聖典
オムナイ書 1
脚注

Hide Footnotes

テーマ

オムナイしょ

第1章

オムナイ、アメーロン、ケミシ、アビナドム、アマレカイ​が​じゅんろく​を​き​ぐ。モーサヤ、ゼデキヤ​の​だい​に​エルサレム​から​た​ゼラヘムラ​の​たみ​を​はっけん​する。モーサヤ、かれら​を​おさめる​おう​と​される。ミュレク​の​そん​は、かつて​ゼラヘムラ​で、ヤレドじん​の​さい​の​生存せいぞんしゃ​で​あった​コリアンタマー​を​はっけん​して​いた。ベニヤミン​おう、モーサヤ​の​あと​を​ぐ。ひと​は​ぶんしん​を​キリスト​へ​の​ささげ​もの​として​ささげ​なければ​ならない。げんぜんやく​三百二十三​ねん​から​百三十​ねん​に​いたる。

1 よ、わたし​オムナイ​は、わたしたち​の​けい​を​のこす​ため​に​この​はん​に​しょう​の​こと​を​しるす​よう​に、ちち​ジェロム​に​めいじられた。

2 ​それゆえ、わたし​は​あなたがた​に​らせたい​こと​が​ある。わたし​は、ぶん​の​たみ​ニーファイじん​が​てき​で​ある​レーマンじん​の​​に​ちない​よう​に、かれら​を​まもる​ため​に​生涯しょうがいつるぎ​を​って​よく​たたかった。しかし​よ、わたし​しん​は​わるい​人間にんげん​で​あり、とうぜんまもって​い​なければ​ならない​ほど​しゅ​の​おきて​と​いましめ​を​まもって​こなかった。

3 ​そして、すでに​二百七十六​ねん​が​った。その​あいだへい​な​だい​も​おおく​あり、また​はげしい​せんそう​と​りゅうけつ​の​だい​も​おおかった。そして​ようするに、すでに​二百八十二​ねん​が​った。わたし​は​せん​の​命令めいれい​に​したがって、この​はん​を​ぞん​して​きた。そして​わたし​は、むす​アメーロン​に​これ​を​たくした。わたし​は​これ​で​ろく​を​える。

4 ​わたし​アメーロン​は、いま​わたし​が​しるす​こと​を​すこし​で​は​ある​が、ちち​の​しょ​に​しるす。

5 ​さて​よ、すでに​三百二十​ねん​が​り、ニーファイじん​の​なか​の​ひときわ​わるい​もの​たち​は​ほろぼされて​しまった。

6 ​なぜなら​ば、しゅ​は​ニーファイじん​を​エルサレム​の​​から​し、てき​の​​に​ちない​よう​に​まもって​こられた​ので、かつて​せん​に​われた、「あなたがた​は​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​​に​さかえる」と​いう​こと​が​実証じっしょう​されない​の​を​ゆるされない​から​で​ある。

7 ​それゆえ、しゅ​は​かれら​に​きびしい​さばき​を​くだされた。しかしながら、しゅ​は​じん​が​ほろびる​こと​の​ない​よう​に​かれら​の​いのち​を​たすけ、かれら​を​てき​の​​から​すくわれた。

8 ​そして​わたし​は、この​はん​を​きょうだい​の​ケミシ​に​わたした。

9 ​わたし​ケミシ​は、いましるして​いる​わずか​な​こと​だけ​を、きょうだい​と​おなじ​しょ​に​しるす。よ、わたし​は​きょうだい​が​しるした​さい​の​​を​た​が、それ​は​かれ​が​ぶんしん​で​しるした​もの​で​ある。かれ​は、わたし​に​はん​を​わたして​くれた​その​​に​それ​を​しるした。この​よう​に、わたしたち​は​ろく​を​き​いで​いる。それ​は、わたしたち​の​せん​の​命令めいれい​に​よる​の​で​ある。わたし​は​これ​で​ろく​を​える。

10 よ、わたし​アビナドム​は​ケミシ​の​​で​ある。わたし​は、わたし​の​たみ​で​ある​ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​に​おおく​の​せんそう​や​あらそい​を​た。また​わたし​は、同胞はらから​を​まもる​ため​に、ぶんしん​の​つるぎ​で​おおく​の​レーマンじん​の​いのち​を​うばって​きた。

