ヤコブ書 7
    脚注
    Theme

    第​7​章

    シーレム、キリスト​を​てい​し、ヤコブ​と​ろん​して​しるし​を​もとめ、かみ​に​よって​たれる。げんしゃ​は​すべて​キリスト​と​キリスト​の​贖罪しょくざい​に​ついて​かたる。ニーファイじん​は​ろう​の​たみ​として​生涯しょうがい​を​ごし、艱難かんなん​の​なか​で​まれ、レーマンじん​に​にくまれる。げんぜんやく​五百四十四​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、それから​何年なんねん​か​たって、シーレム​と​いう​​の​おとこ​が​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​やって​た。

    2 ​そして​この​おとこ​は、たみ​の​なか​で​おしえ​を​き、キリスト​など​と​いう​もの​は​そんざい​する​はず​が​ない​と、たみ​に​べ​はじめた。また​かれ​は、たみ​に​へつらう​ことがら​を​たくさん​いた。これ​は​かれ​が、キリスト​の​きょう​を​くつがえそう​と​して​おこなった​こと​で​ある。

    3 かれ​は、たみ​の​こころ​を​まどわそう​と​熱心ねっしん​に​つとめた​ので、おおく​の​ひと​を​まよわす​の​に​せいこう​した。また​かれ​は、わたし​ヤコブ​が​将来しょうらいられる​キリスト​を​しんじて​いる​の​を​って​いた​ので、わたし​の​もと​に​る​かい​を​しきり​に​もとめて​いた。

    4 かれ​は​はくがく​で、たみ​の​こと​に​完全かんぜん​に​つうじて​いた​ので、あく​の​ちから​に​よって​おおく​の​甘言かんげん​と​十分じゅうぶん​な​弁舌べんぜつ​の​ちから​を​もちいる​こと​が​できた。

    5 ​わたし​が​おおく​の​けい​を​け、また​これら​の​ことがら​に​ついて​たくさん​の​こと​を​先見せんけん​して​いた​に​も​かかわらず、かれ​は​わたし​の​しんこう​を​どうよう​させる​こと​が​できる​と​おもって​いた。しかし​わたし​は、じっさい​に​てん使​に​って​おしえ​を​け、また​しゅ​の​こえ​が​まことに​わたし​に​こと​を​かけて​くださる​の​を​時折ときおりいて​いた​ので、どうよう​する​こと​は​なかった。

    6 ​さて、かれ​は​わたし​の​ところ​に​る​と、この​よう​に​った。「ヤコブ​きょうだい、わたし​は​あなた​と​はなし​が​できる​よう​に、度々たびたびかい​を​もとめて​きました。あなた​が​ほうぼう​を​めぐって、あなた​が​ふくいん​と​んで​いる​もの、すなわち​キリスト​の​きょう​を​べ​つたえて​いる​こと​を​わたし​は​みみ​に​し、って​いる​から​です。

    7 ​あなた​が​この​たみ​の​おおく​の​もの​を​まどわした​ので、かれら​は​かみ​の​ただしい​みち​を​げ、ただしい​みち​で​ある​モーセ​の​りっぽう​を​まもって​いません。また、モーセ​の​りっぽう​を​えて、あなたがた​の​う、何百なんびゃくねん​か​のち​に​る​ひと​の​ひと​を​れいはい​して​います。さて​まことに、わたし​シーレム​は​あなた​に​言明げんめい​します。これ​は​かみ​へ​の​ぼうとく​です。だれ​に​も​その​よう​な​こと​は​からない​から​です。だれ​も​将来しょうらい​の​こと​を​げる​こと​は​でき​ません。」この​よう​に​して、シーレム​は​わたし​に​ろんそう​を​けた。

    8 ​しかし​よ、しゅ​なる​かみ​が​わたし​に​かみ​の​たま​を​そそいで​くださった​ので、わたし​は​かれ​の​すべて​の​こと​に​ついて​かれ​を​き​やぶった。

