第四ニーファイ 1
    脚注

    だい四ニーファイ

    ニーファイ​の​しょ
    この​ニーファイ​は,イエス・​キリスト​の​​の​ひと​で​あった​ニーファイ​の​むす​で​ある

    ニーファイ​の​ろく​に​よる​ニーファイ​の​たみ​の​はなし

    第1章

    ニーファイじん​と​レーマンじん​は​みなしゅ​に​​する。すべて​の​もの​を​きょうゆう​し、数々かずかず​の​せき​を​おこない、​で​さかえる。二​せい分裂ぶんれつ​と​あくいつわり​の​きょうかいはくがい​が​こる。三百​ねん、ニーファイじん​も​レーマンじん​も​ともに​わるく​なる。アマロン、神聖しんせい​な​ろく​を​かくす。げんやく​三十五​ねん​から​三百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、だい​三十四​ねん​が​り、だい​三十五​ねん​も​って、よ、イエス​の​​たち​は​しゅう​の​ぜん​で​キリスト​の​きょうかい​を​せつりつ​した。そして、かれら​の​ところ​に​て、つみ​を​こころ​から​あらためた​もの​は​みな、イエス​の​​に​よって​バプテスマ​を​け、また​聖霊せいれい​を​けた。

    2 ​そして​だい​三十六​ねん​に​は、たみ​は​ニーファイじん​も​レーマンじん​も​ともに​みな​の​全面ぜんめん​で​しゅ​に​​した。そして、かれら​の​なか​に​は​まったく​あらそい​が​なく、ろんそう​も​なく、みなたがいに​こうせい​に​った。

    3 ​また、かれら​は​​すべて​の​もの​を​きょうゆう​した​ので、ものち​も​まずしい​もの​も、そくばく​された​もの​も​ゆう​な​もの​も​なく、みなゆう​と​なり、てん​の​賜物たまもの​に​あずかる​もの​と​なった。

    4 ​さて、だい​三十七​ねん​も​り、​は​ぜん​と​して​つづき​へい​で​あった。

    5 ​そして、イエス​の​​たち​は​おおいなる​おどろく​べき​わざ​を​おこない、びょう​の​もの​を​いやし、しゃ​を​よみがえらせ、あし​の​ゆう​な​もの​を​あるける​よう​に​し、​の​えない​もの​を​える​よう​に​し、みみ​の​こえない​もの​を​こえる​よう​に​した。また​かれら​は、ひと​の​ら​の​なか​で​様々さまざま​な​せき​を​おこなった。しかし、イエス​の​​の​ほか​に​は、どの​よう​な​​で​も​せき​を​おこなわなかった。

    6 ​この​よう​に​して、だい​三十八​ねん​が​り、また​だい​三十九​ねんだい​四十一​ねんだい​四十二​ねん、そして​だい​四十九​ねん​も​り、また​だい​五十一​ねんだい​五十二​ねん、さらに​だい​五十九​ねん​も​ぎた。

    7 しゅ​は​たみ​を​じょう​で​じょう​に​さかえ​させられた​ので、まことに、かれら​は​ぜん​に​けた​まち​の​あった​ところ​に​ふたたび​まち​を​きずいた。

    8 ​まことに、あの​おおきな​まち​ゼラヘムラ​さえ​も​ふっこう​した。

    9 ​しかし、しずめられ、みず​に​おおわれた​まち​も​おおく、これら​の​まち​は​再建さいけん​する​こと​が​できなかった。

    10 ​さて​よ、ニーファイ​の​たみ​は​ちから​を​つけ、きゅうそく​に​え、じょう​に​うるわしくて​よろこばしい​たみ​に​なった。

    11 かれら​は​めとり、とつぎ、しゅ​が​かれら​に​てられた​おおく​の​やくそく​の​とおり​に​しゅくふく​された。

    12 ​また​かれら​は、もはや​​モーセ​の​りっぽう​の​つとめ​と​しき​を​まもる​こと​なく、ぶん​たち​の​しゅぶん​たち​の​かみ​から​けた​いましめ​に​したがって​あゆみ、断食だんじき​と​いのり​を​つづけ、また​いのり​を​ささげ、しゅ​の​こと​を​く​ため​に​しばしば​あつまった。

