ニーファイ第一書 1
    脚注

    ニーファイだいしょ

    ニーファイ​の​とう​と​つと

    リーハイ​と​つま​サライア、および(ちょうなん​から​はじめて)レーマン、レムエル、サム、ニーファイ​と​ばれた​四​にん​の​むす​たち​の​はなし。リーハイ​が​たみ​に​かって​かれら​の​ざいあく​に​ついて​げん​を​し、たみ​が​その​リーハイ​の​いのち​を​うばおう​と​した​ので、しゅ​は​リーハイ​に​エルサレム​の​​を​る​よう​に​けいこく​される。リーハイ​は、ぞく​を​れて​​に​みっかん​の​たび​を​する。ニーファイ、あに​たち​を​ともない、ユダヤじん​の​ろく​を​​に​れる​ため​に​エルサレム​の​​に​もどる。いっこう​が​った​くるしみ​の​はなし。ニーファイ​と​あに​たち、イシマエル​の​むすめ​たち​を​つま​と​する。いっこう​は​ぞく​を​れて​​に​しゅっぱつ​する。​で​った​くるしみ​と​なんいっこう​の​たびいっこうおおう み​に​る。ニーファイ​の​あに​たち、ニーファイ​に​反抗はんこう​する。ニーファイ、あに​たち​を​い​せて​一せき​の​ふね​を​つくる。その​​を​バウンティフル​と​ける。いっこう​が​おおう み​を​わたって​やくそく​の​​に​く​こと​など。これ​は​すべて、ニーファイ​が​しるす​ところ​に​よる。い​えれば、わたし​ニーファイ​が​この​ろく​を​しるした​の​で​ある。

    第​1​章

    ニーファイ、ぶん​の​たみ​に​ついて​ろく​を​はじめる。リーハイ、げん​の​なか​で​​の​はしら​を​​に​し、また​げん​の​しょ​を​む。リーハイ、かみ​を​ほめ​たたえ、メシヤ​の​らいりん​を​こく​し、エルサレム​の​めつぼう​を​げん​する。リーハイ、ユダヤじん​に​はくがい​される。げんぜんやく​六百​ねん

    1 ​わたし​​ニーファイ​は​い​両親りょうしん​から​まれた​ので、ちち​が​まなんだ​すべて​の​こと​の​なか​から​いくらか​の​おしえ​を​けた。わたし​は​これまで​の​人生じんせい​で​おおく​の​なん​に​った​が、まれて​このかた​しゅ​の​あつい​めぐみ​を​け、まことに​かみ​の​いつくしみ​と​おく​を​ふかく​った。そこで、まれて​から​これまで​の​あいだ​に​おこなって​きた​こと​を​ろく​する。

    2 ​まことに​わたし​は​ちち​の​こと​で​ろく​する​が、それ​は、ユダヤじん​が​まなんで​きた​こと​と​エジプト​じん​の​こと​から​って​いる。

    3 ​わたし​は、ぶん​の​く​ろく​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​いる。わたし​は​これ​を​ぶん​の​​で​き、ぶん​の​って​いる​こと​に​したがって​く。

    4 ​さて、ユダ​の​おう​ゼデキヤ​の​とうだい一​ねん​の​はじめ​に(ちち​リーハイ​は​まれて​このかた​​エルサレム​に​んで​いた)、その​おなじ​とし​に​おおく​の​げんしゃ​が​あらわれて、たみ​に​かい、あらため​なければ​おおきな​みやこ​の​​エルサレム​は​ほろぼされる​に​ちがいない​と​げん​した。

    5 ​さて、ちち​リーハイ​は、て​って​たみ​の​ため​に​まことに​一心いっしん​に​しゅ​に​いのった。

    6 ​そして、いのって​いた​とき​に、​の​はしら​が​あらわれて、ちち​の​まえ​に​ある​いわ​の​うえ​に​とどまった。そして​ちち​は、おおく​の​こと​を​たり​いたり​した。ちち​は​これら​の​たり​いたり​した​こと​の​ため​に、ひどく​ふるえ​おののいた。

    7 ​さて、ちち​は​エルサレム​に​ある​ぶん​の​いえ​に​かえって​た​が、たま​と​ぶん​が​た​もの​に​あっとう​され、とこ​に​して​しまった。

    8 ​この​よう​に​たま​に​あっとう​されて​いた​とき、ちち​は​げん​に​まれ、まことに​てん​が​ひらく​の​を​た。また​ちち​は、かみ​が​​に​き、しん​を​さん​し​ほめ​たたえる​よう​で​れ​あつまる、すう​の​てん使​たち​に​かこまれて​おられる​の​を​た​おもい​が​した。

    9 ​そして​ちち​は、てん​の​なか​から​りて​られる​ひと​の​かた​を​た​が、その​かがやき​は​ひる​の​太陽たいよう​の​かがやき​に​も​まさる​もの​で​あった。