    9 ​わたし​は​かれ​に​った。「あなた​は​将来しょうらいられる​キリスト​を​てい​する​の​です​か。」すると​かれ​は​った。「キリスト​が​かならず​そんざい​する​の​で​あれ​ば、わたし​は​てい​しません。しかし、キリスト​など​と​いう​もの​が、現在げんざい​に​も、​に​も、らい​に​も​そんざい​しない​こと​を、わたし​は​って​います。」

    10 つぎ​に​わたし​が、「あなた​は​聖文せいぶん​を​しんじて​います​か」と​う​と、かれ​は、「はい」と​った。

    11 ​それで​わたし​は​かれ​に​った。「それ​なら​ば、あなた​は​聖文せいぶん​を​かい​して​いません。聖文せいぶん​は​まことに​キリスト​に​ついて​あかし​して​いる​から​です。よ、わたし​は​あなた​に​い​ます​が、この​キリスト​に​ついて​べる​こと​なし​に​しるしたり​げん​したり​した​げんしゃ​は​ひと​も​いません。

    12 ​それ​だけ​で​は​ない。キリスト​の​こと​は、わたし​に​も​しめされ​ました。わたし​は​​で​みみ​で​いた​から​です。また、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​も​わたし​に​あきらか​に​され​ました。ですから、贖罪しょくざい​が​おこなわれ​なければ、ぜんじんるい​が​かならず​うしなわれた​じょうたい​に​なる​こと​を、わたし​は​って​います。」

    13 ​そこで、かれ​は​わたし​に、「それ​で​は、その​よう​に​おおく​の​こと​を​あなた​に​おしえる​聖霊せいれい​の​その​ちから​に​よって、わたし​に​​しるし​を​せて​ください」と​った。

    14 ​それで、わたし​は​かれ​に​った。「わたし​は​何者なにもの​な​の​で、あなた​が​すでに​真実しんじつ​で​ある​と​って​いる​こと​に​ついて、しるし​を​あなた​に​せる​ため​に​かみ​を​こころみる​こと​が​でき​ましょう​か。あなた​は​しるし​を​て​も​てい​する​でしょう。あなた​は​あく​に​したがう​もの​だから​です。しかしながら、わたし​の​おもい​が​おこなわれる​の​で​は​なく、かみ​が​あなた​を​たれる​なら​ば、それ​が​すなわち、かみ​が​てん​と​​の​両方りょうほう​で​ちから​を​って​おられる​こと​と、キリスト​が​将来しょうらいられる​こと​を​あなた​に​しめす​しるし​と​なる​でしょう。おお、しゅ​よ、わたし​の​おもい​で​は​なく、あなた​の​こころ​が​おこなわれ​ます​よう​に。」

    15 ​さて、わたし​ヤコブ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、しゅ​の​ちから​が​かれ​に​くだり、かれ​は​​に​たおれた。そののちかれ​は​なんにち​も​の​あいだ介抱かいほう​を​ける​​と​なった。

    16 ​そこで、かれ​は​たみ​に​った。「あつまって​ほしい。わたし​は​もう​ぬ。だから​ぬ​まえ​に​たみ​に​はなして​おきたい。」

    17 ​さて、よくじつおおぜい​の​ひと​が​あつまった。すると、シーレム​は​かれら​に​はっきり​かたって、ぶん​が​これまで​かれら​に​おしえて​きた​こと​を​し、キリスト​と、聖霊せいれい​の​ちから​の​じつざい​と、てん使​の​はたらき​を​こくはく​した。

    18 ​また​かれ​は、かれら​に​はっきり​と、ぶん​が​あく​の​ちから​に​よって​あざむかれて​いた​こと​を​かたり、ごく​と​永遠えいえん​と​永遠えいえん​の​ばつ​に​ついて​も​かたった。

