コリント人への第二の手紙3
戻る 次へ

第3章

1 わたしたちは、またもや、自己じこ推薦すいせんをしはじめているのだろうか。それとも、ある人々ひとびとのように、あなたがたにあてた、あるいは、あなたがたからの推薦すいせんじょう必要ひつようなのだろうか。

2 わたしたちの推薦すいせんじょうは、あなたがたなのである。それは、わたしたちのこころにしるされていて、すべてのひとられ、かつまれている。

3 そして、あなたがたは自分じぶん自身じしんが、わたしたちからおくられたキリストの手紙てがみであって、すみによらずけるかみれいによってかれ、いしいたにではなくひとこころいたかれたものであることを、はっきりとあらわしている。

4 こうした確信かくしんを、わたしたちはキリストによりかみたいしていだいている。

5 もちろん、自分じぶん自身じしんことさだめるちから自分じぶんにある、とうのではない。わたしたちのこうしたちからは、かみからきている。

6 かみはわたしたちにちからあたえて、あたらしい契約けいやくつかえるものとされたのである。それは、文字もんじつかえるものではなく、れいつかえるものである。文字もんじひところし、れいひとかす。

7 もしいしりつけた文字もんじによるつとめ栄光えいこうのうちにおこなわれ、そのためイスラエルのらは、モーセのかおるべき栄光えいこうのゆえに、そのかおつめることができなかったとすれば、

8 ましてれいつとめは、はるかに栄光えいこうあるものではなかろうか。

9 もしつみ宣告せんこくするつとめ栄光えいこうあるものだとすれば、宣告せんこくするつとめは、はるかに栄光えいこうちたものである。

10 そして、すでに栄光えいこうけたものも、この場合ばあい、はるかにまさった栄光えいこうのまえに、その栄光えいこううしなったのである。

11 もしるべきものが栄光えいこうをもってあらわれたのなら、まして永存えいぞんすべきものは、もっと栄光えいこうのあるべきものである。

12 こうしたのぞみをいだいているので、わたしたちはおもいきって大胆だいたんかたり、

13 そしてモーセが、っていくものの最後さいごをイスラエルのらにられまいとして、かおにおおいをかけたようなことはしない。

14 実際じっさいかれらのおもいはにぶくなっていた。今日こんにちいたるまで、かれらがふる契約けいやく朗読ろうどくする場合ばあい、そのおなじおおいがられないままでのこっている。それは、キリストにあってはじめてのぞかれるのである。

15 今日こんにちいたるもなお、モーセのしょ朗読ろうどくされるたびに、おおいがかれらのこころにかかっている。

16 しかししゅときには、そのおおいはのぞかれる。

17 しゅれいである。そして、しゅれいのあるところには、自由じゆうがある。

18 わたしたちはみな、かおおおいなしに、しゅ栄光えいこうかがみうつすようにつつ、栄光えいこうから栄光えいこうへと、しゅおな姿すがたえられていく。これはれいなるしゅはたらきによるのである。