コリント人への第二の手紙6
戻る 次へ


第6章

1 わたしたちはまた、かみともはたらものとして、あなたがたにすすめる。かみめぐみをいたずらにけてはならない。

2 かみはこうわれる、「わたしは、めぐみのときにあなたのねがいをきいれ、すくいにあなたをたすけた」。よ、いまめぐみのときよ、いますくいである。

3 このつとめがそしりをまねかないために、わたしたちはどんなことにも、ひとにつまずきをあたえないようにし、

4 かえって、あらゆる場合ばあいに、かみしもべとして、自分じぶん人々ひとびとにあらわしている。すなわち、極度きょくど忍苦にんくにも、患難かんなんにも、危機ききにも、まりにも、

5 むちたれることにも、入獄にゅうごくにも、騒乱そうらんにも、労苦ろうくにも、徹夜てつやにも、飢餓きがにも、

6 真実しんじつ知識ちしき寛容かんようと、慈愛じあい聖霊せいれいいつわりのないあいと、

7 真理しんり言葉ことばかみちからとにより、左右さゆうっている武器ぶきにより、

8 ほめられても、そしられても、悪評あくひょうけても、好評こうひょうはくしても、かみしもべとして自分じぶんをあらわしている。わたしたちは、ひとまどわしているようであるが、しかも真実しんじつであり、

9 ひとられていないようであるが、みとめられ、にかかっているようであるが、よ、きており、らしめられているようであるが、ころされず、

10 かなしんでいるようであるが、つねよろこんでおり、まずしいようであるが、おおくのひとませ、なにたないようであるが、すべてのものっている。

11 コリントの人々ひとびとよ。あなたがたにかってわたしたちのくちひらかれており、わたしたちのこころひろくなっている。

12 あなたがたは、わたしたちにこころをせばめられていたのではなく、自分じぶんこころをせばめていたのだ。

13 わたしは子供こどもたちにたいするようにうが、どうかあなたがたのほうでもこころひろくして、わたしにおうじてほしい。

14 不信者ふしんじゃと、つりわないくびきをともにするな。不義ふぎとなんのかかわりがあるか。ひかりとやみとなんのまじわりがあるか。

15 キリストとベリアルとなんの調和ちょうわがあるか。信仰しんこう信仰しんこうとなんの関係かんけいがあるか。

16 かみみや偶像ぐうぞうとなんの一致いっちがあるか。わたしたちは、けるかみみやである。かみがこうおおせになっている、「わたしはかれらのあいだみ、かつ出入でいりをするであろう。そして、わたしはかれらのかみとなり、かれらはわたしのたみとなるであろう」。

17 だから、「かれらのあいだからき、かれらと分離ぶんりせよ、としゅわれる。そして、けがれたものにふれてはならない。ふれなければ、わたしはあなたがたをけいれよう。

18 そしてわたしは、あなたがたのちちとなり、あなたがたは、わたしのむすこ、むすめとなるであろう。全能ぜんのうしゅが、こうわれる」。