学習ヘルプ
十字架の刑
戻る 次へ

十字架の刑

新約の時代に広く行われたローマの死刑執行法。この刑を受ける者は,手足を十字架に縛り付けられるか,くぎを打ち付けられるかして殺された。普通この刑は,奴隷や重罪人に対してのみ行われた。多くの場合,十字架につけられる前にむち打ちの刑が執行された(マコ15:15)。この刑を受ける者は通常,自分で十字架を刑場まで運ばされた(ヨハ19:16-17)。またその衣服は,刑を執行する兵士のものとなった(マタ27:35)。十字架は,受刑者の足が地上からわずか30ないし60cmの高さになるように,地中に打ち立てられた。また,受刑者が息を引き取るまで,兵士は十字架を見張った。絶命まで3日かかることもあった(ヨハ19:31-37)。

イエス・キリストが十字架につけられたのは,カイザルへの反逆の罪と,自らを神の子と唱えるぼうとくの罪を犯したという,不信者たちの偽証のためであった。イエスは紫の上着を着せられ(ヨハ19:2),またいばらの冠をかぶせられて,ほかにも様々な辱めを受けられた(マタ26:67マコ14:65)。