コリント人への第一の手紙3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 兄弟きょうだいたちよ。わたしはあなたがたには、れいひとたいするようにはなすことができず、むしろ、にくぞくするもの、すなわち、キリストにあるおさはなすようにはなした。

    2 あなたがたにちちませて、かた食物しょくもつあたえなかった。べるちからが、まだあなたがたになかったからである。いまになってもそのちからがない。

    3 あなたがたはまだ、にくひとだからである。あなたがたのあいだに、ねたみやあらそいがあるのは、あなたがたがにくひとであって、普通ふつう人間にんげんのようにあるいているためではないか。

    4 すなわち、あるひとは「わたしはパウロに」とい、ほかのひとは「わたしはアポロに」とっているようでは、あなたがたは普通ふつう人間にんげんではないか。

    5 アポロは、いったい、何者なにものか。また、パウロは何者なにものか。あなたがたを信仰しんこうみちびいたひとにすぎない。しかもそれぞれ、しゅからあたえられたぶんおうじてつかえているのである。

    6 わたしはえ、アポロはみずをそそいだ。しかし成長せいちょうさせてくださるのは、かみである。

    7 だから、えるものみずをそそぐものも、ともにるにりない。大事だいじなのは、成長せいちょうさせてくださるかみのみである。

    8 えるものみずをそそぐものとは一つであって、それぞれそのはたらきにおうじて報酬ほうしゅうるであろう。

    9 わたしたちはかみ同労者どうろうしゃである。あなたがたはかみはたけであり、かみ建物たてものである。

    10 かみからたまわっためぐみによって、わたしは熟練じゅくれんした建築けんちくのように、土台どだいをすえた。そしてひとがそのうえいえてるのである。しかし、どういうふうにてるか、それぞれをつけるがよい。

    11 なぜなら、すでにすえられている土台どだい以外いがいのものをすえることは、だれにもできない。そして、この土台どだいはイエス・キリストである。

    12 この土台どだいうえに、だれかがきんぎん宝石ほうせきくさ、または、わらをもちいててるならば、

    13 それぞれの仕事しごとは、はっきりとわかってくる。すなわち、かのなかあらわれて、それをあきらかにし、またそのは、それぞれの仕事しごとがどんなものであるかを、ためすであろう。

    14 もしあるひとてた仕事しごとがそのまま残れば、そのひと報酬ほうしゅうけるが、

    15 その仕事しごとけてしまえば、損失そんしつこうむるであろう。しかしかれ自身じしんは、なかをくぐってきたもののようにではあるが、すくわれるであろう。

    16 あなたがたはかみみやであって、かみ御霊みたま自分じぶんのうちに宿やどっていることをらないのか。

    17 もしひとが、かみみや破壊はかいするなら、かみはそのひとほろぼすであろう。なぜなら、かみみやせいなるものであり、そして、あなたがたはそのみやなのだからである。

    18 だれも自分じぶんあざむいてはならない。もしあなたがたのうちに、自分じぶんがこの知者ちしゃだとおもひとがいるなら、そのひと知者ちしゃになるためにおろかになるがよい。

    19 なぜなら、この知恵ちえは、かみまえではおろかなものだからである。「かみは、知者ちしゃたちをその悪知恵わるぢえによってとらえる」といてあり、

    20 さらにまた、「しゅは、知者ちしゃたちの論議ろんぎのむなしいことをごぞんじである」といてある。

    21 だから、だれも人間にんげんほこってはいけない。すべては、あなたがたのものなのである。

    22 パウロも、アポロも、ケパも、世界せかいも、せいも、も、現在げんざいのものも、将来しょうらいのものも、ことごとく、あなたがたのものである。

    23 そして、あなたがたはキリストのもの、キリストはかみのものである。