11 よ、この​たみ​の​ろく​は、歴代れきだい​の​おう​が​しょゆう​する​はん​に​きざまれて​いる。わたし​は、すでに​しるされて​いる​けい​や​げん​の​ほか​に​は​なにひとつ​らない。したがって、十分じゅうぶん​な​こと​が​しるされて​いる。わたし​は​これ​で​ろく​を​える。

12 よ、わたし​は​アビナドム​の​、アマレカイ​で​ある。よ、わたし​は​ゼラヘムラ​の​​を​おさめる​おう​と​された​モーサヤ​に​ついて、すこし​あなたがた​に​べよう。よ、モーサヤ​は​​ニーファイ​の​​から​す​よう​に、また、しゅ​の​こえ​に​き​したがう​もの​も​みな、モーサヤ​と​ともに​その​​から​​へ​て​く​よう​に、しゅ​から​けいこく​を​けた。

13 ​そこで​モーサヤ​は、しゅ​に​めいじられた​とおり​に​した。また、しゅ​の​こえ​に​き​したがう​もの​も​みな、その​​から​​へ​て​った。そして、いくたび​に​も​わたる​せっきょう​と​げん​に​よって​みちびかれ、また​かみ​の​こと​に​より​えず​くんかい​を​けた。また​かれら​は、かみ​の​うで​の​ちから​に​よって​みちびかれ、​を​とおり​ぎて​ゼラヘムラ​の​​と​ばれる​​に​いた。

14 ​そして​かれら​は、​ゼラヘムラ​の​たみ​と​ばれた​たみ​を​はっけん​した。その​ため​に、ゼラヘムラ​の​たみ​の​なか​に​おおきな​よろこび​が​こり、また​ゼラヘムラ​しん​も、しゅ​が​モーサヤ​の​たみ​を​つかわされた​ので、ことのほか​よろこんだ。モーサヤ​の​たみ​は​ユダヤじん​の​ろく​が​って​いる​真鍮しんちゅう​の​はん​を​って​いた​から​で​ある。

15 ​さて​よ、モーサヤ​が​った​ところ​に​よれ​ば、​ゼラヘムラ​の​たみ​は、ユダ​の​おう​ゼデキヤ​が​バビロン​へ​とらわれ​の​​と​なって​れ​られた​とき​に、エルサレム​から​て​た​たみ​で​あった。

16 ​そして、この​たみ​は​​を​たび​し、しゅ​の​​に​よって​みちびかれて​おおう み​を​わたり、モーサヤ​が​かれら​を​はっけん​した​​に​た。その​とき​から、かれら​は​いつまで​も​そこ​に​んで​いた。

17 ​そして、モーサヤ​が​はっけん​した​とき​に​は、かれら​は​じょう​に​おおきな​かず​に​なって​いた。しかし、その​まえ​に​おおく​の​せんそう​と​はげしい​あらそい​が​あって、たみ​が​つるぎ​に​よって​たおれた​こと​も​度々たびたび​あった。また、かれら​の​こと​は​なまって​おり、そのうえ、かれら​は​なにひとつ​ろく​を​ってて​おらず、しかも、ぶん​たち​の​そうぞうぬし​の​そんざい​を​てい​して​いた。それで​モーサヤ​も、モーサヤ​の​たみ​も、かれら​の​こと​を​かい​できなかった。

18 ​そこで​モーサヤ​は​ゼラヘムラ​の​たみ​に、モーサヤ​の​こと​を​おしえ​させた。そして、かれら​が​モーサヤ​の​こと​を​おそわった​のち、ゼラヘムラ​は​ぶん​の​おく​に​したがって​せん​の​けい​を​べた。その​けい​は​められて​いる​が、この​はん​に​は​せない。

19 ​さて、ゼラヘムラ​の​たみ​と​モーサヤ​の​たみ​は​連合れんごう​し、​モーサヤ​が​かれら​の​おう​に​選任せんにん​された。

20 ​そして​モーサヤ​の​だい​に、​の​きざまれて​いる​一つ​の​おおきな​いし​が​かれ​の​もと​に​はこばれて​きた。それで​かれ​は、かみ​の​賜物たまもの​と​ちから​に​よって、きざまれて​いた​もの​を​解読かいどく​した。

