聖典
ガラテヤ人への手紙2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第2章

1 そののち十四ねんたってから、わたしはバルナバと一緒いっしょに、テトスをもれて、ふたたびエルサレムにのぼった。

2 そこにのぼったのは、啓示けいじによってである。そして、わたしが異邦人いほうじんあいだつたえている福音ふくいんを、人々ひとびとしめし、「おもだったひとたち」には個人こじんてきしめした。それは、わたしがげんはしっており、またすでにはしってきたことが、むだにならないためである。

3 しかし、わたしがれていたテトスでさえ、ギリシヤじんであったのに、割礼かつれいをしいられなかった。

4 それは、しのんできたにせ兄弟きょうだいらがいたので——かれらがしのんできたのは、キリスト・イエスにあってっているわたしたちの自由じゆうをねらって、わたしたちを奴隷どれいにするためであった。

5 わたしたちは、福音ふくいん真理しんりがあなたがたのもとにつねにとどまっているように、瞬時しゅんじかれらの強要きょうよう屈服くっぷくしなかった。

6 そして、かの「おもだったひとたち」からは——かれらがどんなひとであったにしても、それは、わたしにはまった問題もんだいではない。かみひとへだてなさらないのだから——事実じじつ、かの「おもだったひとたち」は、わたしになにくわえることをしなかった。

7 それどころか、かれらは、ペテロが割礼かつれいものへの福音ふくいんをゆだねられているように、わたしには割礼かつれいものへの福音ふくいんがゆだねられていることをみとめ、

8 (というのは、ペテロにはたらきかけて割礼かつれいものへの使徒しとつとめにつかせたかたは、わたしにもはたらきかけて、異邦人いほうじんにつかわしてくださったからである)、

9 かつ、わたしにたまわっためぐみをって、はしらとしておもんじられているヤコブとケパとヨハネとは、わたしとバルナバとに、まじわりのべた。そこで、わたしたちは異邦人いほうじんき、かれらは割礼かつれいものくことになったのである。

10 ただ一つ、わたしたちがまずしい人々ひとびとをかえりみるようにとのことであったが、わたしはもとより、このことのためにもおおいにつとめてきたのである。

11 ところが、ケパがアンテオケにきたとき、かれ非難ひなんすべきことがあったので、わたしはめんとむかってかれをなじった。

12 というのは、ヤコブのもとからある人々ひとびとるまでは、かれ異邦人いほうじんしょくともにしていたのに、かれらがきてからは、割礼かつれいものどもをおそれ、しだいにいてはなれてったからである。

13 そして、ほかのユダヤじんたちもかれとも偽善ぎぜん行為こういをし、バルナバまでがそのような偽善ぎぜんきずりまれた。

14 かれらが福音ふくいん真理しんりしたがってまっすぐにあるいていないのをて、わたしは衆人しゅうじん面前めんぜんでケパにった、「あなたは、ユダヤじんであるのに、自分じぶん自身じしんはユダヤじんのように生活せいかつしないで、異邦人いほうじんのように生活せいかつしていながら、どうして異邦人いほうじんにユダヤじんのようになることをしいるのか」。

15 わたしたちはうまれながらのユダヤじんであって、異邦人いほうじんなる罪人つみびとではないが、

16 ひととされるのは律法りっぽうおこないによるのではなく、ただキリスト・イエスをしんじる信仰しんこうによることをみとめて、わたしたちもキリスト・イエスをしんじたのである。それは、律法りっぽうおこないによるのではなく、キリストをしんじる信仰しんこうによってとされるためである。なぜなら、律法りっぽうおこないによっては、だれひとりとされることがないからである。

17 しかし、キリストにあってとされることをもとめることによって、わたしたち自身じしん罪人つみびとであるとされるのなら、キリストはつみつかえるものなのであろうか。だんじてそうではない。

18 もしわたしが、いったんちこわしたものを、ふたたてるとすれば、それこそ、自分じぶん違反者いはんしゃであることを表明ひょうめいすることになる。

19 わたしは、かみきるために、律法りっぽうによって律法りっぽうんだ。わたしはキリストととも十字架じゅうじかにつけられた。

20 きているのは、もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちにきておられるのである。しかし、わたしがいまにくにあってきているのは、わたしをあいし、わたしのためにご自身じしんをささげられたかみ御子みこしんじる信仰しんこうによって、きているのである。

21 わたしは、かみめぐみをにはしない。もし、律法りっぽうによってられるとすれば、キリストのはむだであったことになる。