ガラテヤ人への手紙1
    脚注
    Theme

    ガラテヤびとへの手紙てがみ

    第1章

    1 人々ひとびとからでもなく、ひとによってでもなく、イエス・キリストとかれ死人しにんなかからよみがえらせたちちなるかみとによっててられた使徒しとパウロ、

    2 ならびにわたしとともにいる兄弟きょうだいたち一同いちどうから、ガラテヤのしょ教会きょうかいへ。

    3 わたしたちのちちなるかみしゅイエス・キリストから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。

    4 キリストは、わたしたちのちちなるかみ御旨みむねしたがい、わたしたちをいまあくからすくそうとして、ご自身じしんをわたしたちのつみのためにささげられたのである。

    5 栄光えいこう世々よよかぎりなくかみにあるように、アァメン。

    6 あなたがたがこんなにもはやく、あなたがたをキリストのめぐみのうちへおまねきになったかたからはなれて、ちがった福音ふくいんちていくことが、わたしには不思議ふしぎでならない。

    7 それは福音ふくいんというべきものではなく、ただ、あるたね人々ひとびとがあなたがたをかきみだし、キリストの福音ふくいんげようとしているだけのことである。

    8 しかし、たといわたしたちであろうと、てんからの御使みつかいであろうと、わたしたちがつたえた福音ふくいんはんすることをあなたがたにつたえるなら、そのひとはのろわるべきである。

    9 わたしたちがまえっておいたように、いまわたしはかさねてう。もしあるひとが、あなたがたのけいれた福音ふくいんはんすることをつたえているなら、そのひとはのろわるべきである。

    10 いまわたしは、ひとよろこばれようとしているのか、それとも、かみよろこばれようとしているのか。あるいは、ひと歓心かんしんおうとつとめているのか。もし、いまもなおひと歓心かんしんおうとしているとすれば、わたしはキリストのしもべではあるまい。

    11 兄弟きょうだいたちよ。あなたがたに、はっきりっておく。わたしがつたえた福音ふくいん人間にんげんによるものではない。

    12 わたしは、それを人間にんげんからけたのでもおしえられたのでもなく、ただイエス・キリストの啓示けいじによったのである。

    13 ユダヤきょうしんじていたころのわたしの行動こうどうについては、あなたがたはすでによくいている。すなわち、わたしははげしくかみ教会きょうかい迫害はくがいし、またあらしまわっていた。

    14 そして、同国人どうこくじんなかでわたしと同年輩どうねんぱいおおくのものにまさってユダヤきょう精進しょうじんし、先祖せんぞたちの言伝いいつたえにたいして、だれよりもはるかに熱心ねっしんであった。

    15 ところが、はは胎内たいないにあるときからわたしをせいべつし、みめぐみをもってわたしをおしになったかたが、

    16 異邦人いほうじんあいだつたえさせるために、御子みこをわたしのうち啓示けいじしてくださったとき、わたしはただちに、血肉けつにく相談そうだんもせず、

    17 また先輩せんぱい使徒しとたちにうためにエルサレムにものぼらず、アラビヤにった。それからふたたびダマスコにかえった。

    18 そののちねんたってから、わたしはケパをたずねてエルサレムにのぼり、かれのもとに十五日間にちかん滞在たいざいした。

    19 しかし、しゅ兄弟きょうだいヤコブ以外いがいには、ほかのどの使徒しとにもわなかった。

    20 ここにいていることは、かみのみまえでうが、けっしていつわりではない。

    21 そののち、わたしはシリヤとキリキヤとの地方ちほうった。

    22 しかし、キリストにあるユダヤのしょ教会きょうかいには、かおられていなかった。

    23 ただかれらは、「かつて自分じぶんたちを迫害はくがいしたものが、以前いぜんには撲滅ぼくめつしようとしていたその信仰しんこうを、いまつたえている」とき、

    24 わたしのことで、かみをほめたたえた。