コリント人への第一の手紙8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 偶像ぐうぞうへのそなものについてこたえると、「わたしたちはみな知識ちしきっている」ことは、わかっている。しかし、知識ちしきひとほこらせ、あいひととくたかめる。

    2 もしひとが、自分じぶんなにっているとおもうなら、そのひとは、らなければならないほどのことすら、まだっていない。

    3 しかし、ひとかみあいするなら、そのひとかみられているのである。

    4 さて、偶像ぐうぞうへのそなものべることについては、わたしたちは、偶像ぐうぞうなるものは実際じっさい存在そんざいしないこと、また、唯一ゆいいつかみのほかにはかみがないことを、っている。

    5 というのは、たとい神々かみがみといわれるものが、あるいはてんに、あるいはにあるとしても、そして、おおくのかみおおくのしゅがあるようではあるが、

    6 わたしたちには、ちちなる唯一ゆいいつかみのみがいますのである。万物ばんぶつはこのかみからて、わたしたちもこのかみする。また、唯一ゆいいつしゅイエス・キリストのみがいますのである。万物ばんぶつはこのしゅにより、わたしたちもこのしゅによっている。

    7 しかし、この知識ちしきをすべてのひとっているのではない。ある人々ひとびとは、偶像ぐうぞうについての、これまでの習慣上しゅうかんじょう偶像ぐうぞうへのそなものとして、それをべるが、かれらの良心りょうしんが、よわいためにけがされるのである。

    8 食物しょくもつは、わたしたちをかみみちびくものではない。べなくてもそんはないし、べてもえきにはならない。

    9 しかし、あなたがたのこの自由じゆうが、よわものたちのつまずきにならないように、をつけなさい。

    10 なぜなら、あるひとが、知識ちしきのあるあなたが偶像ぐうぞうみや食事しょくじをしているのを場合ばあい、そのひと良心りょうしんよわいため、それに「教育きょういくされて」、偶像ぐうぞうへのそなものべるようにならないだろうか。

    11 するとそのよわひとは、あなたの知識ちしきによってほろびることになる。このよわ兄弟きょうだいのためにも、キリストはなれたのである。

    12 このようにあなたがたが、兄弟きょうだいたちにたいしてつみおかし、そのよわ良心りょうしんいためるのは、キリストにたいしてつみおかすことなのである。

    13 だから、もし食物しょくもつがわたしの兄弟きょうだいをつまずかせるなら、兄弟きょうだいをつまずかせないために、わたしは永久えいきゅうに、だんじてにくべることはしない。