ニーファイ第一書 7

第​7​章

リーハイ​の​むす​たち、エルサレム​に​もどり、イシマエル​と​その​いっ​を​やくそく​の​​に​かう​たび​の​いっこう​に​まねく。レーマン​と​ほか​の​もの​たち、そむく。ニーファイ、しゅ​を​しんじる​しんこう​を​つ​よう​に​あに​たち​に​すすめる。あに​たち、ニーファイ​を​なわ​で​しばり、ころそう​と​する。ニーファイ、しんこう​の​ちから​に​よって​ゆう​の​​と​なる。あに​たち、ゆるし​を​もとめる。リーハイ​と​その​いっこうせい​と​燔祭はんさい​を​ささげる。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

1 ​ところで、ここ​で​あなたがた​に​らせたい​と​おもう​こと​が​ある。それ​は、ちち​リーハイ​が​ぶん​の​そん​に​ついて​げん​を​した​のち、そこ​で​しゅ​が​ふたたび​ちち​に、ぞく​だけ​を​れて​​へ​く​の​は​ちち​リーハイ​に​とって​よくない、やくそく​の​​へ​って​しゅ​の​ため​に​ども​を​もうけられる​よう、むす​たち​が​よそ​の​むすめ​たち​を​つま​に​むかえる​よう​に、と​われた​こと​で​ある。

2 ​そこで​しゅ​は​ちち​に、わたし​ニーファイ​と​あに​たち​を​ふたたび​エルサレム​の​​へ​かえして、イシマエル​と​その​ぞく​を​​に​れてさせる​よう​に​めいじられた。

3 ​そこで​わたし​ニーファイ​は、ふたたび​あに​たち​と​ともに​エルサレム​へ​のぼって​く​ため​に、​へ​て​った。

4 ​さて、わたしたち​は​イシマエル​の​いえ​に​った。そして、イシマエル​の​こう​を​た​ので、しゅ​の​こと​を​かれ​に​はなした。

5 ​そこで​しゅ​は、まことに​イシマエル​の​こころ​を​やわらげ、また​かれ​の​ぞく​の​こころ​も​やわらげられた​ので、かれら​は​わたしたち​と​ともに、ちち​の​てんまく​に​かって​​へ​たび​を​した。

6 ​さて、​を​たび​する​ちゅう​で、よ、レーマン​と​レムエル、イシマエル​の​ふた​の​むすめ​イシマエル​の​ふた​の​むす​と​その​ぞく​が​わたしたち​に​そむいた。まことに、わたし​ニーファイ​と​サム、また​かれら​の​ちち​イシマエル​と​その​つま、それに​イシマエル​の​ほか​の​三にん​の​むすめ​たち​に​そむいた​の​で​ある。

7 ​そして​かれら​は、その​よう​に​そむいて、エルサレム​の​​へ​かえりたがった。

8 ​それで​わたし​ニーファイ​は、かれら​の​こころ​が​かたくな​な​の​を​かなしく​おもい、かれら​に、すなわち​レーマン​と​レムエル​に​った。「まことに、あなたがた​は​わたし​の​にいさん​で​は​あり​ません​か。それ​な​の​に、おとうと​の​わたし​が​あなたがた​に​はなし​を​し、はん​を​しめさなければ​ならない​ほど、こころ​が​かたくな​で​おもい​が​くらんで​いる​の​は​どう​いう​わけ​です​か。

9 しゅ​の​こと​に​き​したがわない​の​は、どう​いう​わけ​です​か。

10 しゅ​の​てん使​に​った​こと​を​わすれた​の​は、どう​いう​わけ​です​か。

11 ​また、わたしたち​を​ラバン​の​​から​すくい​す​に​たって、しゅ​が​なされた​だい​な​ことがら​と、また、しゅ​が​あの​ろく​を​​に​れ​させて​くださった​こと​を​わすれた​の​は、どう​いう​わけ​です​か。

