コリント人への第二の手紙9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 聖徒せいとたちにたいする援助えんじょについては、いまさら、あなたがたにきおくる必要ひつようはない。

    2 わたしは、あなたがたの好意こういっており、そのために、あなたがたのことをマケドニヤの人々ひとびとほこって、アカヤでは昨年さくねん以来いらい、すでに準備じゅんびをしているのだとった。そして、あなたがたの熱心ねっしんは、おおくのひと奮起ふんきさせたのである。

    3 わたしが兄弟きょうだいたちをおくることにしたのは、あなたがたについてわたしたちのほこったことが、この場合ばあいむなしくならないで、わたしがったとおり準備じゅんびしていてもらいたいからである。

    4 そうでないと、万一まんいちマケドニヤびとがわたしと一緒いっしょって、準備じゅんびができていないのをたら、あなたがたはもちろん、わたしたちも、かようにしんじきっていただけに、はじをかくことになろう。

    5 だから、わたしは兄弟きょうだいたちをうながして、あなたがたのところさきかせ、以前いぜんあなたがたが約束やくそくしていたおくもの準備じゅんびをさせておくことが必要ひつようだとおもった。それをしぶりながらではなく、こころをこめて用意よういしていてほしい。

    6 わたしのかんがえはこうである。すこししかまかないものは、すこししからず、ゆたかにまくものは、ゆたかにることになる。

    7 各自かくじしむこころからでなく、また、しいられてでもなく、みずかこころめたとおりにすべきである。かみよろこんでほどこひとあいしてくださるのである。

    8 かみはあなたがたにあらゆるめぐみをゆたかにあたえ、あなたがたをつねにすべてのことにらせ、すべてのいわざにませるちからのあるかたなのである。

    9 かれまずしいひとたちにらしてあたえた。その永遠えいえんつづくであろう」といてあるとおりである。

    10 たねまくひとたねべるためのパンとをそなえてくださるかたは、あなたがたにもたねそなえ、それをふやし、そしてあなたがたのしてくださるのである。

    11 こうして、あなたがたはすべてのことにゆたかになって、しみなくほどこし、そのほどこしはわたしたちのによっておこなわれ、かみ感謝かんしゃするにいたるのである。

    12 なぜなら、この援助えんじょはたらきは、聖徒せいとたちの欠乏けつぼうおぎなえだけではなく、かみたいするおおくの感謝かんしゃによってますますゆたかになるからである。

    13 すなわち、この援助えんじょおこなった結果けっかとして、あなたがたがキリストの福音ふくいん告白こくはくたいして従順じゅうじゅんであることや、かれらにも、すべてのひとにも、しみなくほどこしをしていることがわかってきて、かれらはかみ栄光えいこうし、

    14 そして、あなたがたにたまわったきわめてゆたかなかみめぐみのゆえに、あなたがたをしたい、あなたがたのためにいのるのである。

    15 いつくせない賜物たまもののゆえに、かみ感謝かんしゃする。