    13 ​そして、ぜん​で​すべて​の​たみ​の​なか​に​まったく​あらそい​が​なく、イエス​の​​たち​の​なか​で​数々かずかず​の​おおきな​せき​が​おこなわれた。

    14 ​さて、だい​七十一​ねん​が​ぎ、だい​七十二​ねん​も​ぎ、ようするに​だい​七十九​ねん​まで​った。また、だい​百​ねん​も​った。そして、イエス​が​えらばれた​​たち​は、とどまる​こと​に​なって​いた​​三にん​を​のぞいて、ぜんいん​が​すでに​かみ​の​​パラダイス​へ​き、かれら​に​わって​ほか​の​​たち​が​聖任せいにん​された。また、その​だい​の​おおく​の​ひと​も​すでに​​を​った。

    15 ​そして、たみ​の​こころ​の​なか​に​宿やどって​いた​かみ​の​あい​の​ため​に、​の​おもて​に​は​​まったく​あらそい​が​なかった。

    16 ​また、​ねたみ​や​ふんそうそうどう、みだら​な​おこない、いつわり、さつじん​も​なく、どの​よう​な​こうしょく​も​なく、かみ​の​​に​よって​つくられた​すべて​の​ひと​の​なか​で、かれら​じょう​に​しあわせ​な​たみ​は​たしか​に​ありなかった。

    17 ごうとう​も​人殺ひとごろし​も​おらず、レーマンじん​とか​何々なになにじん​とか​われる​もの​も​なく、かれら​は​​一つ​で​あり、キリスト​の​​で​あり、かみ​の​おうこく​を​ぐ​もの​で​あった。

    18 ​この​よう​に、かれら​は​なんと​しゅくふく​されて​いた​こと​か。しゅ​が​かれら​の​おこなう​すべて​の​こと​に​ついて​かれら​を​しゅくふく​された​から​で​ある。だい​百十​ねん​が​る​まで、かれら​は​しゅくふく​されて​さかえた。そして、キリスト​から​の​さいしょ​の​だい​の​人々ひとびと​が​​を​った​が、ぜん​に​すこしも​あらそい​が​なかった。

    19 ​さて、ここ​まで​の​ろく​を​しるした​ニーファイ(かれ​は​それ​を​ニーファイ​の​はん​に​しるした)が​に、かれ​の​むす​アモス​が​わって​き​いだ。そして、アモス​も​ニーファイ​の​はん​に​しるした。

    20 かれ​は​八十四​年間ねんかんろく​を​き​ぎ、その​​は​ぜん​と​して​へい​で​あった。ただ​きょうかい​から​そむいて、みずから​レーマンじん​と​った​もの​たち​が​しょうすう​いた​だけ​で​ある。この​ため​に​ふたたび​この​​に​レーマンじん​が​そんざい​する​こと​に​なった。

    21 ​さて、アモス​も​んで(それ​は​キリスト​の​らいりん​から​かぞえて​百九十四​ねん​の​こと​で​あった)、かれ​の​むす​アモス​が​かれ​に​わって​ろく​を​き​いだ。むす​の​アモス​も​また、ニーファイ​の​はん​に​しるした。その​ろく​は​ニーファイ​の​しょ、すなわち​この​しょ​に​も​しるされて​いる。

    22 ​さて、二百​ねん​が​り、だい二​だい​の​人々ひとびと​は、わずか​な​人々ひとびと​を​のぞいて​すべて​​を​った。

    23 ​さて、わたし​モルモン​が​あなたがた​に​って​もらいたい​の​は、たみ​が​えて​​の​全面ぜんめん​に​ひろがり、キリスト​に​あって​さかえた​ため​に​じょう​に​ゆたか​に​なった​と​いう​こと​で​ある。

    24 ​ところが、この​だい​二百一​ねん​に​は、こう​な​ふく​を​て、あらゆる​ごと​な​真珠しんじゅ​と​​の​うつくしい​もの​を​​に​ける​など​して、こうまん​に​なった​もの​たち​が​かれら​の​なか​に​あらわれ​はじめた。

