コリント人への第一の手紙14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 あいもとめなさい。また、れい賜物たまものを、ことに預言よげんすることを、熱心ねっしんもとめなさい。

    2 異言いげんかたものは、ひとにむかってかたるのではなく、かみにむかってかたるのである。それはだれにもわからない。かれはただ、れいによって奥義おくぎかたっているだけである。

    3 しかし預言よげんをするものは、ひとかたってそのとくたかめ、かれはげまし、なぐさめるのである。

    4 異言いげんかたもの自分じぶんだけのとくたかめるが、預言よげんをするもの教会きょうかいとくたかめる。

    5 わたしは実際じっさい、あなたがたがひとりのこらず異言いげんかたることをのぞむが、とく預言よげんをしてもらいたい。教会きょうかいとくたかめるように異言いげんかないかぎり、異言いげんかたものよりも、預言よげんをするものほうがまさっている。

    6 だから、兄弟きょうだいたちよ。たといわたしがあなたがたのところって異言いげんかたるとしても、啓示けいじ知識ちしき預言よげんおしえかをかたらなければ、あなたがたに、なんのやくつだろうか。

    7 また、ふえ立琴たてごとのような楽器がっきでも、もしそのおと変化へんかがなければ、なにいているのか、いているのか、どうしてることができようか。

    8 また、もしラッパがはっきりしたおとさないなら、だれが戦闘せんとう準備じゅんびをするだろうか。

    9 それと同様どうように、もしあなたがたが異言いげんではっきりしない言葉ことばかたれば、どうしてそのかたることがわかるだろうか。それでは、くうにむかってかたっていることになる。

    10 には多種たしゅ多様たよう言葉ことばがあるだろうが、意味いみのないものは一つもない。

    11 もしその言葉ことば意味いみがわからないなら、かたっているひとにとっては、わたしは異国人いこくじんであり、かたっているひとも、わたしにとっては異国人いこくじんである。

    12 だから、あなたがたも、れい賜物たまもの熱心ねっしんもとめている以上いじょうは、教会きょうかいとくたかめるために、それをゆたかにいただくようにはげむがよい。

    13 このようなわけであるから、異言いげんかたものは、自分じぶんでそれをくことができるようにいのりなさい。

    14 もしわたしが異言いげんをもっていのるなら、わたしのれいいのるが、知性ちせいむすばないからである。

    15 すると、どうしたらよいのか。わたしはれいいのるとともに、知性ちせいでもいのりろう。れいでさんびをうたうとともに、知性ちせいでもうたおう。

    16 そうでないと、もしあなたがれい祝福しゅくふく言葉ことばとなえても、初心者しょしんじゃせきにいるものは、あなたの感謝かんしゃたいして、どうしてアァメンとえようか。あなたがなにっているのか、かれにはつうじない。

    17 感謝かんしゃするのは結構けっこうだが、それで、ほかのひととくたかめることにはならない。

    18 わたしは、あなたがたのうちのだれよりもおお異言いげんかたれることを、かみ感謝かんしゃする。

    19 しかし教会きょうかいでは、一万の言葉ことば異言いげんかたるよりも、ほかのひとたちをもおしえるために、むしろ五つの言葉ことば知性ちせいによってかたほうねがわしい。

    20 兄弟きょうだいたちよ。ものかんがえかたでは、子供こどもとなってはいけない。悪事あくじについてはおさとなるのはよいが、かんがえかたでは、おとなとなりなさい。

    21 律法りっぽうにこういてある、「わたしは、異国いこくした異国いこくのくちびるとで、このたみかたるが、それでも、かれらはわたしにみみかたむけない、としゅおおせになる」。

    22 このように、異言いげん信者しんじゃのためではなく未信者みしんじゃのためのしるしであるが、預言よげん未信者みしんじゃのためではなく信者しんじゃのためのしるしである。

    23 もしぜん教会きょうかい一緒いっしょあつまって、全員ぜんいん異言いげんかたっているところに、初心者しょしんじゃ不信者ふしんじゃかがはいってきたら、かれらはあなたがたを気違きちがいだとうだろう。

    24 しかし、全員ぜんいん預言よげんをしているところに、不信者ふしんじゃ初心者しょしんじゃがはいってきたら、かれ良心りょうしんはみんなのものめられ、みんなのものにさばかれ、

    25 そのこころ秘密ひみつがあばかれ、その結果けっか、ひれしてかみおがみ、「まことに、かみがあなたがたのうちにいます」と告白こくはくするにいたるであろう。

    26 すると、兄弟きょうだいたちよ。どうしたらよいのか。あなたがたが一緒いっしょあつまるとき各自かくじはさんびをうたい、おしえをなし、啓示けいじげ、異言いげんかたり、それをくのであるが、すべてはとくたかめるためにすべきである。

    27 もし異言いげんかたものがあれば、ふたりか、おおくて三にんものが、順々じゅんじゅんかたり、そして、ひとりがそれをくべきである。

    28 もしものがいないときには、教会きょうかいではだまっていて、自分じぶんたいしまたかみたいしてかたっているべきである。

    29 預言よげんをするもの場合ばあいにも、ふたりか三にんかがかたり、ほかのものはそれを吟味ぎんみすべきである。

    30 しかし、せきにいるもの啓示けいじけた場合ばあいには、はじめのものだまるがよい。

    31 あなたがたは、みんながまなびみんながすすめをけるために、ひとりずつのこらず預言よげんをすることができるのだから。

    32 かつ、預言者よげんしゃれい預言者よげんしゃ服従ふくじゅうするものである。

    33 かみ秩序ちつじょかみではなく、平和へいわかみである。聖徒せいとたちのすべての教会きょうかいおこなわれているように、

    34 婦人ふじんたちは教会きょうかいではだまっていなければならない。かれらはかたることがゆるされていない。だから、律法りっぽうめいじているように、服従ふくじゅうすべきである。

    35 もしなにまなびたいことがあれば、いえ自分じぶんおっとたずねるがよい。教会きょうかいかたるのは、婦人ふじんにとってはずべきことである。

    36 それとも、かみことばはあなたがたのところからたのか。あるいは、あなたがただけにきたのか。

    37 もしあるひとが、自分じぶん預言者よげんしゃれいひとであるとおもっているなら、わたしがあなたがたにいていることは、しゅ命令めいれいだとみとめるべきである。

    38 もしそれを無視むしするものがあれば、そのひともまた無視むしされる。

    39 わたしの兄弟きょうだいたちよ。このようなわけだから、預言よげんすることを熱心ねっしんもとめなさい。また、異言いげんかたることをさまたげてはならない。

    40 しかし、すべてのことを適宜てきぎに、かつ秩序ちつじょただしておこなうがよい。