ガラテヤ人への手紙
    脚注
    Theme

    ガラテヤ人への手紙

    『新約​聖書』の​中​の​1​書。もともと​は​使徒​パウロ​が​ガラテヤ​一帯​の​聖徒​に​書き​送った​手紙​で​あった。この​手紙​の​主題​は,真​の​自由​は​イエス・キリスト​の​福音​に​従って​生活​する​こと​に​よって​のみ​得られる​と​いう​もの​で​ある。もし​聖徒​たち​が​モーセ​の​律法​の​遵守​を​主張​する​ユダヤ​主義​的​キリスト​教徒​の​教え​を​取り入れる​なら​ば,すでに​キリスト​の​中​に​見いだして​いた​自由​を​狭める​か,あるいは​失って​しまう​こと​に​なる。パウロ​は​この​手紙​の​中​で,使徒​として​の​自分​の​立場​を​明確​に​し,信仰​に​よる​義​の​教え​を​説き,霊的​な​教え​の​価値​を​断言​して​いる。

    パウロ​は​第 1-2章​で,ガラテヤ人​の​間​に​背教​が​起こって​いる​と​いう​知らせ​に​対して​遺憾​の​意​を​表し,使徒​の​中​に​おける​自分​の​立場​を​明らか​に​して​いる。第 3-4章​で​は,信仰​と​行い​に​ついて​の​教義​を​論じて​いる。第 5-6章​には,信仰​に​ついて​の​教義​から​実際​に​どの​よう​な​成果​を​得られる​か​が​述べられて​いる。