コリント人への第二の手紙12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 わたしはほこらざるをないので、無益むえきではあろうが、しゅのまぼろしと啓示けいじとについてかたろう。

    2 わたしはキリストにあるひとりのひとっている。このひとは十四ねんまえだい三のてんにまでげられた——それが、からだのままであったか、わたしはらない。からだをはなれてであったか、それもらない。かみがごぞんじである。

    3 このひとが——それが、からだのままであったか、からだをはなれてであったか、わたしはらない。かみがごぞんじである——

    4 パラダイスにげられ、そしてくちあらわせない、人間にんげんかたってはならない言葉ことばいたのを、わたしはっている。

    5 わたしはこういうひとについてほころう。しかし、わたし自身じしんについては、自分じぶんよわ以外いがいにはほこることをすまい。

    6 もっとも、わたしがほころうとすれば、ほんとうのことうのだから、おろものにはならないだろう。しかし、それはさしひかえよう。わたしがすぐれた啓示けいじけているので、わたしについてたりいたりしている以上いじょうに、ひといかぶられるかもれないから。

    7 そこで、高慢こうまんにならないように、わたしの肉体にくたいに一つのとげがあたえられた。それは、高慢こうまんにならないように、わたしをつサタンの使つかいなのである。

    8 このことについて、わたしはかれはならせてくださるようにと、三しゅいのった。

    9 ところが、しゅわれた、「わたしのめぐみはあなたにたいして十分じゅうぶんである。わたしのちからよわいところに完全かんぜんにあらわれる」。それだから、キリストのちからがわたしに宿やどるように、むしろ、よろこんで自分じぶんよわさをほころう。

    10 だから、わたしはキリストのためならば、よわさと、侮辱ぶじょくと、危機ききと、迫害はくがいと、まりとにあまんじよう。なぜなら、わたしがよわときにこそ、わたしはつよいからである。

    11 わたしはおろものとなった。あなたがたが、むりにわたしをそうしてしまったのだ。実際じっさいは、あなたがたから推薦すいせんされるべきであった。というのは、たといわたしはるにりないものだとしても、あの大使徒だいしとたちにはなんらおとるところがないからである。

    12 わたしは、使徒しとたるのじつを、しるしと奇跡きせきちからあるわざとにより、忍耐にんたいをつくして、あなたがたのあいだであらわしてきた。

    13 いったい、あなたがたが教会きょうかいよりも劣っているてんなにか。ただ、このわたしがあなたがたに負担ふたんをかけなかったことだけではないか。この不義ふぎは、どうか、ゆるしてもらいたい。

    14 さて、わたしはいま、三度目どめにあなたがたのところ用意よういをしている。しかし、負担ふたんはかけないつもりである。わたしのもとめているのは、あなたがたのものではなく、あなたがた自身じしんなのだから。いったい、子供こどもおやのために財をたくわえて必要ひつようはなく、おや子供こどものためにたくわえてくべきである。

    15 そこでわたしは、あなたがたのたましいのためには、おおいによろこんで費用ひよう使つかい、また、わたし自身じしんをも使つかいつくそう。わたしがあなたがたをあいすればあいするほど、あなたがたからますますあいされなくなるのであろうか。

    16 わたしは、あなたがたに重荷おもにわせなかったとしても、わるがしこくて、あなたがたからだましったのだと、ひとう。

    17 わたしは、あなたがたにつかわしたひとたちのうちのだれかをとおして、あなたがたからむさぼりっただろうか。

    18 わたしは、テトスにすすめてそちらにかせ、また、かの兄弟きょうだい同行どうこうさせた。テトスは、あなたがたからむさぼりったことがあろうか。わたしたちは、みなおなこころあるいたではないか。おなあしみであるいたではないか。

    19 あなたがたは、わたしたちがあなたがたにたいして弁明べんめいをしているのだと、いままでずっとおもってきたであろう。しかし、わたしたちは、かみのみまえでキリストにあってかたっているのである。あいするものたちよ。これらすべてのことは、あなたがたのとくたかめるためなのである。

    20 わたしは、こんな心配しんぱいをしている。わたしがってみると、もしかしたら、あなたがたがわたしのねがっているようなものではなく、わたしも、あなたがたのねがっているようなものでないことになりはすまいか。もしかしたら、あらそい、ねたみ、いかり、党派心とうはしん、そしり、ざんげん、高慢こうまん騒乱そうらんなどがありはすまいか。

    21 わたしがふたたびそちらにった場合ばあい、わたしのかみが、あなたがたのまえでわたしにはじをかかせ、そのうえおおくのひとまえつみおかしていながら、そのけがれと不品行ふひんこう好色こうしょくとをあらためていないので、わたしをかなしませることになりはすまいか。