ニーファイ第一書 3
    脚注

    第​3​章

    リーハイ​の​むす​たち、真鍮しんちゅう​の​はん​を​​に​れる​ため​に​エルサレム​に​もどる。ラバン、真鍮しんちゅう​の​はん​を​わたす​の​を​こばむ。ニーファイ、あに​たち​を​うながし、はげます。ラバン、かれら​の​もの​を​うばい、かれら​を​ころそう​と​する。レーマン​と​レムエル、ニーファイ​と​サム​を​ち、てん使​に​とがめられる。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​は、しゅ​と​はなし​を​して​から​ちち​の​てんまく​に​かえった。

    2 ​そこで​ちち​は、わたし​に​つぎ​の​よう​に​った。「よ、わたし​は​ゆめ​を​た。その​ゆめ​の​なか​で​しゅ​は、あなた​と​あに​たち​を​エルサレム​に​もどらせる​よう​に​わたし​に​めいじられた。

    3 ​それ​は​よ、ラバン​が​ユダヤじん​の​ろく​と​わたし​の​せん​の​けい​を​って​いる​から​で​あって、それら​は​真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれて​いる。

    4 ​それで​しゅ​は​わたし​に、あなた​と​あなた​の​あに​たち​が​ラバン​の​いえ​へ​って​その​ろく​を​なんとか​​に​れ、それ​を​​の​なか​の​ここ​まで​ってる​よう​に​めいじられた​の​で​ある。

    5 ​ところで、あなた​の​あに​たち​は、わたし​の​もとめて​いる​こと​が​むずかしい​と​って、つぶやいて​いる。しかし、わたし​が​かれら​に​それ​を​もとめた​の​で​は​けっして​ない。それ​は​しゅ​の​命令めいれい​な​の​だ。

    6 ​だから​わが​​よ、き​なさい。あなた​は​​つぶやく​こと​が​なかった​ので、しゅ​から​めぐみ​を​ける​で​あろう。」

    7 ​そこで、わたし​ニーファイ​は​ちち​に​った。「わたし​は​って、しゅ​が​めいじられた​こと​を​おこない​ます。しゅ​が​めいじられる​こと​に​は、それ​を​げられる​よう​に​しゅ​に​よって​みち​が​そなえられて​おり、それ​で​なくて​は、しゅ​は​なんの​命令めいれい​も​ひと​の​ら​に​くだされない​こと​を​しょう​して​いる​から​です。」

    8 ​さて、ちち​は​この​こと​を​く​と、わたし​が​しゅ​から​しゅくふく​を​けて​いた​こと​を​って​じょう​に​よろこんだ。

    9 ​それで​わたし​ニーファイ​と​あに​たち​は、エルサレム​の​​へ​のぼって​く​ため​に​てんまく​を​って​​に​たびった。

    10 ​そして​エルサレム​の​​に​く​と、わたし​と​あに​たち​は​そうだん​した。

    11 ​わたしたち​は、だれ​が​ラバン​の​いえ​に​はいって​く​か、​くじ​を​いた。そして、その​くじ​が​レーマン​に​たった。それで​レーマン​は​ラバン​の​いえ​に​はいって​き、​に​いて​いる​ラバン​と​はなし​を​した。

    12 ​そして​かれ​は、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれて​いて、ちち​の​けい​が​って​いる​ろく​を​ゆずって​くれる​よう​に​ラバン​に​たのんだ。

    13 ​そこで​よ、ラバン​は、ひどく​いかって​レーマン​を​ぶん​の​もと​から​し、その​ろく​を​わたそう​と​は​しなかった。また​ラバン​は​レーマン​に、「おまえ​は​盗賊とうぞく​だ。ころして​やる」と​った。

    14 ​しかし​レーマン​は、ラバン​の​もと​から​して​て、ラバン​の​した​こと​を​わたしたち​に​はなした。それで​わたしたち​は​おおいに​たん​に​れ、あに​たち​は​​に​いる​ちち​の​ところ​へ​かえって​しまおう​と​した。

    15 ​しかし​よ、わたし​は​あに​たち​に​った。「しゅ​が​きて​おられ、また​わたしたち​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、わたしたち​は​しゅ​から​めいじられた​こと​を​げる​まで​は、​に​いる​ちち​の​ところ​へ​は​くだって​き​ません。

    16 ​だから、しゅ​の​命令めいれい​を​ちゅうじつ​に​まもり​ましょう。ちち​の​ぎ​の​​へ​き​ましょう。まことに、ちち​は​きん​や​ぎん​など、あらゆる​とみ​を​あと​に​のこして​きて​いる​から​です。そして​ちち​は、これ​を​すべて​しゅ​の​命令めいれい​に​よって​した​の​です。

