ニーファイ第一書 17
    脚注

    第​17​章

    ニーファイ、ふね​を​一せきつくる​よう​に​めいじられる。ニーファイ​の​あに​たち、ニーファイ​に​反抗はんこう​する。ニーファイ、イスラエル​に​たいする​かみ​の​はからい​の​れき​を​べて​あに​たち​に​き​すすめる。ニーファイ、かみ​の​ちから​に​たされる。あに​たち、れた​あし​の​よう​に​しおれて​しまわない​よう​に、ニーファイ​に​れる​こと​を​きんじられる。げんぜんやく​五百九十二​ねん​から​五百九十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたしたち​は​また​​の​なか​を​たび​し、この​とき​から​は​ほぼ​ひがし​の​ほう​へ​すすんで​った。わたしたち​は​たび​を​しながら、おおく​の​なん​を​えて​いった。そして​つま​たち​は​​の​なか​で​ども​を​んだ。

    2 ​そして、しゅ​の​しゅくふく​が​大変たいへんゆたか​で​あった​ので、つま​たち​は​​で​生肉なまにく​を​べて​らして​いた​の​に、ども​に​ちち​を​十分じゅうぶんませ、しかも​まことに​おとこ​の​よう​に​つよかった。彼女かのじょ​たち​は​つぶやかず​に​たび​に​える​よう​に​なった。

    3 ​この​よう​に、かみ​の​命令めいれい​は​かならず​げ​なければ​ならない​こと​が​かる。もし​ひと​の​ら​が​かみ​の​いましめ​を​まもる​なら​ば、かみ​は​かれら​を​やしない、つよく​し、また​ぶん​が​めいじられた​こと​を​げる​しゅだん​を​あたえられる。それで​かみ​は、わたしたち​が​​に​とどまって​いた​とき​に​も、わたしたち​に​しゅだん​を​あたえられた。

    4 ​そして​わたしたち​は、ながい​あいだ、まことに​八​ねん​も​の​あいだ​の​なか​に​とどまった。

    5 ​そして、じつ​と​みつ​が​ゆたか​で​ある​こと​から​バウンティフル​と​けた​​に​た。これら​の​もの​は​すべて、わたしたち​が​ほろびない​よう​に​しゅ​が​そなえて​くださった​の​で​あった。わたしたち​は​ここ​で​う み​を​て、イリアンタム​と​けた。それ​は​おおく​の​みず​と​いう​​で​ある。

    6 ​さて、わたしたち​は​うみ​の​ちかく​に​てんまく​を​った。わたしたち​は​これまで​おおく​の​なん​や​困難こんなん​に、まことに​き​くせない​ほど​おおく​の​なん​や​困難こんなん​に​った​が、うみ​に​いて​じょう​に​よろこび​を​かんじ、そこ​は​じつ​が​ゆたか​で​ある​こと​から、その​​を​バウンティフル​と​けた​の​で​あった。

    7 ​さて、わたし​ニーファイ​が、バウンティフル​の​​で​なんにち​も​​を​ごした​ところ​で、しゅ​の​こえ​が​こえて、わたし​に、「って​やま​へ​き​なさい」と​われた。そこで​わたし​は、って​やま​へ​き、しゅ​に​さけび​もとめた。

    8 ​そこで​しゅ​は、わたし​に​われた。「わたし​が​これから​しめす​ほうほう​に​したがって、一せき​の​ふね​を​つくり​なさい。この​おおう み​を​えて、わたし​が​あなた​の​たみ​を​れてける​よう​に​する​ため​で​ある。」

    9 ​それで​わたし​は、「しゅ​よ、お​しめし​くださった​ほうほう​に​したがって​ふね​を​つくる​ため​の​どう​を​つくる​に​は、どこ​へ​って​あらがね​を​つけたら​よろしい​でしょう​か」と​った。

    10 ​そこで​しゅ​は、その​どう​を​つくれる​よう​に、あらがね​の​つかる​しょ​を​わたし​に​おしえて​くださった。

    11 ​そこで​わたし​ニーファイ​は、​を​く​ため​の​ふいご​を​けもの​の​かわ​で​つくった。そして​​を​く​ため​の​ふいご​を​つくって​から、二​​の​いし​を​ち​わせて​​を​おこした。

    12 ​を​たび​する​とき​に、しゅ​は​これまで​わたしたち​に、あまり​​を​おこす​こと​を​ゆるされなかった。しゅ​が、「わたし​が​あなたがた​の​食物しょくもつ​の​あじ​を​く​する​ので、き​する​に​は​およばない。

