コリント人への第二の手紙2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 そこでわたしは、あなたがたのところふたたかなしみをもってくことはすまいと、決心けっしんしたのである。

    2 もしあなたがたをかなしませるとすれば、わたしがかなしませているそのひと以外いがいに、だれがわたしをよろこばせてくれるのか。

    3 このようなこといたのは、わたしがとき、わたしをよろこばせてくれるはずの人々ひとびとから、かなしいおもいをさせられたくないためである。わたし自身じしんよろこびはあなたがた全体ぜんたいよろこびであることを、あなたがたすべてについて確信かくしんしているからである。

    4 わたしはおおきな患難かんなんこころうれいのなかから、おおくのなみだをもってあなたがたにきおくった。それは、あなたがたをかなしませるためではなく、あなたがたにたいしてあふれるばかりにいだいているわたしのあいを、ってもらうためであった。

    5 しかし、もしだれかがひとかなしませたとすれば、それはわたしをかなしませたのではなく、ひかうが、ある程度ていど、あなたがた一同いちどうかなしませたのである。

    6 そのひとにとっては、多数たすうものからけたあの処罰しょばつでもう十分じゅうぶんなのだから、

    7 あなたがたはむしろかれをゆるし、またなぐさめてやるべきである。そうしないと、そのひとはますますぶかかなしみにしずむかもれない。

    8 そこでわたしは、かれたいしてあいしめすように、あなたがたにすすめる。

    9 わたしがきおくったのも、あなたがたがすべてのことについて従順じゅうじゅんであるかどうかを、ためすためにほかならなかった。

    10 もしあなたがたが、なにかのことについてひとをゆるすなら、わたしもまたゆるそう。そして、もしわたしがなにかのことでゆるしたとすれば、それは、あなたがたのためにキリストのみまえでゆるしたのである。

    11 そうするのは、サタンにあざむかれることのないためである。わたしたちは、かれ策略さくりゃくらないわけではない。

    12 さて、キリストの福音ふくいんのためにトロアスにったとき、わたしのためにしゅもんひらかれたにもかかわらず、

    13 兄弟きょうだいテトスにえなかったので、わたしはでなく、人々ひとびとわかれて、マケドニヤにかけてった。

    14 しかるに、かみ感謝かんしゃすべきかな。かみはいつもわたしたちをキリストの凱旋がいせんともなき、わたしたちをとおしてキリストを知識ちしきのかおりを、いたところはなってくださるのである。

    15 わたしたちは、すくわれるものにとってもほろびるものにとっても、かみたいするキリストのかおりである。

    16 後者こうしゃにとっては、からいたらせるかおりであり、前者ぜんしゃにとっては、いのちからいのちにいたらせるかおりである。いったい、このような任務にんむに、だれがようか。

    17 しかし、わたしたちは、おおくのひとのようにかみことば売物うりものにせず、真心まごころをこめて、かみにつかわされたものとしてかみのみまえで、キリストにあってかたるのである。