モーセ​の​律法
    脚注

    モーセ​の​律法

    神​は​モーセ​を​通して​イスラエル​の​家​に​律法​を​お​授け​に​なった​が,それ​は​彼ら​が​従う​こと​の​できなかった​より​高度​な​律法​に​代えて​与えられた​もの​で​あった(出エ​34章JS​出エ​34:1-2JS​申命​10:2)。モーセ​の​律法​は,人々​に​義務​と​責任​を​思い起こさせる​ため​の​多く​の​原則​や​規則,祭儀,象徴​から​成って​いた。それ​は,道徳的,かつ​倫理的,宗教​的,肉体的​な​戒め​と​勤め​を​伴う​律法​を​含む​もの​で​あり,神​と​神​へ​の​義務​を​民​に​思い起こさせる​こと(モサ 13:30)を​目的​と​した​様々​な​犠牲(レビ​1-7章)を​伴って​いた。また,十戒​や​倫理的​かつ​道徳的​に​大きな​価値​の​ある​他​の​多く​の​戒め​と​同じ​よう​に,信仰​と​悔い改め,水​に​よる​バプテスマ,罪​の​ゆるし​も​その​律法​の​一部​で​あった。祭儀​的​律法​の​多く​は,血​を​流す​犠牲​を​終わらせた​イエス・キリスト​の​死​と​復活​に​よって​成就​した(アル 34:13-14)。モーセ​の​律法​は​アロン​神権​の​下​に​執行​された。また​それ​は,従う​人々​を​キリスト​に​導く​備え​の​福音​で​あった。