コリント人への第一の手紙9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 わたしは自由じゆうものではないか。使徒しとではないか。わたしたちのしゅイエスをたではないか。あなたがたは、しゅにあるわたしのはたらきのではないか。

    2 わたしは、ほかのひとたいしては使徒しとでないとしても、あなたがたには使徒しとである。あなたがたがしゅにあることは、わたしの使徒しとしょくしるしなのである。

    3 わたしの批判者ひはんしゃたちにたいする弁明べんめいは、これである。

    4 わたしたちには、いをする権利けんりがないのか。

    5 わたしたちには、ほかの使徒しとたちやしゅ兄弟きょうだいたちやケパのように、信者しんじゃであるつまれてある権利けんりがないのか。

    6 それとも、わたしとバルナバとだけには、労働ろうどうをせずにいる権利けんりがないのか。

    7 いったい、自分じぶん費用ひようして軍隊ぐんたいくわわるものがあろうか。ぶどうはたけつくっていて、そのべないものがあろうか。また、ひつじっていて、そのちちまないものがあろうか。

    8 わたしは、人間にんげんかんがえでこううのではない。律法りっぽうもまた、そのようにっているではないか。

    9 すなわち、モーセの律法りっぽうに、「穀物こくもつをこなしているうしに、くつこをかけてはならない」といてある。かみは、うしのことをこころにかけておられるのだろうか。

    10 それとも、もっぱら、わたしたちのためにっておられるのか。もちろん、それはわたしたちのためにしるされたのである。すなわち、たがやもののぞみをもってたがやし、穀物こくもつをこなすものは、そのまえをもらうのぞみをもってこなすのである。

    11 もしわたしたちが、あなたがたのためにれいのものをまいたのなら、にくのものをあなたがたからりとるのは、ぎだろうか。

    12 もしほかの人々ひとびとが、あなたがたにたいするこの権利けんりにあずかっているとすれば、わたしたちはなおさらのことではないか。しかしわたしたちは、この権利けんりようせず、かえってキリストの福音ふくいんさまたげにならないようにと、すべてのことをしのんでいる。

    13 あなたがたは、宮仕みやづかえをしているひとたちはみやからがるものべ、祭壇さいだん奉仕ほうししているひとたちは祭壇さいだんそなものまえにあずかることを、らないのか。

    14 それと同様どうように、しゅは、福音ふくいんつたえているものたちが福音ふくいんによって生活せいかつすべきことを、さだめられたのである。

    15 しかしわたしは、これらの権利けんりを一つもようしなかった。また、自分じぶんがそうしてもらいたいから、このようにくのではない。そうされるよりは、ほうがましである。わたしのこのほこりは、何者なにものにもうばられてはならないのだ。

    16 わたしが福音ふくいんつたえても、それはほこりにはならない。なぜなら、わたしは、そうせずにはおれないからである。もし福音ふくいんつたえないなら、わたしはわざわいである。

    17 すすんでそれをすれば、報酬ほうしゅうけるであろう。しかし、すすんでしないとしても、それは、わたしにゆだねられたつとめなのである。

    18 それでは、その報酬ほうしゅうはなんであるか。福音ふくいんつたえるのにそれを代価だいか提供ていきょうし、わたしが宣教者せんきょうしゃとして権利けんりようしないことである。

    19 わたしは、すべてのひとたいして自由じゆうであるが、できるだけおおくのひとるために、みずかすすんですべてのひと奴隷どれいになった。

    20 ユダヤじんには、ユダヤじんのようになった。ユダヤじんるためである。律法りっぽうもとにあるひとには、わたし自身じしん律法りっぽうもとにはないが、律法りっぽうもとにあるもののようになった。律法りっぽうもとにあるひとるためである。

    21 律法りっぽうのないひとには——わたしはかみ律法りっぽうそとにあるのではなく、キリストの律法りっぽうなかにあるのだが——律法りっぽうのないひとのようになった。律法りっぽうのないひとるためである。

    22 よわひとにはよわものになった。よわひとるためである。すべてのひとたいしては、すべてのひとのようになった。なんとかして幾人いくにんかをすくうためである。

    23 福音ふくいんのために、わたしはどんなことでもする。わたしもとも福音ふくいんにあずかるためである。

    24 あなたがたはらないのか。競技場きょうぎじょうはしものは、みなはしりはするが、しょうものはひとりだけである。あなたがたも、しょうるようにはしりなさい。

    25 しかし、すべて競技きょうぎをするものは、なにごとにも節制せっせいをする。かれらはちるかんむりるためにそうするが、わたしたちはちないかんむりるためにそうするのである。

    26 そこで、わたしは目標もくひょうのはっきりしないようなはしかたをせず、くうつような拳闘けんとうはしない。

    27 すなわち、自分じぶんのからだをちたたいて服従ふくじゅうさせるのである。そうしないと、ほかのひとつたえておきながら、自分じぶん失格者しっかくしゃになるかもれない。