    13 ​わたし​は​また、​で​あなたがた​の​ひかり​と​なろう。あなたがた​が​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​なら​ば、わたし​は​あなたがた​の​まえ​に​みち​を​そなえよう。したがって、あなたがた​は​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり、やくそく​の​​に​みちびかれる​で​あろう。そして、あなたがた​を​みちびいて​いる​の​が​わたし​で​ある​こと​を​る​で​あろう」と​われた​から​で​ある。

    14 しゅ​は​また​われた。「あなたがた​は​やくそく​の​​に​いた​のちしゅ​なる​わたし​が​かみ​で​あり、また​しゅ​なる​わたし​が​あなたがた​を​めつぼう​から​すくい​した​こと、まことに、わたし​が​あなたがた​を​エルサレム​の​​から​した​こと​を​る​で​あろう。」

    15 ​それで​わたし​ニーファイ​は、しゅ​の​命令めいれい​を​まもる​よう​に​つとめ、また​あに​たち​に​も、ちゅうじつ​で​あり​勤勉きんべん​で​ある​よう​に​すすめた。

    16 ​さて、わたし​は​岩石がんせき​から​かし​した​あらがね​で​どう​を​つくった。

    17 あに​たち​は、わたし​が​ふね​を​つくろう​と​する​の​を​る​と、わたし​の​こと​を​つぶやいて​った。「おとうと​は​おろか​もの​だ。おとうと​は​ふね​が​つくれる​と​おもって​いる​し、この​おおう み​を​わたれる​と​おもって​いる。」

    18 ​この​よう​に、あに​たち​は​わたし​の​こと​で​へい​を​い、はたらかなくて​も​よい​よう​に​と​おもって​いた。かれら​は、わたし​に​ふね​が​つくれる​こと​を​しんじよう​と​せず、また​わたし​が​しゅ​から​​を​けて​いた​こと​も、しんじよう​と​しなかった​から​で​ある。

    19 ​そこで​わたし​ニーファイ​は、あに​たち​の​こころ​が​かたくな​な​ため​に​ひどく​かなしんだ。すると​あに​たち​は、わたし​が​かなしみ​だした​の​を​て​こころ​の​なか​で​よろこび、わたし​の​こと​で​​うれしく​おもった​ほど​で、この​よう​に​った。「おまえ​に​ふね​が​つくれない​の​は​かって​いた。分別ふんべつ​が​りない​から​だ。おまえ​に​は、そんな​おおごと​を​げる​こと​は​できない。

    20 ​おまえ​は、こころ​に​かぶ​つまらない​くうそう​に​まどわされた​ちち​に​よく​て​いる。まことに、ちち​は​我々われわれ​を​エルサレム​の​​から​し、我々われわれ​は​長年ながねん​の​あいだ​を​さまよって​きた。そして、我々われわれ​の​つま​は​おも​の​からだ​で​​を​​に​して​はたらき、​で​​を​み、ただ​ななかった​だけ​で​あらゆる​くるしみ​に​った。つま​たち​は、この​よう​な​なん​に​う​くらい​なら、エルサレム​を​る​まえ​に​んだ​ほう​が​まし​だった。

    21 よ、我々われわれ​は、長年ながねん​の​あいだ​で​くるしんで​きた​が、その​あいだ​に​ぶん​たち​の​ざいさん​や​ぎ​の​​を​しいまま​に​して、しあわせ​に​らせた​かも​しれない。

    22 我々われわれ​は、エルサレム​の​​に​いた​たみ​が​​の​たみ​で​あった​こと​を​って​いる。なぜなら、かれら​は​モーセ​の​りっぽう​に​したがって、しゅ​の​おきて​と​裁決さいけつ​と​しゅ​の​すべて​の​いましめ​に​したがって​いた​から​だ。だから​我々われわれ​は、かれら​が​​の​たみ​で​ある​こと​を​って​いる。ところが、ちち​は​かれら​を​さばいた。そして、我々われわれ​が​ちち​の​こと​に​き​したがった​ので、我々われわれ​を​エルサレム​から​した。おとうと​は​ちち​に​よく​て​いる。」あに​たち​は​この​よう​な​こと​で​つぶやき、ちち​と​わたし​に​たいして​へい​を​った。

    23 ​そこで、わたし​ニーファイ​は​あに​たち​に​った。「あなたがた​は、イスラエル​の​ら​で​ある​わたしたち​の​せん​が​しゅ​の​こと​に​き​したがわなかった​と​して​も、エジプト​じん​の​​から​みちびき​されて​いた​と​しんじて​いる​の​です​か。