    25 ​その​とき​から、かれら​は​もはや​ぶん​たち​の​しょゆうぶつ​と​もの​を​きょうゆう​しなくなった。

    26 ​そして、かれら​は​階級かいきゅう​に​かれ​はじめた。また、かれら​は​えき​を​よう​と​して​ぶんしん​の​ため​に​きょうかい​を​きずき​はじめ、キリスト​の​まこと​の​きょうかい​を​てい​する​よう​に​なった。

    27 ​さて、だい​二百十​ねん​が​ぎた​とき、くにじゅう​に​おおく​の​きょうかい​が​あった。すなわち、キリスト​を​って​いる​と​こうげん​する​きょうかい​が​たくさん​あった。それら​の​きょうかい​は​キリスト​の​ふくいん​の​大半たいはん​を​てい​し、あらゆる​あく​を​れ、また​神聖しんせい​な​もの​を、ふさわしくない​ので​あたえて​は​ならない​と​きんじられた​もの​に​まで​あたえた。

    28 ​この​きょうかい​は​ざいあく​の​ため​に、また​かれら​の​こころ​を​らえた​サタン​の​ちから​の​ため​に、じょう​に​人数にんずう​が​えた。

    29 ​さらに、ほか​に​キリスト​を​てい​する​きょうかい​も​あった。かれら​は​キリスト​の​まこと​の​きょうかい​の​人々ひとびと​が​謙遜けんそん​で、キリスト​を​しんじて​いた​ため​に、これら​の​ひと​を​はくがい​した。また、これら​の​ひと​の​なか​で​おおく​の​せき​が​おこなわれた​ため​に、かれら​は​これら​の​ひと​を​さげすんだ。

    30 ​そして​かれら​は、ぶん​たち​と​ともに​いた​イエス​の​​たち​に​けんりょく​と​けん​を​るい、イエス​の​​たち​を​ろう​に​れた。しかし、イエス​の​​たち​の​うち​に​ある​かみ​の​こと​の​ちから​に​よって​ろう​は​二つ​に​け、​たち​は​て​て​人々ひとびと​の​なか​で​おおきな​せき​を​おこなった。

    31 ​に​も​かかわらず、また​これら​の​すべて​の​せき​に​も​かかわらず、たみ​は​こころ​を​かたくな​に​した。そして、エルサレム​の​ユダヤじん​が​イエス​を​その​こと​の​とおり​に​ころそう​と​した​よう​に、イエス​の​​たち​を​ころそう​と​した。

    32 ​そして​かれら​は、イエス​の​​たち​を​さかる​​の​なか​に​んだ​が、​たち​は​なんの​がい​も​けず​に​て​た。

    33 かれら​は​また、イエス​の​​たち​を​もうじゅう​の​あな​の​なか​に​んだ​が、​たち​は​ども​が​ひつじ​と​あそぶ​よう​に​もうじゅう​たち​と​たわむれ、なんの​がい​も​けず​に​もうじゅう​たち​の​なか​から​て​た。

    34 ​それでも、たみ​は​おおく​の​きょうかい​を​きずき、様々さまざま​な​ざいあく​を​おこなう​よう​に​おおく​の​さい​たち​と​にせげんしゃ​たち​に​さそわれた​ので、こころ​を​かたくな​に​した。そして、かれら​は​イエス​の​たみ​を​った。しかし、イエス​の​たみ​は​かえさなかった。この​ため​に​かれら​は、二百三十​ねん​が​ぎる​まで​に​は、年々ねんねんだい​に​しんこう​に​なり、あく​に​おちいって​いった。

    35 ​そして、この​とし、すなわち​だい​二百三十一​ねん​に、まことに、たみ​の​なか​に​おおきな​分裂ぶんれつ​が​あった。

    36 ​そして​この​とし​に、ニーファイじん​と​ばれる​たみ​が​こった。この​たみ​は​キリスト​の​まこと​の​信者しんじゃ​で​あった。また、この​たみ​の​なか​に​は​レーマンじん​から​ヤコブじん、ヨセフじん、ゾーラムじん​と​ばれた​人々ひとびと​も​いた。

