ニーファイ第一書 18
    脚注

    第​18​章

    ふね​が​完成かんせい​する。ヤコブ​と​ヨセフ​の​誕生たんじょう​が​べられる。いっこうやくそく​の​​に​かって​しゅっぱつ​する。イシマエル​の​むす​たち​と​その​つま​たち、からさわぎ​と​反逆はんぎゃく​に​くわわる。ニーファイ​は​しばられ、ふね​は​すさまじい​ぼうふう​で​き​もどされる。はなされた​ニーファイ​が​いのる​と、あらし​が​しずまる。いっこうやくそく​の​​に​く。げんぜんやく​五百九十一​ねん​から​五百八十九​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、あに​たち​は​しゅ​を​はいして、わたし​と​ともに​かけた。そして​わたしたち​は、材木ざいもく​を​にゅうねん​な​つくり​に​こしらえた。しゅ​は​船材せんざい​を​どの​よう​に​こしらえる​か​を、わたし​に​度々たびたびしめして​くださった。

    2 ​また​わたし​ニーファイ​は、ひと​が​まなんだ​ほうほう​で​材木ざいもく​を​さい​する​こと​も​なく、ふね​も​ひと​の​ほうほう​で​つくらなかった。わたし​は、しゅ​が​わたし​に​せて​くださった​ほうほう​で​ふね​を​つくった。それで、それ​は​ひと​の​ほうほう​と​は​ちがって​いた。

    3 ​わたし​ニーファイ​は​度々たびたびやま​の​なか​へ​き、度々たびたびしゅ​に​いのった。それで、しゅ​は​わたし​に​おおいなる​こと​を​しめして​くださった。

    4 ​そして、わたし​が​しゅ​の​こと​に​したがって​ふね​を​つくり​げる​と、あに​たち​は​その​え​の​い​の​と、その​つくり​が​じょう​に​ごと​な​の​を​た。それで​あに​たち​は、ふたたび​しゅ​の​まえ​に​​へりくだった。

    5 ​さて、しゅ​の​こえ​が​わたし​の​ちち​に​こえ、わたしたち​は​がって​ふね​に​む​よう​に​われた。

    6 ​そして​その​くる​、わたしたち​は​しゅ​の​めい​に​したがい、​で​とった​おおく​の​​の​​や​にく、たくさん​の​蜂蜜はちみつ、その​ほか​の​食糧しょくりょう​など、すべて​の​もの​の​じゅん​を​えて​から、すべて​の​もつ​と​たね、また​各々おのおの​が​年齢ねんれい​に​おうじて​たずさえて​た​すべて​の​品物しなもの​を​って、ふね​に​んだ。わたしたち​は、さい​と​ともに​一同いちどう​が​ふね​に​んだ​の​で​ある。

    7 ​ところで​ちち​は、​に​いた​あいだ​に​ふた​の​むす​を​もうけて​おり、あに​の​ほう​を​​ヤコブ、おとうと​の​ほう​を​​ヨセフ​と​いった。

    8 ​さて、わたしたち​は、めいじられた​食糧しょくりょう​と​品物しなもの​を​たずさえて、一同いちどうふね​に​り​える​と、う み​に​し、やくそく​の​​に​かって​かぜ​に​かれて​すすんだ。

    9 かぜ​に​かれて​おおく​の​​が​ぎた​ところ​で、よ、あに​たち​と​イシマエル​の​むす​たち、それに​その​つま​たち​は、かれて​おどり​うたい、おおく​の​ひん​な​はなし​を​はじめた。まことに、かれら​は、なんの​ちから​に​よって​ぶん​たち​が​そこ​まで​みちびかれて​た​の​か​も​わすれて​しまう​ほど​で、て​は​じょう​に​ひん​に​なって​しまった。

    10 ​それで​わたし​ニーファイ​は、ざいあく​の​ため​に​しゅ​が​いかって​わたしたち​を​らしめられ、その​ため​に、わたしたち​が​う み​の​ふかみ​に​のまれて​しまう​の​で​は​ない​か​と、じょう​に​おそれる​よう​に​なった。そこで​わたし​ニーファイ​は、あに​たち​に​しんけん​に​かたり​はじめた。しかし、かれら​は​わたし​に​はら​を​てて、「我々われわれ​は​おとうと​に​はい​されたくない」と​った。

    11 ​そして​レーマン​と​レムエル​は、わたし​を​らえて​なわ​で​しばり、なさけ​ようしゃ​なく​わたし​を​あつかった。それでも​しゅ​は、あくにん​たち​に​ついて​かねて​から​われて​いた​こと​を​じょうじゅ​して、ぶん​の​ちから​を​あらわす​ため​に、これ​を​​その​まま​に​して​おかれた。