    24 ​まことに、あなたがた​は、しゅ​が​モーセ​に​かれら​を​れい​の​じょうたい​から​みちびき​す​よう​に​めいじられなかった​と​して​も、せん​が​れい​の​じょうたい​から​みちびき​された​と​おもって​いる​の​です​か。

    25 ​あなたがた​は、イスラエル​の​ら​が​れい​の​じょうたい​に​なって​いた​こと​や、かれら​が​がたい​ほど​の​えき​を​って​いた​こと​を​って​います。ですから、かれら​が​れい​の​じょうたい​から​みちびき​される​こと​が、かれら​に​とって​い​こと​で​あった​に​ちがいない​こと​を、あなたがた​は​って​いる​の​です。

    26 ​あなたがた​は、​モーセ​が​あの​おおいなる​わざ​を​おこなう​よう​に​しゅ​から​めいじられた​こと​を​って​います。また​モーセ​の​こと​に​よって、こうかい​の​みず​が​みぎ​と​ひだり​に​かれ、イスラエル​の​ら​が​かわいた​​を​わたった​こと​も​って​います。

    27 ​しかし​あなたがた​は、パロ​の​軍勢ぐんぜい​で​ある​エジプト​じん​が、こうかい​で​おぼれて​んで​しまった​こと​も​って​います。

    28 ​あなたがた​は​また、イスラエル​の​ら​が​​に​おいて、​マナ​で​やしなわれた​こと​も​って​います。

    29 ​また​モーセ​が、ぶん​の​うち​に​ある​かみ​の​ちから​に​よって​こと​を​はっして​いわ​を​った​ところ、みず​が​わきし、これ​を​んで​イスラエル​の​ら​が​かわき​を​いやす​こと​が​できた​こと​も​って​います。

    30 かれら​の​かみ​で​あり​あがなぬし​で​ある​しゅ​は、かれら​に​さきって​すすみ、ひる​は​かれら​を​みちびき、よる​は​かれら​に​ひかり​を​あたえ、ひと​が​けて​えき​に​なる​あらゆる​こと​を​かれら​の​ため​に​して​ください​ました。その​よう​に​して​みちびかれた​に​も​かかわらず、かれら​は​こころ​を​かたくな​に​し、おもい​を​くらまして、モーセ​と​まこと​の​ける​かみ​を​​ののしり​ました。

    31 ​そこで​かみ​は、ぶん​の​こと​の​とおり​に​かれら​を​ほろぼし、ぶん​の​こと​の​とおり​に​かれら​を​みちびき、ぶん​の​こと​の​とおり​に​かれら​の​ため​に​あらゆる​こと​を​おこなわれ​ました。かみ​の​こと​に​よらないで​おこなわれた​こと​は​なにも​あり​ません。

    32 ​そして、かれら​が​ヨルダン​がわ​を​わたる​と、しゅ​は​かれら​を、その​​に​む​人々ひとびと​を​い​らして​ほろぼす​ほど​に​まで​強大きょうだい​に​され​ました。

    33 ​さて、この​​の​人々ひとびと、すなわち、やくそく​の​​に​んで​いて​わたしたち​の​せん​に​された​人々ひとびと、あなたがた​は​その​人々ひとびと​を​じん​だ​と​おもい​ます​か。まことに​わたし​は、けっして​そう​で​は​なかった​と​い​ます。

    34 ​あなたがた​は、かれら​が​もしも​じん​で​あった​なら、わたしたち​の​せん​は​かれら​より​も​さらに​えりかれた​もの​に​なって​いた​と​おもい​ます​か。わたし​は​そう​で​は​なかった​と​い​ます。

    35 ​まことに、しゅ​は​すべて​の​ひと​を​こうへい​に​おもんじられ、​に​かなった​もの​は​かみ​から​めぐみ​を​け​ます。しかし​まことに、この​たみ​は、かみ​の​すべて​の​こと​を​こばんで​ざいあく​が​じゅくし​ました。それで、かみ​の​ちみちた​はげしい​いかり​が​かれら​に​くだり、しゅ​は​かれら​に​たいして​は​​を​のろい、わたしたち​の​せん​の​ため​に​は​​を​しゅくふく​され​ました。すなわち、かれら​に​たいして​は、​を​のろって​かれら​を​ほろび​に​いたらせ、わたしたち​の​せん​の​ため​に​は、​を​しゅくふく​して​その​​を​おさめる​ちから​を​​させて​くださった​の​です。

