ニーファイ第一書 14
    脚注
    Theme

    第​14​章

    てん使ほうじん​に​およぶ​しゅくふく​と​のろい​に​ついて​ニーファイ​に​つたえる。きょうかい​は​ただ​二つ、かみ​の​ひつじ​の​きょうかい​と​あく​の​きょうかい​が​ある​こと。すべて​の​くにぐに​に​いる​かみ​の​せい​たち、おおきな​まわしい​きょうかい​に​よって​はくがい​される。使​ヨハネ​が​​の​わり​に​ついて​しるす。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 「さて、かみ​の​ひつじ​が​こと​と​ちから​を​もって、たしか​に​ほうじん​に​姿すがた​を​あらわし、​つまずき​の​いし​を​のぞかれる​、もし​ほうじん​が​かみ​の​ひつじ​の​こと​に​き​したがい、

    2 かみ​の​ひつじ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​しなければ、かれら​は、あなた​の​ちち​の​そん​の​なか​に​かぞえられる​よう​に​なる。まことに、かれら​は​イスラエル​の​いえ​の​なか​に​かぞえられ、やくそく​の​​で​とこしえ​に​しゅくふく​された​たみ​と​なり、もう​とらわれ​の​​と​なる​こと​は​ない。そして、イスラエル​の​いえ​は​ふたたび​みだされる​こと​が​ない。

    3 かみ​の​ひつじ​は​われる。『ひと​の​れい​を​ごく​に​さそい​とす​ため​に、あく​が​ぶん​の​ら​と​ともに​きずいた​あの​おおきな​まわしい​きょうかい​は、人々ひとびと​の​ため​に​おおきな​あな​を​った​が、まことに​人々ひとびと​を​ほろぼす​ため​に​られた​その​おおきな​あな​は、それ​を​った​もの​たち​で​いっぱい​に​なり、かれら​は​ことごとく​ほろびて​しまう。しかし​ほろびる​と​いって​も、れい​が​ほろびる​の​で​は​なく、わり​の​ない​あの​ごく​に​まれる​こと​を​いう​の​で​ある。

    4 よ、これ​は​あく​の​そくばく​と​かみ​の​せい​に​したがって​人々ひとびと​に​およぶ​もの​で、かみ​の​まえ​に​あく​と​まわしい​おこない​を​する​すべて​の​ひと​に​およぶ​の​で​ある。』」

    5 ​そこで​てん使​は、また​わたし​ニーファイ​に​った。「あなた​は、ほうじん​も​あらためれ​ば​さいわい​で​ある​の​を​た。また、しゅ​が​イスラエル​の​いえ​と​わされた​せいやく​に​ついて​も​り、あらためない​もの​は​だれでも​ほろび​なければ​ならない​こと​も​いて​いる。

    6 ​したがって、ほうじん​は​かみ​の​ひつじ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​する​なら​ば、わざわい​で​ある。

    7 かみ​の​ひつじ​は​われる。『わたし​が​おおいなる​おどろく​べき​わざ​を​ひと​の​ら​の​なか​で​おこなう​とき​が​る。その​わざ​は、いずれ​に​おいて​も​永遠えいえん​の​もの​で​ある。すなわち、かれら​に​かくしん​を​あたえて​平安へいあん​と​永遠えいえん​の​いのち​を​​させる​か、それとも​かれら​が​こころ​を​かたくな​に​し、おもい​を​くらませる​に​まかせて、かれら​を​そくばく​された​じょうたい​に​おちいらせ、あく​の​そくばく、これ​に​ついて​は​まえ​に​はなした​こと​が​ある​が、この​そくばく​に​あって、にくたいてき​に​も​霊的れいてき​に​も​ほろび​に​いたらせる​か、その​いずれ​か​で​ある。』」

    8 ​そこで​てん使​は、これら​の​こと​を​かたって​から​わたし​に​かい、「御父おんちち​が​イスラエル​の​いえ​と​わされた​せいやく​を​おぼえて​いる​か」と​った​ので、わたし​は​てん使​に、「はい」と​こたえた。

    9 ​そこで​てん使​は​わたし​に​った。「​なさい。まわしい​おこない​の​はは​で​あり、あく​を​そうせつしゃ​と​する​おおきな​まわしい​きょうかい​を​​なさい。」

    10 てん使​は​わたし​に​った。「よ、きょうかい​は​​二つ​しか​ない。一つ​は​かみ​の​ひつじ​の​きょうかい​で​あり、​もう​一つ​は​あく​の​きょうかい​で​ある。したがって、かみ​の​ひつじ​の​きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​は​だれでも、まわしい​おこない​の​はは​で​ある​あの​おおきな​きょうかい​に​ぞくする​もの​で​ある。彼女かのじょ​は​ぜん​の​いん​で​ある。」

    11 ​そこで​わたし​が​あの​ぜん​の​いん​を​ながめて​みる​と、彼女かのじょ​は​おおく​の​みず​の​うえ​に​​を​め、すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​の​なか​に​あって​ぜん​を​はい​して​いた。

    12 ​そして、かみ​の​ひつじ​の​きょうかい​が​えた​が、この​きょうかい​に​ぞくして​いる​もの​の​かず​は、おおく​の​みず​の​うえ​に​​を​めて​いる、あの​いん​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に​すくなかった。それでも、かみ​の​せい​で​ある​ひつじ​の​きょうかい​の​人々ひとびと​も​また、​の​全面ぜんめん​に​いる​の​が​えた。しかし、​の​おもて​に​おける​かれら​の​める​しょ​は、わたし​の​た​だいいん​の​あく​の​ため​に​ちいさかった。

