パウロ​の​手紙
    脚注
    Theme

    パウロ​の​手紙

    『新約​聖書』の​中​の​14​書。使徒​パウロ​が​教会員​に​あてて​書いた​手紙​で,次​の​よう​に​分類​できる。

    テサロニケ人への第一・第二​の​手紙(紀元​50-51​年)

    パウロ​は​2​回​目​の​伝道​の​旅​で,コリント​から​テサロニケ人​に​あてて​この​手紙​を​書いた。テサロニケ​で​の​パウロ​の​働き​に​ついて​は,使徒​17章​に​述べられて​いる。パウロ​は​テサロニケ​へ​帰る​こと​を​望んだ​が,そう​できなかった(1テサ​2:18)。そこで​パウロ​は​改宗​者​を​励まし,彼ら​の​近況​を​知る​ため​に​テモテ​を​派遣​した。第一​の​手紙​は,テモテ​が​帰って​直ちに​書かれた​パウロ​の​感謝​の​気持ち​で​ある。第二​の​手紙​は​その​少し​後​に​書かれた。

    コリント人への第一・第二​の​手紙,ガラテヤ人への手紙,ローマ人への手紙(紀元​55-57​年)

    コリント人への第一・第二​の​手紙​は,パウロ​が​3​回​目​の​伝道​の​旅​の​とき​に​書いた​もの​で,コリント​の​聖徒​の​疑問​に​答え,また​彼ら​の​中​に​あった​無​秩序​を​正そう​と​した​もの​で​ある。

    ガラテヤ人への手紙​は,ガラテヤ​一帯​の​諸​教会​に​あてて​書き​送った​もの​と​思われる。教会員​の​中​には,ユダヤ教​の​律法​に​固執​して​福音​を​捨てる​者​が​いた。この​手紙​の​中​で​パウロ​は,モーセ​の​律法​の​目的​と,霊的​な​教え​の​大切さ​を​説明​した。

    ローマ人への手紙​は,パウロ​が​コリント​から​書き​送った​もの​で​ある。パウロ​は​ローマ​の​聖徒​たち​の​もと​を​訪れたい​と​望んで​いた​が,聖徒​たち​を​それ​に​備え​させる​の​が​この​手紙​の​目的​の​一つ​で​あった。また​この​手紙​は,キリスト教​に​改宗​した​一部​の​ユダヤ人​たち​が​疑い​を​もって​論じて​いた​幾つか​の​教義​に​ついて​再​確認​して​いる。

    ピリピ人への手紙,コロサイ人への手紙,エペソ人への手紙,ピレモンへの手紙,ヘブル人への手紙(紀元​60-62​年)

    パウロ​は,ローマ​で​の​最初​の​獄中​生活​の​とき​に​これら​の​手紙​を​書いた。

    ピリピ人への手紙​は​おもに,パウロ​が​ピリピ​の​聖徒​たち​に​感謝​と​愛​の​気持ち​を​伝え,長期​に​わたる​自分​の​投獄​の​こと​で​悲しむ​彼ら​に​慰め​を​与える​ため​に​書き​送った​もの​で​ある。

    コロサイ人への手紙​は,コロサイ​の​聖徒​たち​が​重大​な​過ち​に​陥って​いる​と​いう​報告​を​受けて​パウロ​が​書いた​もの​で​ある。彼ら​は,キリスト​の​よう​な​人格​を​伸ばす​こと​より​も,むしろ​外形​的​な​儀式​に​厳格​に​従う​こと​に​よって​完全​に​なれる​と​信じて​いた。

    エペソ人への手紙​は,キリスト​の​教会​に​関する​パウロ​の​教え​が​書かれて​いる​と​いう​点​で​非常に​重要​で​ある。

    ピレモンへの手紙​は,主人​ピレモン​の​もの​を​盗んで​ローマ​へ​逃亡​した​奴隷​オネシモ​に​ついて​の​個人的​な​手紙​で​ある。パウロ​は,オネシモ​を​ゆるす​よう​に​と​の​手紙​を​添えて,彼​を​主人​の​もと​に​送り​返した。

    ヘブル人への手紙​は,モーセ​の​律法​が​キリスト​に​あって​成就​し,それ​に​換えて​キリスト​の​福音​の​律法​が​与えられた​こと​を,ユダヤ人​教会員​に​理解​させる​ため​に,パウロ​が​書いた​もの​で​ある。

    テモテへの第一・第二​の​手紙,テトスへの手紙(紀元​64-65​年)

    パウロ​は,ローマ​で​の​最初​の​獄中​生活​から​釈放​された​後​に,これら​の​手紙​を​書いた。

    パウロ​は​エペソ​まで​旅​を​して,様々​な​空論​が​はびこる​の​を​食い止める​ため​に​テモテ​を​エペソ​に​残し,自分​は​また​戻って​来る​つもり​で​いた。パウロ​が​テモテへの第一の手紙​を​書いた​の​は,マケドニア​から​と​思われる。その​目的​は,テモテ​に​義務​を​果たす​よう​勧め​励ます​こと​で​あった。

    テトスへの手紙​は,パウロ​が​釈放​期間​中​に​書いた​もの​で​ある。パウロ​は​テトス​が​働いて​いた​クレテ​を​訪ねた​可能性​が​ある。この​手紙​は​おもに,義​に​かなった​生活​と​教会​内​の​規律​に​ついて​述べて​いる。

    テモテへの第二の手紙​は,2度​目​の​獄中​生活​の​間,殉教​の​直前​に​書いた​もの​で​ある。この​手紙​には​パウロ​の​最後​の​言葉​が​書かれ,死​に​立ち向かう​彼​の​すばらしい​勇気​と​信頼​が​示されて​いる。