    36 ​まことに​しゅ​は、ひと​が​める​よう​に​だい​を​つくり、それ​を​しょゆう​できる​よう​に​ぶん​の​ども​たち​を​つくられ​ました。

    37 ​そして​しゅ​は、​に​かなった​一つ​の​こくみん​を​こして、じゃあく​な​もの​たち​から​る​しょこくみん​を​ほろぼされ​ます。

    38 ​そして​しゅ​は、じん​を​とうとい​​へ​みちびき、また​あくにん​を​ほろぼして、かれら​の​ため​に​​を​のろわれ​ます。かれら​の​おこない​が​そう​させる​の​です。

    39 てん​は​しゅ​の​​で​あって、​は​しゅ​の​あしだい​ですから、しゅ​は​たかく​てん​に​あって​はい​され​ます。

    40 ​そして​しゅ​は、しゅ​を​かみ​と​する​人々ひとびと​を​あいされ​ます。まことに、しゅ​は​わたしたち​の​せん​を​あいし、かれら、すなわち​アブラハム、​イサク、​ヤコブ​と​せいやく​を​わされ​ました。そして​しゅ​は、ぶん​が​わした​せいやく​を​おぼえて​おられ​ます。それで、わたしたち​の​せん​を​​エジプト​の​​から​みちびき​された​の​です。

    41 ​しかし、わたしたち​の​せん​が​ちょうど​あなたがた​の​よう​に​こころ​を​​かたくな​に​した​ので、しゅ​は​​で、つえ​を​もって​かれら​を​くるしい​​に​わせられ​ました。しゅ​は、かれら​の​ざいあく​の​ため​に、かれら​を​くるしい​​に​わせられた​の​です。しゅ​は​​の​ぶ​へび​を​かれら​の​なか​に​おくり、また​かれら​が​かまれた​あと​で、いやされる​ほうほう​を​そなえられ​ました。かれら​が​しなければ​ならなかった​こと​は、ただ​​を​けて​る​だけ​の​こと​でした​が、その​ほうほう​が​単純たんじゅん​で​あった​ため、すなわち​よう​で​あった​ため​に、んだ​ひと​が​おおぜい​いました。

    42 かれら​は​ときどきこころ​を​かたくな​に​し、​モーセ​を​​ののしり、また​かみ​を​も​ののしり​ました。に​も​かかわらず、かれら​が​かみ​の​たぐい​ない​ちから​に​よって​やくそく​の​​に​みちびかれた​こと​は、あなたがた​が​よく​しょう​して​いる​こと​です。

    43 ​そして、すべて​これら​の​こと​が​あって、かれら​は​じゃあく​に​なり、まことに​ほぼ​じゅくする​ほど​じゃあく​に​なって​しまい​ました。今日き ょ う​に​も​ほろぼされる​かも​しれ​ません。とらわれ​の​​と​なって​よそ​へ​れてかれる​わずか​な​もの​を​のぞいて、かれら​が​ほろぼされる​​が​かならず​る​に​ちがいない​こと​を、わたし​は​って​いる​から​です。

    44 ​その​ため​に、しゅ​は​ちち​に​​へ​て​く​よう​に​めいじられ​ました。また​ユダヤじん​が​ちち​の​いのち​を​うばおう​と​した​こと​も​あり​ました。​あなたがた​も​また、ちち​の​いのち​を​うばおう​と​した​こと​が​あり​ます。したがって、あなたがた​は​こころ​の​なか​で​人殺ひとごろし​を​した​の​で​あって、まるで​ユダヤじん​の​よう​です。

    45 ​あなたがた​は​ざいあく​を​おこなう​の​は​はやい​けれども、しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​を​おもこす​の​は​おそい。あなたがた​は​ひと​の​てん使​に​い、その​てん使​は​あなたがた​に​かたり​かけ​ました。まことに、あなたがた​は​その​こえ​を​ときどきいて​います。てん使​は​しずか​な​ほそい​こえ​で​かたり​かけ​ました​が、あなたがた​は​こころ​が​にぶって​いた​ので、その​こと​を​かんじる​こと​が​でき​ません​でした。それで​てん使​は​かみなり​の​よう​な​こえ​で​あなたがた​に​かたり​かけ、その​こえ​は、まるで​く​ほど​に​だい​を​うごかし​ました。

    46 ​また​あなたがた​は、しゅ​が​ぜんのう​の​こと​の​ちから​を​もって、この​だい​を​らせる​こと​が​お​でき​に​なる​こと​を​って​います。また​しゅ​が、ぶん​の​こと​に​よって​ふく​の​はげしい​​を​たいら​に​し、たいら​な​ところ​を​くずす​こと​が​お​でき​に​なる​こと​を​って​います。おお、それ​な​の​に​どうして​あなたがた​は、その​よう​に​こころ​を​かたくな​に​して​いられる​の​です​か。

