ヤコブ書 3
    脚注
    Theme

    第​3​章

    こころ​の​きよい​もの​は、よろこび​を​もたらす​かみ​の​こと​を​れる。レーマンじん​の​​が​ニーファイじん​の​​を​しのぐ。ヤコブ、てい​や​こうしょく、その​ほか​あらゆる​つみ​を​とおざける​よう​に​いましめる。げんぜんやく​五百四十四​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 「しかし​よ、わたし​ヤコブ​は、こころ​の​きよい​あなたがた​に​べたい。かっ​と​した​おもい​を​もって​かみ​に​たより、あつい​しんこう​を​もって​いのり​なさい。そう​すれ​ば、かみ​は​なん​の​とき​に​あなたがた​を​なぐさめて​くださる。また、あなたがた​の​こと​を​べん​して​くださり、あなたがた​を​ほろぼそう​と​する​もの​たち​に​ばつ​を​くだされる。

    2 ​おお、あなたがた、こころ​の​きよい​すべて​の​ひと​よ、あたま​を​げて、よろこび​を​もたらす​かみ​の​こと​を​れ、かみ​の​あい​を​よく​あじわい​なさい。あなたがた​の​おもい​が​かっ​と​して​いれ​ば、とこしえ​に​そう​する​こと​が​できる​から​で​ある。

    3 ​しかし、こころ​が​きよくなく、今日き ょ うかみ​の​まえ​に​けがれて​いる​もの​は​わざわい​で​ある。わざわい​で​ある。あらため​なければ、​は​あなたがた​の​ため​に​のろわれる​から​で​ある。レーマンじん​は​ひどい​のろい​を​もって​​のろわれて​いる​が、あなたがた​の​よう​に​けがれて​は​いない。その​レーマンじん​が​あなたがた​を​ひどく​くるしめ、ほろぼす​で​あろう。

    4 ​また、あなたがた​が​あらため​なければ、レーマンじん​が​あなたがた​の​ぎ​の​​を​しょゆう​し、さらに​しゅ​なる​かみ​が​あなたがた​の​なか​から​じん​を​される​とき​が​すみやか​に​る。

    5 よ、あなたがた​は、ぶん​たち​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​を、かれら​が​きたなく、また​のろい​を​その​はだ​に​けて​いる​こと​で​きらう​けれども、かれら​は​あなたがた​より​も​​に​かなって​いる。かれら​は、わたしたち​の​ちち​に​あたえられた​しゅ​の​いましめ、すなわち、つま​は​ひと​しか​って​は​ならない、そばめ​は​ひと​も​って​は​ならない、たみ​の​なか​に​みだら​な​おこない​が​あって​は​ならない、と​いう​いましめ​を​いま​で​も​わすれて​いない​から​で​ある。

    6 かれら​は​いま​も、この​いましめ​を​まもる​よう​に​つとめて​いる。したがって、この​いましめ​を​まもろう​と​この​よう​に​つとめて​いる​ので、しゅ​なる​かみ​は​かれら​を​ほろぼす​こと​なく、かれら​に​あわれみ​を​しめされる。そして、かれら​は​いつ​の​​か、しゅくふく​された​たみ​に​なる​で​あろう。

    7 よ、レーマンじん​の​おっと​は​つま​を​あいし、つま​は​おっと​を​あいし、おっと​と​つま​は​ども​たち​を​あいして​いる。かれら​の​しんこう​と​あなたがた​に​たいする​にくしみ​は、かれら​の​せん​の​ざいあく​の​ため​で​ある。そう​で​ある​と​すれ​ば、おおいなる​そうぞうぬし​の​​から​て、あなたがた​は​かれら​より​どれ​ほど​りっ​だ​と​える​だろう​か。

    8 ​おお、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​が​つみ​を​あらため​なければ、かれら​と​ともに​かみ​の​​の​まえ​に​される​とき、かれら​の​はだ​は​あなたがた​の​はだ​より​も​しろい​で​あろう。

    9 ​さて、わたし​は​いましめ​を​あなたがた​に​あたえる。これ​は​かみ​の​こと​で​ある。あなたがた​は​かれら​の​はだ​が​くろずんで​いる​から​と​いって、かれら​を​​と​ののしって​は​ならない。きたない​から​と​いって​かれら​を​ののしって​は​ならない。むしろ、あなたがた​しん​の​けがれ​を​おもこし、かれら​が​きたない​の​は​かれら​の​せん​の​ため​で​ある​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

    10 ​そして、あなたがた​は​ぶん​の​ども​たち​の​こと​を​おもこし、ぶん​が​かれら​の​まえ​に​しめした​ほん​で、どれ​ほど​かれら​の​こころ​を​かなしませて​きた​か​を​かんがえ​なさい。また、あなたがた​は​ぶん​の​けがれ​の​ため​に​ども​たち​を​ほろび​に​いたらせる​おそれ​が​あり、そう​なれ​ば​かれら​の​つみ​が、わり​の​​に​あなたがた​の​こうべ​に​げられる​と​いう​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

    11 ​おお、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​の​こと​を​き​なさい。あなた​の​精神せいしん​に​宿やどる​のうりょく​を​ふるたせ​なさい。​を​ふるわせて​​の​ねむり​から​め​なさい。あく​の​使つかい​と​なって​だい​の​​で​ある​あの​​と​おう​の​いけ​に​まれる​こと​の​ない​よう​に、ごく​の​くるしみ​から​ぶんしん​を​はなし​なさい。」

    12 ​さて、わたし​ヤコブ​は​この​ほか​に​も​おおく​の​こと​を​ニーファイ​の​たみ​に​かたり、てい​や​こうしょく、その​ほか​あらゆる​つみ​を​とおざける​よう​に​いましめ、これら​の​つみ​が​もたらす​おそろしい​けっ​を​げた。

    13 いまや​おびただしい​かず​に​なり​はじめた​この​たみ​の​おこない​は、百​ぶん​の​一​も​​この​はん​に​しるせない。しかし、おおきい​はん​に​は​たみ​の​おこない​の​おおく​が​しるされて​おり、せんそう​と​あらそい、おう​たち​の​とう​の​こと​も​しるされて​いる。

    14 ​この​はん​は​ヤコブ​の​はん​と​ばれて​いる​が、ニーファイ​の​​で​つくられた​もの​で​ある。ここ​で​これら​の​こと​を​べる​の​を​わり​に​する。