12 ​まことに、ひと​の​ら​が​しゅ​を​しんじる​しんこう​を​はたらかせれば、しゅ​は​かれら​の​ため​に、こころ​の​まま​に​なんでも​お​でき​に​なり​ます。その​こと​を​わすれた​の​は、どう​いう​わけ​です​か。しゅ​に​忠誠ちゅうせい​を​くそう​で​は​あり​ません​か。

13 しゅ​に​ちゅうじつ​で​あれ​ば、わたしたち​は​やくそく​の​​を​​に​れる​でしょう。また​あなたがた​は、エルサレム​の​めつぼう​に​ついて​の​しゅ​の​こと​が​じょうじゅ​する​の​を、将来しょうらい​いつか​る​こと​でしょう。しゅ​が​エルサレム​の​めつぼう​に​ついて​かたられた​すべて​の​こと​は、かならず​じょうじゅ​する​に​ちがいない​から​です。

14 ​まことに​しゅ​の​たま​は、かれら​を​はげます​こと​を​もう​すぐ​やめる​でしょう。まことに、かれら​は​げんしゃ​たち​を​けっして​れず、​エレミヤ​を​ろう​に​れた​から​です。また、わたし​の​ちち​の​いのち​を​うばおう​と​して、ちち​を​その​​から​し​ました。

15 ​さて​まことに、あなたがた​に​って​おき​ます。もし​あなたがた​が​エルサレム​へ​もどる​なら、あなたがた​も​エルサレム​の​たみ​と​ともに​ほろびて​しまう​でしょう。もし​そう​したい​の​で​あれ​ば、エルサレム​へ​け​ば​よい。しかし、け​ば​あなたがた​も​ほろびる​と​いう、わたし​の​かたった​こと​を​おぼえて​おいて​ください。しゅ​の​たま​が​こう​う​よう​に、わたし​を​つよく​うながす​から​です。」

16 ​さて、わたし​ニーファイ​が​あに​たち​に​こう​う​と、あに​たち​は​わたし​に​はら​を​てた。そして​かれら​は​じょう​に​いきどおり、わたし​を​つかまえて、なわ​で​しばった。わたし​を​​に​てて​もうじゅう​に​わせ、いのち​を​うばおう​と​した​の​で​あった。

17 ​そこで​わたし​は​しゅ​に​いのって​った。「おお、しゅ​よ、あなた​を​しんじる​わたし​の​しんこう​に​より、あに​たち​の​​から​すくい​して​ください。まことに、わたし​を​しばって​いる​この​なわ​を​る​ちから​を​お​あたえ​ください。」

18 ​そして、わたし​が​この​よう​に​う​と、よ、なわ​が​すぐに​わたし​の​あし​から​けた​ので、わたし​は​あに​たち​の​まえ​に​って、また​はなし​を​した。

19 ​そこで​あに​たち​は​また​はら​を​て、わたし​に​​を​かけよう​と​した。しかし​よ、​イシマエル​の​むすめ​の​ひと​と​その​はは、それに​イシマエル​の​むす​の​ひと​が​あに​たち​に​して​くれた​ので、あに​たち​は​こころ​を​やわらげて、わたし​の​いのち​を​うばおう​と​する​の​を​やめた。

20 ​そして​あに​たち​は​ぶん​たち​の​あく​を​かなしみ、わたし​の​まえ​に​ひざまずいて、わたし​に​たいして​した​こと​を​ゆるして​くれる​よう​に​たのんだ。

21 ​そこで​わたし​は、あに​たち​の​した​こと​を​すべて​こころ​から​ゆるし、しゅ​なる​かれら​の​かみ​に​ゆるし​を​もとめて​いのる​よう​に​すすめた。それで​かれら​は、その​とおり​に​して​いのった。かれら​が​しゅ​に​いのり​える​と、わたしたち​は​また、ちち​の​てんまく​を​して​たび​を​つづけた。

22 ​そして、ついに​わたしたち​は、ちち​の​てんまく​に​いた。わたし​と​あに​たち​と​イシマエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​が​ちち​の​てんまく​に​く​と、かれら​は​しゅ​なる​かれら​の​かみ​に​感謝かんしゃ​を​した。そして​せい​と​燔祭はんさい​を​ささげた。