ニーファイ第一書 6
    脚注
    Theme

    第​6​章

    ニーファイ、かみ​に​かかわる​ことがら​を​しるす。ニーファイ​の​もくてき​は、アブラハム​の​かみ​の​もと​に​て​すくわれる​よう​に、人々ひとびと​に​き​すすめる​こと​で​ある。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​は、わたし​の​ろく​の​​この​ぶん​に​せん​の​けい​を​しるさない。また、わたし​が​いましるして​いる​この​はん​に​は、こん​も​しるさない。それ​は、ちち​が​いた​ろく​に​って​いる​こと​だから​で​ある。したがって、この​はん​に​は​それ​を​しるさない。

    2 ​わたしたち​が​​ヨセフ​の​そん​で​ある​と​え​ば、それ​で​十分じゅうぶん​で​ある。

    3 ​わたし​は、ちち​に​ついて​のこらず​くわしく​べよう​と​は​おもわない。​この​はん​に​は、かみ​に​かかわる​ことがら​を​しるす​ため​の​はく​が​しい​ので、のこらず​くわしく​しるす​こと​は​できない​から​で​ある。

    4 ​わたし​が​一心いっしん​に​こころざす​の​は、人々ひとびと​が​アブラハム​の​かみ、イサク​の​かみ、ヤコブ​の​かみ​の​もと​に​て​すくわれる​よう​に、き​すすめる​こと​で​ある。

    5 ​したがって​わたし​は、ぞく​の​人々ひとびと​に​とって​よろこばしい​こと​を​しるさないで、かみ​に​とって​よろこばしい​こと​や、ぞく​の​もの​で​ない​人々ひとびと​に​とって​よろこばしい​こと​を​しるす。

    6 ​それで​わたし​は、ひと​の​ら​に​とって​​の​ない​こと​で​この​はん​を​めて​は​ならない​と、そん​に​めいじよう。