ヨハネ(ゼベダイ​の​子)
    脚注
    Theme

    ヨハネ(ゼベダイ​の​子)

    『新約​聖書』の​中​の​十二使徒​の​一人。ゼベダイ​の​子​で,ヤコブ​の​兄弟。初め​は​漁師​で​あった(マコ​1:17-20)。ヨハネ​1:40​に​出て​くる​名前​の​分からない​バプテスマ​の​ヨハネ​の​弟子​は,この​ヨハネ​と​思われる。後​に​イエス・キリスト​の​弟子​と​なる​召し​を​受けた(マタ​4:21-22;​ルカ​5:1-11)。ヨハネによる福音書​と​3つ​の​手紙,それに​黙示録​は,彼​の​手​に​よる​もの​で​ある。彼​は,ヤイロ​の​娘​の​侮蔑ぶべつマコ​5:35-42),変貌へんぼう​の​山(マタ​17:1-9),ゲツセマネ(マタ​26:36-46)に​イエス​と​ともに​いた​3人​の​弟子​の​一人​で​ある。ヨハネ​は​自ら​の​記録​の​中​で​自分自身​を,イエス​の​愛された​者(ヨハ​13:23;​21:20),また「もう​ひとり​の​弟子」(ヨハ​20:2-8)と​述べて​いる。また​イエス​は,ヨハネ​と​その​兄弟​を​ボアネルゲ,すなわち「雷​の​子」(マコ​3:17)と​呼ばれた。十字架​の​刑​と​復活​に​関する​記述​の​中​には,ヨハネ​に​ついて​の​言及​が​数​多く​見受けられる(ルカ​22:8;​ヨハ​18:15;​19:26-27;​20:2-8;​21:1-2)。ヨハネ​は​後​に​パトモス島​に​流刑​に​なり,そこ​で​黙示録​を​書いた(黙示​1:9)。

    ヨハネ​の​名​は,末日​の​啓示​の​中​で​何度​も​述べられて​いる(1ニフ 14:18-273ニフ 28:6エテ 4:16教義 7章27:1261:1477章88:141)。これら​の​聖句​は,『聖書』の​ヨハネ​の​記録​を​確認​する​と​ともに,彼​が​新約​の​時代​と​終わり​の​時​に​地上​で​なす​よう​に​主​から​託された​業​の​重要​性​と,彼​自身​の​偉大さ​に​ついて​も​理解​を​与えて​くれる。末日​の​聖典​は,ヨハネ​が​死んで​おらず,主​の​再臨​の​時​まで​仕える​天使​として​地上​に​とどまる​の​を​許された​こと​を​明らか​に​して​いる(ヨハ​21:20-233ニフ 28:6-7教義 7章)。

    ヨハネ​の​手紙

    この​3つ​の​手紙​の​著者​は​自分自身​の​名前​を​挙げて​いない​が,言葉遣い​が​使徒​ヨハネ​と​非常に​よく​似て​いる​ため​に,ヨハネ​に​よって​書かれた​と​推測​されて​いる。

    第一​の​手紙​の​第 1章​は,神​と​の​交わり​に​あずかる​よう​に​と​の​聖徒​へ​の​勧告​で​ある。第 2章​は,聖徒​が​神​を​知る​の​は​従順​に​よる​こと​を​強調​し,世​を​愛さない​よう​に​と​教えて​いる。第 3章​は,すべて​の​人​に​対して,神​の​子​と​なり,互い​に​愛し​合う​よう​に​呼びかけて​いる。第 4章​で​は,神​は​愛​で​あり,御​自身​を​愛する​者​の​中​に​住まわれる​こと​が​説かれて​いる。また​第 5章​で​は,聖徒​と​は​キリスト​を​信じる​こと​に​よって​神​から​生まれた​者​で​ある​こと​が​説かれて​いる。

    第二​の​手紙​は​第一​の​手紙​と​よく​似て​いる。ヨハネ​は​この​手紙​の​中​で,「選ばれた​婦人」の​子供​たち​が​従順​で​ある​こと​に​喜び​を​表して​いる。

    第三​の​手紙​で​は,忠実さ​と,真理​を​愛する​人々​を​助けた​こと​に​ついて,ガイオ​と​いう​人物​を​たたえて​いる。

    ヨハネによる福音書

    『新約​聖書』の​この​書​の​中​で,使徒​ヨハネ​は​以下​の​事柄​をあかしして​いる。(1)イエス​は​キリスト,すなわち​メシヤ​で​ある。(2)イエス​は​神​の​御子​で​ある(ヨハ​20:31)。ヨハネ​は​この​目的​を​念頭​に​置いて,イエス​の​生涯​の​中​の​様々​な​出来事​を​慎重​に​選び,配列​した。この​書​は,キリスト​は​神​と​ともに​あり,神​で​あり,万物​の​創造主​で​あった,と​いう​前世​に​おける​キリスト​の​状態​に​ついて​の​言葉​で​始まる。キリスト​は​御父​の​独り子​として​肉体​を​もって​お​生まれ​に​なった。ヨハネ​は​イエス​の​神性​と​死者​の​中​から​の​復活​を​特に​強調​しながら,イエス​の​働き​の​跡​を​たどった。ヨハネ​は,奇跡​やあかし,預言者​の​言葉,キリスト​御​自身​の​声​を​証拠​として,イエス​が​神​の​御子​で​ある​と​断言​して​いる。また​ヨハネ​は,光​と​やみ,真理​と​誤り,善​と​悪,神​と​悪魔​を​対比​しながら​教えて​いる。イエス​の​きよさ​と​支配​階級​の​ユダヤ人​の​不​信仰​を​これほど​分かり​やすく​述べた​記録​は,ほか​に​ない​で​あろう。

    マタイ​や​マルコ,ルカ​が​ガリラヤ​に​おける​キリスト​の​働き​に​重き​を​置いて​書いて​いる​の​に​対し,ヨハネ​は​ユダヤ​に​おける​働き,特に​この世​で​過ごされた​最後​の​週​に​重き​を​置いて​いる。この​福音書​に​記録​されて​いる​幾つか​の​こと​が,末日​の​啓示​の​中​で​明確​に​された(教義 7章88:138-141)。

    各章​の​概要​に​ついて​は,「福音書」の​項​を​参照。

    黙示録