ニーファイ第一書9
戻る 次へ


第9章

ニーファイ,ふたくみろくつくる。どちらもニーファイのはんばれる。おおきいほうはんにはぞくれきっており,ちいさいほうはんには,おもにしんせいことがらげられている。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 これらのことはすべて,ちちレムエルのたにてんまくってんでいたときにきし,はなしてくれたことである。ちちはまた,このはんしるせないもっとおおくのこともきし,はなしてくれた。

2 ところで,このはんについてまえべたように,よ,これはわたしのたみれきのこらずべるはんではけっしてない。わたしのたみについてのこらずべるはんには,ニーファイというけておいた。したがって,それはわたしのにちなんでニーファイのはんぶが,このはんもまたニーファイのはんぶ。

3 にもかかわらず,わたしは,たみたいするつとについてのはなしきざむというとくべつもくてきのためにこのはんつくるように,しゅからめいれいけた。

4 ほかのはんには,もろもろのおうとうと,わたしのたみせんそうあらそいにかんするはなしきざむことになっている。したがって,このはんはおおよそがたみたいするつとめについてであり,ほかのはんはおおよそがもろもろのおうとうと,わたしのたみせんそうあらそいについてのものである。

5 さて,しゅはあるけんめいもくてきのために,わたしにこのはんつくるようにめいじられたが,そのもくてきはわたしにはからない。

6 しかし,しゅはじめからすべてのことをぞんである。したがって,ひとらのなかしんのすべてのわざじょうじゅするために,あるほうほうそなえておられる。それはよ,しゅぶんのすべてのことじょうじゅするいっさいけんっておられるからである。まことにそのとおりである。アーメン。