コリント人への第二の手紙4
次へ

第4章

1 このようにわたしたちは、あわれみをけてこのつとめについているのだから、落胆らくたんせずに、

2 ずべきかくれたことをり、悪巧わるだくみによってあるかず、かみことばげず、真理しんりあきらかにし、かみのみまえに、すべてのひと良心りょうしん自分じぶん推薦すいせんするのである。

3 もしわたしたちの福音ふくいんがおおわれているなら、ほろびるものどもにとっておおわれているのである。

4 かれらの場合ばあい、このかみ不信ふしんものたちのおもいをくらませて、かみのかたちであるキリストの栄光えいこう福音ふくいんかがやきを、えなくしているのである。

5 しかし、わたしたちは自分じぶん自身じしんつたえるのではなく、しゅなるキリスト・イエスをつたえる。わたしたち自身じしんは、ただイエスのためにはたらくあなたがたのしもべにすぎない。

6 「やみのなかからひかりりいでよ」とおおせになったかみは、キリストのかおかがやかみ栄光えいこう知識ちしきあきらかにするために、わたしたちのこころてらしてくださったのである。

7 しかしわたしたちは、このたからつちうつわなかっている。そのはかれないちからかみのものであって、わたしたちからたものでないことが、あらわれるためである。

8 わたしたちは、四方しほうから患難かんなんけてもきゅうしない。途方とほうにくれてもまらない。

9 迫害はくがいっても見捨みすてられない。たおされてもほろびない。

10 いつもイエスのをこのうている。それはまた、イエスのいのちが、このあらわれるためである。

11 わたしたちきているものは、イエスのためにえずわたされているのである。それはイエスのいのちが、わたしたちのぬべき肉体にくたいあらわれるためである。

12 こうして、はわたしたちのうちにはたらき、いのちはあなたがたのうちにはたらくのである。

13 「わたしはしんじた。それゆえにかたった」としるしてあるとおり、それとおな信仰しんこうれいっているので、わたしたちもしんじている。それゆえにかたるのである。

14 それは、しゅイエスをよみがえらせたかたが、わたしたちをもイエスとともによみがえらせ、そして、あなたがたとともにみまえにたせてくださることを、っているからである。

15 すべてのことは、あなたがたのえきであって、めぐみがますますおおくのひとくわわるにつれ、感謝かんしゃちあふれて、かみ栄光えいこうとなるのである。

16 だから、わたしたちは落胆らくたんしない。たといわたしたちのそとなるひとほろびても、うちなるひとごとにあたらしくされていく。

17 なぜなら、このしばらくのかる患難かんなんはたらいて、永遠えいえんおも栄光えいこうを、あふれるばかりにわたしたちにさせるからである。

18 わたしたちは、えるものにではなく、えないものにそそぐ。えるものは一時いちじてきであり、えないものは永遠えいえんにつづくのである。