    47 ​まことに、わたし​の​こころ​は​あなたがた​の​こと​で​くるしんで​け、わたし​の​むね​は​いたみ​ます。あなたがた​が​とこしえ​に​てられて​しまう​こと​を、わたし​は​おそれ​ます。まことに、わたし​は​かみ​の​たま​に​たされて、からだ​の​ちから​が​​なくなりそう​です。」

    48 ​さて、わたし​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、あに​たち​は​わたし​に​はら​を​てて、わたし​を​う み​の​ふかみ​に​んで​しまおう​と​おもった。そして、あに​たち​が​わたし​を​つかまえよう​と​して​ちかって​た​ところ​で、わたし​は​った。「ぜんのう​の​かみ​の​​に​よって​めいじる。わたし​に​​を​れるな。わたし​は​​が​え​きる​ほど​に​かみ​の​ちから​に​たされて​いる​から、わたし​に​​を​かける​もの​は​だれでも、れた​あし​の​よう​に​​しおれて​しまう​で​あろう。また、かみ​が​その​ひと​を​たれる​から、かみ​の​ちから​の​まえ​に​る​に​りない​もの​と​なる​で​あろう。」

    49 ​そして、わたし​ニーファイ​は​あに​たち​に、これから​もう​ちち​に​たいして​つぶやいて​は​ならない​こと、また​かみ​が​わたし​に​ふね​を​つくる​よう​に​めいじられた​ので、わたし​と​ともに​はたらく​こと​を​こばんで​は​ならない​こと​を​はなした。

    50 ​わたし​は​また​かれら​に​った。「​どの​よう​な​こと​で​も​かみ​が​わたし​に​めいじられれば、わたし​に​は​それ​が​できる。もし、かみ​が​わたし​に​この​みず​に​かって『りく​に​なれ』​と​う​よう​に​めいじられれば、みず​は​りく​に​なる。わたし​が​そう​え​ば、その​とおり​に​なる。

    51 しゅ​が​この​よう​に​だい​な​ちから​を​お​ち​に​なって、これほど​おおく​の​せき​を​ひと​の​ら​の​なか​で​おこなわれた​と​すれ​ば、どうして​わたし​に​一せき​の​ふね​を​つくる​こと​を​おしえられない​こと​が​あろう​か。」

    52 ​さて、わたし​ニーファイ​が​あに​たち​に​おおく​の​こと​を​った​ので、あに​たち​は​い​せられて​わたし​と​あらそう​こと​が​できず、それから​ながい​あいだ、あえて​わたし​に​​を​かける​こと​も、ゆび​で​れる​こと​も​しなかった。かみ​の​たま​が​じょう​に​ちからづよかった​ので、あに​たち​は​わたし​の​まえ​で​れて​しまう​こと​の​ない​よう​に、あえて​そう​しなかった​の​で​ある。かみ​の​たま​は、それほど​まで​に​かれら​に​はたらきかけられた​の​で​あった。

    53 ​そして​しゅ​は、「あなた​の​​を、もう​いち​あなた​の​あに​たち​に​けて​ばし​なさい。かれら​は​あなた​の​まえ​で​れ​は​しない​が、わたし​は​かれら​の​からだ​を​ふるえ​させよう。こう​する​の​は、わたし​が​しゅ​なる​かれら​の​かみ​で​ある​こと​を​らせる​ため​で​ある」と​われた。

    54 ​そこで​わたし​が、片方かたほう​の​​を​あに​たち​に​けて​ばす​と、あに​たち​は​わたし​の​まえ​で​れ​は​しなかった​が、しゅ​は​かたられた​こと​の​とおり​に​かれら​の​​を​ふるえ​させられた。

    55 ​そこで​あに​たち​は、「しゅ​が​おまえ​と​ともに​おられる​こと​が、たしか​に​かった。我々われわれ​の​​を​ふるえ​させた​の​が​しゅ​の​ちから​で​ある​こと​が、かって​いる​から​だ」と​い、わたし​の​まえ​に​ひれして、わたし​を​おがもう​と​した。しかし、わたし​は​それ​を​させないで​った。「わたし​は​あなたがた​の​きょうだい​です。おとうと​で​は​あり​ません​か。ですから、しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​を​はいして、しゅ​が​あなたがた​に​さずけて​くださる​​で​ながく​らせる​よう​に、ちち​と​はは​を​うやまって​ください。」