コリント人への手紙
    脚注
    Theme

    コリント人への手紙

    『新約​聖書』の​中​の​2​書。もともと​は​パウロ​が​コリント​の​聖徒​に,彼ら​の​中​に​見られる​無​秩序​を​正す​ため​に​書き​送った​手紙​で​あった。コリント人​は​道徳的​に​邪悪​な​社会​に​住んで​いた。

    コリント人への第一の手紙

    第 1章​には,パウロ​の​あいさつ​と​感謝​の​言葉​が​記されて​いる。第 2-6章​には​コリント人​の​過ち​を​たしなめる​パウロ​の​言葉,第 7-12章​には,幾つか​の​質問​に​対する​パウロ​の​答え​が​記されて​いる。第 13-15章​は,慈愛​や​霊的​な​賜物たまもの,復活​に​関連​した​内容​に​なって​いる。第 16章​には,信仰​を​強く​保つ​よう​に​と​の​パウロ​の​勧告​が​含まれて​いる。

    コリント人への第二の手紙

    第 1章​には,パウロ​の​あいさつ​と​感謝​の​言葉​が​記されて​いる。第 2章​には,テトス​へ​の​個人的​な​助言​が​含まれて​いる。第 3-7章​には,聖徒​と​指導​者​の​生活​に​おける​福音​の​力​が​採り上げられて​いる。第 8-9章​には,貧しい​人々​に​喜んで​与える​人​に​なる​よう​に​と​の​聖徒​へ​の​勧告​が​記されて​いる。第 10-12章​で​は,パウロ​が​使徒​として​の​自分​の​立場​を​明確​に​して​いる。第 13章​には,完全​に​なる​よう​に​と​の​勧告​が​記されて​いる。

    True