コリント人への第一の手紙16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 聖徒せいとたちへの献金けんきんについては、わたしはガラテヤのしょ教会きょうかいめいじておいたが、あなたがたもそのとおりにしなさい。

    2 しゅうはじめのごとに、あなたがたはそれぞれ、いくらでも収入しゅうにゅうおうじてもとにたくわえておき、わたしがいたときになってはじめてあつめることのないようにしなさい。

    3 わたしが到着とうちゃくしたら、あなたがたがえらんだ人々ひとびと手紙てがみをつけ、あなたがたのおくものたせて、エルサレムにおくすことにしよう。

    4 もしわたしもほうがよければ、一緒いっしょくことになろう。

    5 わたしは、マケドニヤを通過つうかしてから、あなたがたのところにくことになろう。マケドニヤは通過つうかするだけだが、

    6 あなたがたのところでは、たぶん滞在たいざいするようになり、あるいはふゆごすかもれない。そうなれば、わたしがどこへくにしても、あなたがたにおくってもらえるだろう。

    7 わたしはいま、あなたがたにたびのついでにうことはこのまない。もししゅのおゆるしがあれば、しばらくあなたがたのところ滞在たいざいしたいとのぞんでいる。

    8 しかし五旬節ごじゅんせつまでは、エペソに滞在たいざいするつもりだ。というのは、有力ゆうりょくはたらきのもんがわたしのためにおおきくひらかれているし、

    9 また敵対てきたいするものおおいからである。

    10 もしテモテがいたら、あなたがたのところ不安ふあんなしにごせるようにしてあげてほしい。かれはわたしと同様どうように、しゅのごようにあたっているのだから。

    11 だれもかれかろんじてはいけない。そして、わたしのところるように、どうかかれやすらかにおくしてほしい。わたしはかれ兄弟きょうだいたちと一緒いっしょるのをっている。

    12 兄弟きょうだいアポロについては、兄弟きょうだいたちと一緒いっしょにあなたがたのところくように、たびたびすすめてみた。しかしかれには、いま意志いしは、まったくない。適当てきとう機会きかいがあれば、くだろう。

    13 をさましていなさい。信仰しんこうちなさい。おとこらしく、つよくあってほしい。

    14 いっさいのことを、あいをもっておこないなさい。

    15 兄弟きょうだいたちよ。あなたがたにすすめる。あなたがたがっているように、ステパナのいえはアカヤの初穂はつほであって、かれらはをもって聖徒せいと奉仕ほうししてくれた。

    16 どうか、このような人々ひとびとと、またすべてかれらとともはたらともろうする人々ひとびととに、したがってほしい。

    17 わたしは、ステパナとポルトナトとアカイコとがきてくれたのをよろこんでいる。かれらはあなたがたのりないところたし、

    18 わたしのこころとあなたがたのこころとを、やすらかにしてくれた。こうした人々ひとびとは、おもんじなければならない。

    19 アジヤのしょ教会きょうかいから、あなたがたによろしく。アクラとプリスカとそのいえ教会きょうかいから、しゅにあってこころからよろしく。

    20 すべての兄弟きょうだいたちから、よろしく。あなたがたもたがいに、きよい接吻せっぷんをもってあいさつをかわしなさい。

    21 ここでパウロが、ずからあいさつをしるす。

    22 もししゅあいさないものがあれば、のろわれよ。マラナ・タ(われらのしゅよ、きたりませ)。

    23 しゅイエスのめぐみが、あなたがたとともにあるように。

    24 わたしのあいが、キリスト・イエスにあって、あなたがた一同いちどうともにあるように。