    19 ​また、かれ​は​った。「わたし​は​ゆるされない​つみ​を​おかした​の​で​は​ない​か​と​おそれて​います。かみ​に​いつわり​を​った​から​です。また、聖文せいぶん​を​しんじて​いる​と​い​ながら、キリスト​を​てい​した​から​です。聖文せいぶん​は​たしか​に​キリスト​の​こと​を​あかし​して​います。わたし​は​この​よう​に​かみ​に​いつわり​を​った​ので、わたし​の​境涯きょうがい​が​おそろしい​もの​に​なる​の​で​は​ない​か​と​じょう​に​おそれて​います。しかし、わたし​は​かみ​に​こくはく​します。」

    20 ​そして、かれ​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、なにも​えなく​なって​いきえた。

    21 群衆ぐんしゅう​は、シーレム​が​まさに​いき​を​ろう​と​する​とき​に​これら​の​こと​を​かたった​の​を​て、じょう​に​おどろいた。その​ため​に、かみ​の​ちから​が​かれら​に​および、かれら​は​あっとう​されて​​に​たおれた。

    22 ​ところで、これ​は​わたし​ヤコブ​に​とって​うれしい​こと​で​あった。わたし​は​この​こと​を​まえもって​てん​に​おられる​御父おんちち​に​お​ねがい​し、御父おんちち​は​わたし​の​嘆願たんがん​に​みみ​を​かたむけて、いのり​に​こたえて​くださった​から​で​ある。

    23 ​そして、へい​と​かみ​の​あい​が​ふたたび​たみ​の​なか​に​回復かいふく​された。たみ​は​聖文せいぶん​を​くわしく​調しらべ、​と​この​じゃあく​な​おとこ​の​こと​に​き​したがわなかった。

    24 ​さて、レーマンじん​を​ふたたび​ただして​しん​の​しき​の​もと​に​れ​もどす​ため​に、おおく​の​しゅだん​が​こうじられた​が、いずれ​も​​に​わった。かれら​は​せんそう​と​りゅうけつ​を​よろこび​と​し、また、かれら​の​同胞はらから​で​ある​わたしたち​に​たいして、永遠えいえん​の​にくしみ​を​いだいて​いた​から​で​ある。そして​かれら​は、りょく​で​えず​わたしたち​を​ほろぼそう​と​した。

    25 ​それゆえ、ニーファイ​の​たみ​は​ぶん​たち​の​すくい​の​いわ​で​ある​かみ​に​たより​ながら、​と​あらんかぎり​の​ちから​を​もって、レーマンじん​に​たいする​ぼう​を​かためた。その​ため、この​とう​まで​は​てき​に​しょう​を​おさめて​いた。

    26 ​さて、わたし​ヤコブ​は、もう​い​が​すすんだ。この​たみ​の​ろく​は​ニーファイ​の​​ほか​の​はん​に​き​がれる​ので、わたし​は​ぶん​の​って​いる​かぎり​の​ことがら​を​しるして​きた​こと​を​宣言せんげん​し、この​ろく​を​える​こと​に​する。わたしたち​の​とき​は​もう​った。一生いっしょう​は​あたかも​ゆめ​の​よう​に​ぎて​しまった。わたしたち​は​どく​で​まじめ​な​たみ​で​あり、ろう​の​たみ​で​あって、エルサレム​から​され、艱難かんなん​の​ただなか​に​​で​まれ、わたしたち​の​同胞はらから​に​にくまれて​きた。そして、その​にくしみ​が​せんそう​と​あらそい​を​こし、わたしたち​は​生涯しょうがい​を​なげき​かなしんで​おくって​きた​の​で​ある。

    27 ​わたし​ヤコブ​は、もなく​はか​に​はいらなければ​ならない​こと​を​った。それで​むす​の​​エノス​に、「この​はん​を​ぎ​なさい」と​い、また​あに​ニーファイ​から​めいじられた​こと​を​げた​ところ、むす​は​その​命令めいれい​に​したがう​こと​を​やくそく​して​くれた。これまで​しるして​きた​こと​は​わずか​で​ある​が、わたし​は​この​はん​に​しるす​の​を​これ​で​える。そして、わたし​の​同胞はらから​の​おおく​が​わたし​の​こと​を​める​よう​に​たい​しながら、わたし​は​む​もの​に​わかれ​を​げる。同胞はらから​よ、さらば。