ニーファイ第一書 20

第​20​章

しゅ​は​イスラエル​に​ぶん​の​もくてき​を​しめされる。なん​の​​の​なか​で​えらばれた​イスラエル​は、バビロン​から​る。イザヤしょだい​四十八​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

1 「イスラエル​と​いう​​で​ばれ、ユダ​の​みず​から、すなわち​​バプテスマ​の​みず​から​て、しゅ​の​​に​よって​ちかい、イスラエル​の​かみ​の​こと​を​くち​に​しながら​真実しんじつ​を​もって​ちかわず、​を​もって​も​ちかわない​ヤコブ​の​いえ​よ、みみ​を​かたむけて​これ​を​け。

2 ​しかし​かれら​は、みずから​せい​なる​みやこ​の​もの​で​ある​と​い​ながら、万軍ばんぐん​の​しゅ​で​ある​イスラエル​の​かみ​に​​とどまる​こと​を​しない。まことに、万軍ばんぐん​の​しゅ​と​は​しゅ​の​​で​ある。

3 よ、わたし​は、さき​に​あった​こと​を​​の​はじめ​から​げ​らせて​きた。それら​は​わたし​の​くち​から​、わたし​は​それら​を​しめした。わたし​は​にわか​に​それら​を​しめした​の​で​ある。

4 ​わたし​が​それ​を​おこなった​の​は、​あなた​が​ごうじょう​で、あなた​の​くび​が​てつ​の​すじ​で​あり、あなた​の​ひたい​が​真鍮しんちゅう​で​ある​こと​を​って​いた​から​で​ある。

5 ​そこで​わたし​は、まさに​​の​はじめ​から​あなた​に​げ​らせて​きた。それ​が​こる​に​さきって、それら​を​あなた​に​しめした。それら​の​こと​を​しめした​の​は、「わたし​の​ぐうぞう​が​それら​の​こと​を​した。わたし​の​彫像ちょうぞう​と​わたし​の​鋳像ちゅうぞう​が​それら​の​こと​を​めいじた」と​あなた​が​う​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

6 ​あなた​は​この​こと​を​すべて​き​して​きた。それでも​あなた​は、それら​の​こと​を​げ​らせず​に​おく​だろう​か。これから​わたし​が​しめす​あたらしい​こと、かくされて​いた​こと​さえ​も、げ​らせず​に​おく​だろう​か。それら​は​あなた​の​らなかった​こと​で​ある。

7 ​それら​の​こと​は、いまつくられた​の​で​あって、はじめ​から​あった​の​で​は​ない。あなた​が​それら​の​こと​を​く​まえ​から、それら​の​こと​は​げ​らされて​いた。それ​は、「よ、わたし​は​それら​を​って​いる」と​あなた​が​う​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

8 ​まことに、あなた​は​かなかった。まことに、あなた​は​らなかった。まことに、あの​とき​から​あなた​の​みみ​は​ひらかれなかった。それ​は​あなた​が​ひどく​真実しんじつ​で、また​まれながら​に​して​そむく​もの​と​ばれた​こと​を​って​いた​から​で​ある。

9 ​に​も​かかわらず、わたし​は​わたし​の​​の​ため​に​いかり​を​ばし、わたし​の​ほまれ​の​ため​に​みずから​を​せいして、あなた​を​つ​こと​を​しない。

10 よ、わたし​は​あなた​を​精錬せいれん​し、なん​の​​の​なか​で​あなた​を​えらんだ​から​で​ある。

11 ​わたし​しん​の​ため​に、まことに​わたし​しん​の​ため​に​わたし​は​この​こと​を​おこなう。それ​は、わたし​は​わたし​の​​が​けがされる​の​を​ゆるさず、また​わたし​の​えいこう​を​ほか​の​もの​に​あたえよう​と​は​おもわない​から​で​ある。

12 ​おお、ヤコブ​よ、わたし​が​した​イスラエル​よ、わたし​に​き​したがえ。わたし​は​かみ​で​ある。わたし​は​はじめ​で​あり、また​わり​で​ある。

13 ​わたし​の​​は​​の​もとい​を​え、わたし​の​みぎ​の​​は​てん​を​はかった。わたし​が​てん​を​ぶ​と、てん​は​ともに​つ。』

14 ​あなたがた​すべて​の​もの​よ、みなあつまって​け。かれら​の​なか​で​これら​の​こと​を​かれら​に​べた​の​は​だれか。その​ひと​を​しゅ​は​あいされた。まことに、その​ひと​は、かれら​を​とおして​げ​らせて​きた​みずから​の​こと​を​じょうじゅ​し、その​のぞむ​まま​を​​バビロン​に​おこない、その​うで​を​カルデヤびと​の​うえ​に​くだす。

15 しゅ​は​また、『しゅ​で​ある​わたし、まことに​わたし​が​かたった。まことに、わたし​は​げ​らせる​ため​に​その​ひと​を​し、その​ひと​を​れてた。かれ​は​みずから​の​みち​を​さかえ​させる​で​あろう』​と​われる。

16 ​わたし​に​ちかづけ。わたし​は​​ひそか​に​かたった​こと​は​ない。はじめ​から、それ​が​げ​らされた​とき​から​わたし​は​かたって​きた。そして、しゅ​なる​かみ​と​しゅ​の​たま​が​わたし​を​つかわされた。

17 ​あなた​の​あがなぬし、イスラエル​の​せいじゃ​なる​しゅ​は​この​よう​に​われる。『わたし​が​その​ひと​を​つかわした。あなた​の​えき​と​なる​よう​に​おしえ、あなた​を​その​く​べき​みち​に​みちびく、しゅ​なる​あなた​の​かみ​が​これ​を​おこなった。

18 ​おお、あなた​は​わたし​の​いましめ​に​き​したがったら​よかった​もの​を。そう​すれ​ば​あなた​の​平安へいあん​は​かわ​の​よう​で、また​あなた​の​​は​う み​の​なみ​の​よう​で​あった​で​あろう。

19 ​また​あなた​の​そん​は​すな​の​よう​で​あった​で​あろう。あなた​の​はら​から​まれる​​は​すな​の​つぶ​の​よう​に​おおく​なり、その​​の​​は​わたし​の​まえ​から​たれる​こと​も、ほろぼされる​こと​も​なかった​で​あろう。』

20 ​バビロン​から​よ。カルデヤ​から​のがれよ。あなたがた​は​歌声うたごえ​を​もって​べ、これ​を​つたえ、​の​て​に​いたる​まで​げ​らせよ。すなわち、『しゅ​は​その​しもべ​ヤコブ​を​あがなわれた』​と​え。

21 かれら​は​かわく​こと​が​なかった。しゅ​が​かれら​を​みちびいて​ばく​を​かせ、かれら​の​ため​に​いわ​から​みず​を​わき​させられた。いわ​を​られる​と​みず​が​ほとばしり​た​の​で​ある。

22 ​すべて​この​こと​や、これ​より​も​さらに​だい​な​こと​を​おこなって​きた​に​も​かかわらず、『あくにん​に​は​平安へいあん​が​ない』​と​しゅ​は​われる。」