    10 ​また​ちち​は、この​ほか​に​この​かた​に​したがう​​十二​にん​の​ひと​も​た​が、その​あかるさ​は​おおぞら​に​かがやく​ほし​の​あかるさ​を​しのいで​いた。

    11 ​そして、この​ひと​たち​は​てん​から​りて​て​​の​おもて​を​すすんで​った。やがて​さいしょ​の​ひと​が​ちち​の​まえ​に​て​ち、一つ​の​しょもつ​を​わたして​む​よう​に​った。

    12 ​そこで​その​しょもつ​を​む​と、ちち​は​しゅ​の​たま​に​たされた。

    13 ちち​は​こえ​に​して​んだ。「わざわい​で​ある。エルサレム​は​わざわい​で​ある。わたし​は​あなた​の​まわしい​おこない​を​た​から​で​ある。」そして​ちち​は、​エルサレム​に​ついて​おおく​の​こと​を​んだ​が、それ​は​エルサレム​が​ほろぼされ、その​​に​む​もの​も​ほろぼされ、おおく​が​つるぎ​で​ころされ、おおく​が​とらわれ​の​​と​なって​バビロン​へ​れ​られる​と​いう​こと​で​あった。

    14 ​さて、ちち​は​おおく​の​おおいなる​おどろく​べき​こと​を​んだり​たり​した​のちしゅ​に​かい、「おお、ぜんのう​の​しゅ​なる​かみ​よ、あなた​の​わざ​は​なんと​だい​で​おどろく​べき​もの​でしょう。あなた​の​​は​たかく​てん​に​あって、あなた​の​ちから​と​いつくしみ​と​あわれみ​は​​に​む​すべて​の​もの​に​およんで​います。あなた​は​あわれみ​ぶかい​かた​ですから、​あなた​の​みもと​に​る​もの​が​ほろびる​の​を​ゆるされ​ません」など​と、大声おおごえ​で​おおく​の​こと​を​さけんで​った。

    15 ​この​よう​な​こと​で​かみ​を​ほめ​たたえた​の​は、ちち​が​た​こと、すなわち​しゅ​が​ちち​に​しめされた​こと​で​ちち​が​こころ​から​よろこび、まことに​むね​が​いっぱい​に​なった​から​で​ある。

    16 ​ところで、わたし​ニーファイ​は、ちち​が​しるした​こと​を​のこらず​べる​こと​は​しない。それ​は、ちち​が​げん​や​ゆめ​で​た​こと​を​たくさん​しるして​おり、また​ども​たち​に​げん​を​したり​かたったり​した​こと​も​たくさん​しるして​いる​から​で​あって、わたし​は​その​こと​に​ついて​のこらず​べる​つもり​は​ない。

    17 ​そう​で​は​なく、わたし​は​まれて​から​これまで​の​あいだ​に​ぶん​が​おこなって​きた​こと​を​べる。よ、わたし​は​ぶん​の​​で​つくった​はん​に​ちち​の​ろく​を​みじかく​まとめる。そして​ちち​の​ろく​を​みじかく​まとめて​から、つぎ​に​わたし​の​生涯しょうがい​に​ついて​べる​つもり​で​ある。

    18 ​さて、あなたがた​に​って​いて​もらいたい​と​おもう​こと​が​ある。すなわち、しゅ​が​ちち​リーハイ​に、じょう​に​おおく​の​おどろく​べき​こと、まことに​エルサレム​の​めつぼう​に​ついて​しめされて​から、よ、ちち​は​たみ​の​なか​に​て​って、ぶん​が​さき​に​たり​いたり​した​こと​に​ついて​げん​し、また​げ​らせ​はじめた。

    19 ​さて、ユダヤじん​は、ちち​が​かれら​に​ついて​あかし​を​した​こと​の​ため​に​ちち​を​​あざわらった。ちち​が、ユダヤじん​の​あく​と​かれら​の​まわしい​おこない​に​ついて、ありのまま​に​あかし​した​から​で​あり、ぶん​が​き​した​こと​や、あの​しょもつ​で​んだ​こと​が、​メシヤ​の​らいりん​と​​の​あがない​を​はっきり​あらわして​いる​と、あかし​した​から​で​ある。

    20 ​ユダヤじん​は、これら​の​こと​を​いて​ちち​に​はら​を​てた。まことに、かれら​が​むかし​の​げんしゃ​に​はら​を​てた​の​と​どうよう​で​ある。かれら​は​げんしゃ​を​し、いし​を​げつけ、ころして​しまった。そして、いま​また​かれら​は​ちち​の​いのち​を​ねらい、ころして​しまおう​と​した​の​で​ある。しかし​よ、しゅ​の​ふかい​あわれみ​は、しんこう​が​ある​ため​に​しゅ​から​えらばれた​すべて​の​もの​の​うえ​に​および、この​ひと​たち​を​つよく​して​みずから​を​かいほう​する​ちから​さえ​あたえる​こと​を、わたし​ニーファイ​は​あなたがた​に​しめそう。