21 ​それ​に​は、​コリアンタマー​と​いう​人物じんぶつ​と、かれ​の​たみ​の​なか​の​ころされた​もの​たち​の​はなし​が​って​いた。この​コリアンタマー​は​ゼラヘムラ​の​たみ​に​よって​はっけん​され、九​か​げつ​の​あいだかれら​と​ともに​らした​の​で​あった。

22 ​また、コリアンタマー​の​せん​に​ついて​も​すこし​べられて​いた。かれ​の​さいしょ​の​せん​は、しゅ​が​人々ひとびと​の​こと​を​みだされた​とき​に、とう​の​ある​ところ​から​て​た​の​で​ある。そして、しゅ​の​こうせい​な​さばき​に​よって​かれ​の​たみ​に​しゅ​の​きびしい​ばつ​が​くだり、現在げんざい北方ほっぽう​の​​に​かれら​の​ほね​が​り​に​なって​いる。

23 よ、わたし​アマレカイ​は​モーサヤ​の​だい​に​まれ、きて​いる​あいだ​に​モーサヤ​の​​を​た。そして、かれ​の​むす​ベニヤミン​が​ちち​に​わって​おさめて​いる。

24 よ、わたし​は​ベニヤミン​おう​の​だい​に、ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​で​一はげしい​せんそう​が​あり、また​ひどい​りゅうけつ​が​あった​の​を​た。しかし​よ、ニーファイじん​が​レーマンじん​より​も​おおいに​優勢ゆうせい​で​あった​ので、ベニヤミン​おう​は​ゼラヘムラ​の​​から​かれら​を​した。

25 ​さて、わたし​は​もう​とし​を​った。そして、わたし​は​ども​が​なく、また​​ベニヤミン​おう​が​しゅ​の​まえ​に​ただしい​ひと​で​ある​こと​を​って​いる​ので、この​はん​を​かれ​に​わたす。わたし​は​すべて​の​ひと​に、イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​かみ​の​もと​に​て、げん​と​けいてん使​の​はたらき、げん​で​かたる​賜物たまものげん​を​解釈かいしゃく​する​賜物たまもの、その​ほか​すべて​の​い​こと​を​しんじる​よう​に​き​すすめよう。しゅ​から​る​もの​の​ほか​に、い​もの​は​なにひとつ​ない​から​で​ある。わるい​もの​は​あく​から​る。

26 ​ところで、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​が​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​​キリスト​の​もと​に​て、キリスト​の​すくい​と、キリスト​の​あがない​の​ちから​に​あずかる​よう​に​のぞんで​いる。まことに、キリスト​の​もと​に​て、ぶんしん​を​キリスト​へ​の​​ささげ​もの​として​​ささげ、断食だんじき​と​いのり​を​つづけ、さい​まで​しのび​なさい。そう​すれ​ば、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、あなたがた​は​すくわれる​で​あろう。

27 ​ところで​わたし​は、ニーファイ​の​​へ​かえろう​と​して​​へ​った​ある​人々ひとびと​の​こと​に​ついて、少々しょうしょうべたい。ぶん​たち​の​かつて​の​ぎ​の​​を​​に​れたい​と​おもった​もの​たち​が、おおぜい​いた​の​で​ある。

28 ​それで、かれら​は​​へ​った。ところが、かれら​の​どうしゃ​は​くっきょう​な​ちから​の​つよい​おとこ​で、そのうえ​ごうじょう​な​おとこ​で​あった​ので、かれら​の​なか​に​あらそい​を​こした。そして、五十​にん​を​のぞく​ぜんいん​が​​の​なか​で​ころされ、これら​の​五十​にん​の​もの​たち​は、ふたたび​ゼラヘムラ​の​​に​かえして​た。

29 ​そして​かれら​は、また​ほか​の​人々ひとびと​を​おおぜいれて、ふたたび​​へ​たびった。

30 ​わたし​アマレカイ​に​は​ひと​の​きょうだい​が​いた​が、かれ​も​これら​の​人々ひとびと​と​いっしょ​に​った。その​の​かれら​の​しょうそく​は​からない。わたし​は​いまや、まさに​はか​に​​を​よこたえよう​と​して​いる。​この​はん​は​すでに​き​くされて​いる。わたし​は​これ​で​べる​こと​を​わり​に​する。