ヤコブ書 6
    脚注
    Theme

    第​6​章

    しゅ​は​わり​の​とき​に​イスラエル​を​回復かいふく​される。かい​は​​で​かれる。ひと​は​​と​おう​の​いけ​を​ける​に​は、キリスト​に​したがわなければ​ならない。げんぜんやく​五百四十四​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​まえ​に​あなたがた​に​げん​を​する​と​った​が、わたし​の​げん​は​つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、この​げんしゃ​ゼノス​が​イスラエル​の​いえ​を​栽培さいばい​された​オリーブ​の​​に​たとえて​かたった​こと​は、かならず​こる​に​ちがいない。

    2 しゅ​なる​かみ​が​しゅ​の​たみ​を​もと​に​もどす​わざ​に​ふたたび​ちゃくしゅ​される​の​は、しゅ​の​しもべ​たち​が​しゅ​の​じゅえん​に​やしない​を​あたえ、み​を​おこなう​ため​に​しゅ​の​ちから​を​もって​て​く​、すなわち​さい​の​とき​で​ある。そして、そののち​すぐに​わり​が​る。

    3 しゅ​の​じゅえん​で​熱心ねっしん​に​はたらいて​きた​人々ひとびと​は、なんと​さいわい​で​あろう​か。また、ぶん​の​さだめられた​しょ​に​まれる​もの​たち​は、なんと​わざわい​で​あろう。かい​は​​で​かれる​で​あろう。

    4 かみ​は​わたしたち​に​たいして​なんと​あわれみ​ぶかい​こと​か。かみ​は​​イスラエル​の​いえ​を​​も​えだ​も​ともに​おぼえて、しゅうじつかれら​に​​を​し​べて​おられる。ところが、かれら​は​ごうじょう​で​反抗はんこうてき​な​たみ​で​ある。しかし、こころ​を​かたくな​に​しない​もの​たち​は​みなかみ​の​おうこく​に​すくわれる。

    5 ​だから、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​が​あらためて、十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​かみ​の​もと​に​て、かみ​が​あなたがた​を​こころ​に​かけて​こられた​と​おなじ​よう​に、あなたがた​も​かみ​に​かたく​ついて​はなれない​よう​に、わたし​は​まじめ​な​こと​で​あなたがた​に​すすめる。かみ​の​あわれみ​の​うで​が、ひる​の​ひかり​の​なか​で​あなたがた​に​べられて​いる​あいだ、あなたがた​の​こころ​を​かたくな​に​して​は​ならない。

    6 ​まことに​今日き ょ うかみ​の​こえ​を​こう​と​する​なら​ば、あなたがた​の​こころ​を​かたくな​に​して​は​ならない。なぜ​あなたがた​は​のう​と​する​の​か。

    7 よ、あなたがた​は、しゅうじつかみ​の​い​こと​に​よって​やしなわれて​きた​のち​に​わるい​​を​むすび、その​ため​り​たおされて、​の​なか​に​まれ​なければ​ならない​よう​な​こと​を​する​の​だろう​か。

    8 よ、あなたがた​は​これら​の​こと​を​こばむ​の​だろう​か。げんしゃ​たち​の​こと​を​こばむ​の​だろう​か。じょう​に​おおく​の​ひと​が​キリスト​に​ついて​かたった​のち​に、あなたがた​は​キリスト​に​ついて​かたられた​こと​を​すべて​こばむ​の​だろう​か。また​あなたがた​は、キリスト​の​い​こと​と、かみ​の​ちから​と、聖霊せいれい​の​賜物たまもの​を​てい​し、せい​なる​たま​を​退しりぞけて、あなたがた​の​ため​に​そなえられた​だい​な​あがない​の​けいかく​を​あざける​の​だろう​か。

    9 ​もしも​あなたがた​が​これら​の​こと​を​おこなう​なら​ば、キリスト​の​うち​に​ある​あがない​と​ふっかつ​の​ちから​が、あなたがた​を​はじ​と​ひどい​ざいあくかん​を​もって​かみ​の​法廷ほうてい​に​たせる。あなたがた​は​この​こと​を​らない​の​か。

    10 せい​の​ようきゅう​は​こばめない​ので、せい​の​ちから​に​よって、あなたがた​は、ほのお​が​える​こと​なく​のぼり、けむり​が​とこしえ​に​いつまで​も​のぼる​あの​​と​おう​の​いけ​に、かならず​まれる​こと​に​なる。その​​と​おう​の​いけ​は、きゅう​の​つう​で​ある。

    11 ​おお、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あらため​なさい。そして、せまい​もん​から​はいり、永遠えいえん​の​いのち​を​る​まで​ほそい​みち​を​あゆみ​つづけ​なさい。

    12 ​おお、かしこく​あり​なさい。わたし​は​このうえ、なに​を​えよう​か。

    13 さい​に、あくにん​を​じょう​に​おそれ​おののかせる​かみ​の​たのしい​法廷ほうてい​で​あなたがた​に​う​まで、わたし​は​あなたがた​に​わかれ​を​げる。アーメン。