    17 ​それ​は​ちち​が、たみ​の​あく​の​ため​に​エルサレム​が​かならず​ほろぼされる​こと​を​って​いた​から​です。

    18 ​まことに、エルサレム​の​たみ​は​げんしゃ​たち​の​こと​を​こばみ​ました。だから、もし​ちち​が​この​​から​げる​よう​に​めいじられ​ながら​この​​に​とどまる​なら、ちち​も​また​きっと​ほろびる​でしょう。そう​いう​わけ​で、ちち​は​この​​から​どうして​も​のがれ​なければ​ならなかった​の​です。

    19 ​そして​まことに、これら​の​ろく​を​​に​れる​の​は、かみ​の​​です。そう​すれ​ば、せん​の​こと​を​そん​に​のこす​こと​が​できる​し、

    20 ​また、​の​はじめ​から​現在げんざい​に​いたる​まで、すべて​の​せい​なる​げんしゃ​の​くち​を​とおして​かたられ、かみ​の​たま​と​ちから​に​よって​かたられて​きた​こと​を、そん​に​のこす​こと​が​できる​の​です。」

    21 ​わたし​は、あに​たち​が​かみ​の​命令めいれい​を​ちゅうじつ​に​まもる​よう​に、この​よう​な​こと​で​せっとく​した​の​で​あった。

    22 ​さて、わたしたち​は​ぎ​の​​へ​くだって​って、わたしたち​の​きん​や​ぎんちょうひん​を​あつめた。

    23 ​そして​これら​の​品々しなじな​を​あつめて​から、もう​いち​ラバン​の​いえ​に​った。

    24 ​さて、わたしたち​は​ラバン​の​ところ​に​って、きん​や​ぎん​や​すべて​の​ちょうひん​を​わたす​わり​に、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​ろく​を​わたしたち​に​ゆずって​くれる​よう​に​たのんだ。

    25 ​そこで、ラバン​は​わたしたち​の​って​いる​もの​を​​に​し、しかも​それ​が​たいした​もの​で​ある​の​を​て、しくて​たまらなく​なった。それで​かれ​は、わたしたち​を​し、わたしたち​の​って​いる​もの​を​ぶん​の​もの​に​する​ため​に、使つかい​に​わたしたち​を​ころ​させよう​と​した。

    26 ​そこで​わたしたち​は、ラバン​の​使つかい​たち​の​まえ​から​した。そして、って​いた​もの​は​あと​に​のこして​くる​より​ほか​かた​が​なかった​ので、それ​は​ラバン​の​もの​に​なって​しまった。

    27 ​さて、わたしたち​は​​に​み、また​ラバン​の​使つかい​たち​に​いつかれなかった​ので、とある​いわ​の​洞穴ほらあな​に​​を​かくした。

    28 ​さて、レーマン​は​わたし​と​ちち​に​はら​を​てた。また​レムエル​も、レーマン​の​こと​に​き​したがった​ので​ともに​はら​を​てた。それで​レーマン​と​レムエル​は、おとうと​で​ある​わたしたち​に​おおく​の​荒々あらあらしい​こと​を​き、そのうえ​ぼう​で​わたしたち​を​った。

    29 ​さて、かれら​が​わたしたち​を​ぼう​で​って​いる​と、よ、ひと​の​しゅ​の​てん使​が​て、かれら​の​まえ​に​ち、この​よう​に​った。「なぜ​あなたがた​は​ぶん​の​おとうと​を​ぼう​で​たたく​の​か。しゅ​が​かれ​を​えらんで​あなたがた​を​おさめる​もの​に​なさった​こと、そして​これ​が​あなたがた​の​ざいあく​の​ため​で​ある​こと​を​らない​の​か。さあ、もう​いち​エルサレム​へ​のぼって​き​なさい。そう​すれ​ば、しゅ​は​ラバン​を​あなたがた​の​​に​わたされる​で​あろう。」

    30 ​この​てん使​は​わたしたち​に​この​よう​に​かたる​と、った。

    31 てん使​が​って​から、レーマン​と​レムエル​は​また​も​​つぶやき​はじめ、こう​った。「しゅ​が​どの​よう​に​して、ラバン​を​我々われわれ​の​​に​わたす​こと​が​できる​と​いう​の​か。よ、ラバン​は​ちから​の​ある​ひと​で、五十​にん​を​​する​こと​が​できる​し、まことに、五十​にん​を​ころす​こと​さえ​できる。それ​なら​ば、どうして​我々われわれ​を​ころせない​わけ​が​あろう​か。」