    12 ​さて、かれら​が​わたし​を​しばって​うごけなく​して​しまう​と、しゅ​が​よう​された​しんばん​の​はたらき​が​まって​しまった。

    13 ​その​ため、かれら​は​どちら​へ​ふね​を​けて​よい​か​からず、そのうえ​おおきな​あらし、まことに​はげしく​すさまじい​ぼうふう​が​こり、わたしたち​は​みっかんう み​の​うえ​を​もと​た​ほう​へ​き​もどされた。かれら​は​う み​に​おぼれて​しまう​の​で​は​ない​か​と​じょう​に​おそれた​が、それでも​わたし​を​ゆう​に​して​は​くれなかった。

    14 ​そして、かぜ​に​き​もどされて​から​よっぼうふう​が​じょう​に​はげしく​なった。

    15 ​そこで​わたしたち​は、まさに​う み​の​ふかみ​に​のまれて​しまいそう​で​あった。そして​よっかんう み​の​うえ​を​き​もどされた​ところ​で、あに​たち​は​かみ​の​さばき​が​ぶん​たち​に​およんで​おり、ざいあく​を​あらため​なければ​ほろびて​しまう​に​ちがいない​こと​に​づき​はじめた。それで​かれら​は​わたし​の​もと​に​て、わたし​の​くび​を​しばって​いた​なわ​を​いた​が、よ、わたし​の​両方りょうほう​の​くび​は​おおきく​はれがり、両方りょうほう​の​足首あしくび​も​また​ひどく​はれて、その​いたみ​は​はげしかった。

    16 ​それでも​わたし​は​かみ​に​たより、一日いちにちじゅうかみ​を​さん​し、わたし​の​った​なん​の​こと​で​しゅ​に​たいして​つぶやく​こと​は​しなかった。

    17 ​ところで​ちち​リーハイ​は、かれら​に​おおく​の​こと​を​かたり、また​​イシマエル​の​むす​たち​に​も​かたった​が、よ、かれら​は、だれでも​わたし​の​ため​に​ひらき​を​する​ひと​に​たいして、ひどい​おどし​の​こと​を​いた。両親りょうしん​は​とし​も​って​いて、また​ども​たち​の​ため​に​ひどく​かなしい​​に​った​ので、とうとう​やまい​の​とこ​に​いて​しまった。

    18 両親りょうしん​は、ふかい​うれい​と​ひどい​かなしみ​と、あに​たち​の​ざいあく​の​ため​に、この​から​れ​られて​かみ​と​かお​を​わせる​ばかり​の​じょうたい​と​なった。まことに、かれら​の​しら​は、ほうむられて​​の​なか​に​ひくく​よこたわる​ばかり​で​あり、まことに​かなしく​も、ふた​が​おおう み​の​はか​に​まれる​の​は​ぢかい​こと​で​あった。

    19 ​ヤコブ​と​ヨセフ​も​おさなくて、十分じゅうぶん​な​栄養えいよう​を​ひつよう​と​して​いた​ので、はは​の​った​なん​の​こと​で​つらい​おもい​を​した。また、わたし​の​つま​や​ども​たち​も​なみだ​を​ながし、また​いのった​が、あに​たち​の​こころ​が​やわらいで​わたし​を​はなす​に​は​いたらなかった。

    20 あに​たち​を​ほろぼそう​と​おびやかした​かみ​の​ちから​の​ほか​に、かれら​の​こころ​を​やわらげる​こと​の​できる​もの​は​なにも​なかった。その​よう​な​わけ​で、あに​たち​は​ぶん​たち​が​まさに​う み​の​ふかみ​に​のまれよう​と​する​の​を​て、いままで​の​おこない​を​あらためて、わたし​を​はなした​の​で​あった。

    21 ​さて、あに​たち​が​わたし​を​はなした​ところ​で、よ、わたし​が​しんばん​を​​に​る​と、それ​は​わたし​が​のぞむ​よう​に​うごいた。そこで、わたし​は​しゅ​に​いのり​を​ささげた。いのり​える​と​かぜ​が​やみ、あらし​が​おさまり、きわめて​おだやか​に​なった。

    22 ​そこで​わたし​ニーファイ​は、ふね​の​かじ​を​り、ふたたび​やくそく​の​​に​かって​ふね​を​はしらせた。

    23 ​そして、いくにち​も​航海こうかい​した​のち、わたしたち​は​やくそく​の​​に​いた。そして​りく​に​がって​てんまく​を​り、そこ​を​やくそく​の​​と​けた。

    24 ​そして​わたしたち​は、​を​たがやして​たね​を​まき​はじめた。まことに、エルサレム​から​ってた​たね​を​すべて​​に​まいた。すると、この​たね​は​じょう​に​よく​そだった。そして、わたしたち​は​ゆたか​な​しゅくふく​を​けた。

    25 ​そして​わたしたち​は、​の​なか​を​たび​した​とき、この​やくそく​の​​に​は​もり​の​なか​に​あらゆる​けもの、すなわち​うし​と​うし、また​ろば​と​うま、やぎ​と​やぎ、その​ほか​ひと​の​やくつ​あらゆる​けもの​が​いる​の​を​った。また​わたしたち​は、きん​や​ぎん​や​どう​など、あらゆる​あらがね​も​つけた。