ニーファイ第一書20
戻る 次へ


第20章

しゅはイスラエルにぶんもくてきしめされる。なんなかえらばれたイスラエルは,バビロンからる。イザヤしょだい四十八しょうかくげんぜんやく五百八十八ねんから五百七十ねんいたる。

1 「イスラエルというばれ,ユダのみずから,すなわちバプテスマみずからて,しゅによってちかい,イスラエルのかみのことをくちにしながらしんじつをもってちかわず,をもってもちかわないヤコブのいえよ,みみかたむけてこれをけ。

2 しかしかれらは,みずかせいなるみやこものであるといながら,ばんぐんしゅであるイスラエルのかみとどまることをしない。まことに,ばんぐんしゅとはしゅである。

3 よ,わたしは,さきにあったことをはじめかららせてきた。それらはわたしのくちから,わたしはそれらをしめした。わたしはにわかにそれらをしめしたのである。

4 わたしがそれをおこなったのは,あなたごうじょうで,あなたのくびてつすじであり,あなたのひたいしんちゅうであることをっていたからである。

5 そこでわたしは,まさにはじめからあなたにらせてきた。それがこるにさきって,それらをあなたにしめした。それらのことをしめしたのは,「わたしのぐうぞうがそれらのことをした。わたしのちょうぞうとわたしのちゅうぞうがそれらのことをめいじた」とあなたがうことのないようにするためである。

6 あなたはこのことをすべてきしてきた。それでもあなたは,それらのことをらせずにおくだろうか。これからわたしがしめあたらしいこと,かくされていたことさえも,らせずにおくだろうか。それらはあなたのらなかったことである。

7 それらのことは,いまつくられたのであって,はじめからあったのではない。あなたがそれらのことをまえから,それらのことはらされていた。それは,「よ,わたしはそれらをっている」とあなたがうことのないようにするためである。

8 まことに,あなたはかなかった。まことに,あなたはらなかった。まことに,あのときからあなたのみみひらかれなかった。それはあなたがひどくしんじつで,またまれながらにしてそむものばれたことをっていたからである。

9 にもかかわらず,わたしはわたしののためにいかりをばし,わたしのほまれのためにみずからをせいして,あなたをつことをしない。

10 よ,わたしはあなたをせいれんし,なんなかであなたをえらんだからである。

11 わたししんのために,まことにわたししんのためにわたしはこのことをおこなう。それは,わたしはわたしのけがされるのをゆるさず,またわたしのえいこうほかのものあたえようとはおもわないからである。

12 おお,ヤコブよ,わたしがしたイスラエルよ,わたしにしたがえ。わたしはかみである。わたしははじであり,またわりである。

13 わたしのもとい,わたしのみぎてんはかった。わたしがてんぶと,てんはともにつ。』

14 あなたがたすべてのものよ,みなあつまってけ。かれらのなかでこれらのことをかれらにべたのはだれか。そのひとしゅあいされた。まことに,そのひとは,かれらをとおしてらせてきたみずからのことじょうじゅし,そののぞむままをバビロンおこない,そのうでをカルデヤびとのうえにくだす。

15 しゅはまた,『しゅであるわたし,まことにわたしがかたった。まことに,わたしはらせるためにそのひとし,そのひとれてた。かれみずからのみちさかえさせるであろう』とわれる。

16 わたしにちかづけ。わたしはひそかにかたったことはない。はじめから,それがらされたときからわたしはかたってきた。そして,しゅなるかみしゅたまがわたしをつかわされた。

17 あなたのあがなぬし,イスラエルのせいじゃなるしゅはこのようにわれる。『わたしがそのひとつかわした。あなたのえきとなるようにおしえ,あなたをそのくべきみちみちびしゅなるあなたのかみがこれをおこなった。

18 おお,あなたはわたしのいまししたがったらよかったものを。そうすればあなたのへいあんかわのようで,またあなたのうみなみのようであったであろう。

19 またあなたのそんすなのようであったであろう。あなたのはらからまれるすなつぶのようにおおくなり,そのはわたしのまえからたれることも,ほろぼされることもなかったであろう。』

20 バビロンから。カルデヤからのがれよ。あなたがたはうたごえをもってべ,これをつたえ,てにいたるまでらせよ。すなわち,『しゅはそのしもべヤコブをあがなわれた』とえ。

21 かれらはかわことがなかった。しゅかれらをみちびいてばくかせ,かれらのためにいわからみずをわきさせられた。いわられるとみずがほとばしりたのである。

22 すべてこのことや,これよりもさらにだいなことをおこなってきたにもかかわらず,『あくにんにはへいあんがない』としゅわれる。」