に​わるい​​が​しょうじる​とき​が​れば、わたし​は​その​とき​に​い​​と​わるい​​を​あつめ​させ、い​​は​わたし​しん​の​ため​に​ぞん​し、わるい​​は​それ​そうおう​の​しょ​に​てて​しまおう。そののち​を​むすべない​せつ、すなわち​わり​が​る。そう​すれ​ば、わたし​は​ぶん​の​じゅえん​を​​で​かせよう。」』」