コリント人への第一の手紙11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 わたしがキリストにならうものであるように、あなたがたもわたしにならうものになりなさい。

    2 あなたがたが、なにかにつけわたしをおぼえていて、あなたがたにつたえたとおりに言伝いいつたえをまもっているので、わたしは満足まんぞくおもう。

    3 しかし、あなたがたにっていてもらいたい。すべてのおとこのかしらはキリストであり、おんなのかしらはおとこであり、キリストのかしらはかみである。

    4 いのりをしたり預言よげんをしたりするとき、かしらにものをかぶるおとこは、そのかしらをはずかしめるものである。

    5 いのりをしたり預言よげんをしたりするとき、かしらにおおいをかけないおんなは、そのかしらをはずかしめるものである。それは、かみをそったのとまったくおなじだからである。

    6 もしおんながおおいをかけないなら、かみってしまうがよい。かみったりそったりするのが、おんなにとってずべきことであるなら、おおいをかけるべきである。

    7 おとこは、かみのかたちであり栄光えいこうであるから、かしらにものをかぶるべきではない。おんなは、またおとこ光栄こうえいである。

    8 なぜなら、おとこおんなからたのではなく、おんなおとこからたのだからである。

    9 また、おとこおんなのためにつくられたのではなく、おんなおとこのためにつくられたのである。

    10 それだから、おんなは、かしらに権威けんいのしるしをかぶるべきである。それは天使てんしたちのためでもある。

    11 ただ、しゅにあっては、おとこなしにはおんなはないし、おんななしにはおとこはない。

    12 それは、おんなおとこからたように、おとこもまたおんなからうまれたからである。そして、すべてのものはかみからたのである。

    13 あなたがた自身じしん判断はんだんしてみるがよい。おんながおおいをかけずにかみいのるのは、ふさわしいことだろうか。

    14 自然しぜんそのものがおしえているではないか。おとこながかみがあればかれはじになり、

    15 おんなながかみがあれば彼女かのじょ光栄こうえいになるのである。ながかみはおおいのかわりにおんなあたえられているものだからである。

    16 しかし、だれかがそれに反対はんたい意見いけんっていても、そんな風習ふうしゅうはわたしたちにはなく、かみしょ教会きょうかいにもない。

    17 ところで、つぎのことをめいじるについては、あなたがたをほめるわけにはいかない。というのは、あなたがたのあつまりが利益りえきにならないで、かえって損失そんしつになっているからである。

    18 まず、あなたがたが教会きょうかいあつまるとき、おたがいあいだ分争ぶんそうがあることを、わたしはみみにしており、そしていくぶんか、それをしんじている。

    19 たしかに、あなたがたのなかでほんとうのものあきらかにされるためには、分派ぶんぱもなければなるまい。

    20 そこで、あなたがたが一緒いっしょあつまるとき、しゅ晩餐ばんさんまもることができないでいる。

    21 というのは、食事しょくじさい各自かくじ自分じぶん晩餐ばんさんをかってにさきべるので、えているひとがあるかとおもえば、っているひとがある始末しまつである。

    22 あなたがたには、いをするいえがないのか。それとも、かみ教会きょうかいかろんじ、まずしい人々ひとびとをはずかしめるのか。わたしはあなたがたにたいして、なんとおうか。あなたがたを、ほめようか。このことでは、ほめるわけにはいかない。

    23 わたしは、しゅからけたことを、また、あなたがたにつたえたのである。すなわち、しゅイエスは、わたされる、パンをとり、

    24 感謝かんしゃしてこれをさき、そしてわれた、「これはあなたがたのための、わたしのからだである。わたしを記念きねんするため、このようにおこないなさい」。

    25 食事しょくじののち、さかずきをもおなじようにしてわれた、「このさかずきは、わたしのによるあたらしい契約けいやくである。むたびに、わたしの記念きねんとして、このようにおこないなさい」。

    26 だから、あなたがたは、このパンをしょくし、このさかずきむごとに、それによって、しゅがこられるときいたるまで、しゅらせるのである。

    27 だから、ふさわしくないままでパンをしょくしゅさかずきものは、しゅのからだととをおかすのである。

    28 だれでもまず自分じぶん吟味ぎんみし、それからパンをさかずきむべきである。

    29 しゅのからだをわきまえないでいするものは、そのいによって自分じぶんにさばきをまねくからである。

    30 あなたがたのなかに、よわもの病人びょうにんおおぜいおり、またねむったものすくなくないのは、そのためである。

    31 しかし、自分じぶんをよくわきまえておくならば、わたしたちはさばかれることはないであろう。

    32 しかし、さばかれるとすれば、それは、このともつみさだめられないために、しゅらしめをけることなのである。

    33 それだから、兄弟きょうだいたちよ。食事しょくじのためにあつまるときには、たがいわせなさい。

    34 もし空腹くうふくであったら、さばきをけにあつまることにならないため、いえべるがよい。そのほかのことは、わたしがったときに、さだめることにしよう。