    13 ​そして、あの​まわしい​おこない​の​おおいなる​はは​が、かみ​の​ひつじ​と​たたかう​ため​に、ほうじん​の​すべて​の​こくみん​の​なか​に​あって、ぜん​の​おもて​に​おおぜい​の​ひと​を​あつめる​の​が​えた。

    14 ​そして​わたし​ニーファイ​は、かみ​の​ひつじ​の​ちから​が、​の​全面ぜんめん​に​って​いる​ひつじ​の​きょうかい​の​せい​たち、すなわち​しゅ​の​せいやく​の​たみ​の​うえ​に​くだる​の​を​た。かれら​は​​と​かみ​の​ちから​と​を​もって、おおいなる​えいこう​の​うち​に​そう​して​いた。

    15 ​そして​わたし​は、かみ​の​はげしい​いかり​が​あの​おおきな​まわしい​きょうかい​の​うえ​に​そそがれ、その​ため​に、​の​すべて​の​こくみん​と​ぞく​の​なか​で​せんそう​と​せんそう​の​うわさ​が​ある​の​を​た。

    16 ​そして、あの​まわしい​おこない​の​はは​に​ぞくして​いる​すべて​の​こくみん​の​なか​で​せんそう​が​はじまり、せんそう​の​うわさ​が​はじめた​とき​に、てん使​が​わたし​に​った。「よ、かみ​の​はげしい​いかり​は​しょう​たち​の​はは​に​くだる。そして​よ、あなた​に​は​これら​の​こと​が​すべて​える。

    17 しょう​たち​の​はは、すなわち​あく​が​そうせつしゃ​で​ある​ぜん​の​おおきな​まわしい​きょうかい​に、かみ​の​はげしい​いかり​が​そそがれる​​が​る​と、その​御父おんちち​の​わざ​が​はじまり、御父おんちち​は、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​ぶん​の​たみ​と​わされた​せいやく​を​たす​ため​の​みち​を​そなえられる。」

    18 ​そこで、てん使​は​わたし​に​かたって、「​なさい」と​った。

    19 ながめる​と、しろい​ころも​を​て​いる​ひと​の​おとこ​の​ひと​が​えた。

    20 ​すると​てん使​は​わたし​に​った。「ひつじ​の​じゅう使​の​ひと​を​​なさい。

    21 よ、かれ​は、これら​の​こと​の​のこり​の​ぶん​と、また​いままで​に​あった​おおく​の​こと​を​て​しるす。

    22 ​また、​の​わり​に​ついて​も​しるす。

    23 かれ​が​しるす​こと​は​ただしく​真実しんじつ​で​ある。そして​よ、それら​の​こと​は、あなた​が​ユダヤじん​の​くち​から​る​の​を​た​しょもつ​の​なか​に​しるされる。そして、それら​が​ユダヤじん​の​くち​から​て​た​とう、すなわち​その​しょもつ​が​ユダヤじん​の​くち​から​て​た​とう​は、しるされた​こと​は​かり​やすくて​じゅんすい​で​あり、また​大変たいへんとうとくて、すべて​の​ひと​に​かい​し​やすい​もの​で​あった。

    24 よ、この​ひつじ​の​使​の​しるす​こと​の​おおく​を、あなた​は​た。そして​よ、これから​あなた​は​その​のこり​の​ぶん​を​る​で​あろう。

    25 ​しかし、これから​あなた​が​る​こと​は​めて​は​ならない。しゅ​なる​かみ​が、それら​の​こと​を​しるす​よう​に、あの​かみ​の​ひつじ​の​使​を​にんじられた​から​で​ある。

    26 かみ​は​また、かつて​この​に​きた​ほか​の​人々ひとびと​に​も、すべて​の​こと​を​しめされ、かれら​は​それら​の​こと​を​しるした。そして​それら​の​ろく​は、しゅしん​が​ふさわしい​と​おもわれる​とき​に、ひつじ​の​うち​に​ある​しん​に​よって​じゅんすい​な​まま​で​イスラエル​の​いえ​に​つたわる​よう​に、いま​は​ふうじられて​いる。」

    27 ​わたし​ニーファイ​は、てん使​の​こと​に​より、この​ひつじ​の​使​の​​が​​ヨハネ​で​ある​こと​を​き、ここ​に​あかし​する。

    28 ​そして​よ、わたし​ニーファイ​は、き​した​こと​の​のこり​の​ぶん​を​しるす​こと​を​きんじられて​いる​ので、いままで​しるした​こと​で​満足まんぞく​する​が、これまで​しるした​こと​は、わたし​が​た​こと​の​いちぶん​に​すぎない。

    29 ​わたし​は​ちち​の​た​こと​を​、そして​しゅ​の​てん使​が​それら​の​こと​を​わたし​に​あきらか​に​して​くれた​こと​を​あかし​する。

    30 ​わたし​は、たま​に​れ​られた​とき​に​た​こと​に​ついて​の​はなし​を、これ​で​わり​に​する。わたし​の​た​こと​が​たとえ​すべて​しるされて​いなくて​も、いままで​しるした​こと​は​真実しんじつ​で​ある。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。