    37 ​そこで、キリスト​の​まこと​の​信者しんじゃ、また​キリスト​の​まこと​の​れいはいしゃ​は(この​に​とどまる​こと​に​なって​いた​イエス​の​​三にん​の​​たち​も​その​なか​に​いた)、ニーファイじん、ヤコブじん、ヨセフじん、ゾーラムじん​と​ばれた。

    38 ​そして、ふくいん​を​れなかった​もの​は、レーマンじん、レムエルじん、イシマエルじん​と​ばれた。かれら​は​だい​に​しんこう​に​おちいった​の​で​は​なく、​に​キリスト​の​ふくいん​に​そむいた​の​で​ある。そして、かれら​の​せん​が​はじめ​から​しんこう​が​うすらいで​いた​よう​に、かれら​は​ぶん​の​ども​たち​に​しんじて​は​ならない​と​おしえた​の​で​あった。

    39 ​それ​は、はじめ​の​とき​と​おなじ​よう​に、かれら​の​せん​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​で​あった。レーマンじん​が​はじめ​から​ニーファイ​の​そん​を​にくむ​こと​を​おしえられた​よう​に、かれら​も​かみ​の​​たち​を​にくむ​よう​に​おしえられた​の​で​ある。

    40 ​さて、すでに​だい​二百四十四​ねん​が​り、たみ​の​状況じょうきょう​は​この​よう​で​あった。そして、たみ​の​なか​の​ひときわ​わるい​もの​たち​が​ちから​を​つけ、かみ​の​たみ​より​も​はるか​に​かず​が​おおく​なった。

    41 かれら​は​ぜん​と​して​ぶんしん​の​ため​に​きょうかい​を​きずく​こと​を​つづけ、あらゆる​ちょう​な​品々しなじな​で​きょうかい​を​かざった。この​よう​に​して、だい​二百五十​ねん​が​り、だい​二百六十​ねん​も​った。

    42 ​さて、たみ​の​なか​の​わるい​もの​たち​は​ふたたび​ガデアントン​の​みつ​の​ちかい​と​けっしゃ​を​もうけ​はじめた。

    43 ​また、ニーファイ​の​たみ​と​ばれた​たみ​も、ぶん​たち​の​じょう​に​おおく​の​とみ​の​ため​に​こころ​の​なか​で​ほこり、同胞はらから​で​ある​レーマンじん​の​よう​に​きょえいしん​が​つよく​なり​はじめた。

    44 ​この​とき​から、​たち​は​​の​つみ​を​かなしむ​よう​に​なった。

    45 ​さて、だい三百​ねん​が​る​と、ニーファイ​の​たみ​も​レーマンじん​も​ともに、おなじ​よう​に​じょう​に​わるく​なって​いた。

    46 ​そして、ガデアントン​の​ごうとう​たち​が​​の​全面ぜんめん​に​ひろがって​おり、イエス​の​​たち​の​ほか​に​は、じん​は​ひと​も​いなかった。ガデアントン​の​ごうとう​たち​は​きん​と​ぎん​を​ゆたか​に​たくわえ、また​あらゆる​商品しょうひん​を​こうえき​して​いた。

    47 ​さて、だい三百五​ねん​が​り(たみ​は​ぜん​と​して​わるい​じょうたい​で​あり)、アモス​が​んで、かれ​の​きょうだい​アマロン​が​かれ​に​わって​ろく​を​き​いだ。

    48 ​さて、だい三百二十​ねん​が​ぎ、アマロン​は​聖霊せいれい​に​つよく​うながされて、神聖しんせい​な​数々かずかず​の​ろくい​えれば、キリスト​の​らいりん​から​だい三百二十​ねん​まで​つたえられて​きた​すべて​の​神聖しんせい​な​ろく​を​かくした。

    49 かれ​は​それら​の​ろく​が​しゅ​の​げん​と​やくそく​の​とおり​に、ヤコブ​の​いえ​の​のこり​の​もの​に​ふたたび​つたえられる​よう​に、それら​の​ろく​を​しゅ​に​たくして​かくした​の​で​ある。これ​で​アマロン​の​ろく​は​わる。