コリント人への第二の手紙7
    脚注
    Theme

    第7章

    1 あいするものたちよ。わたしたちは、このような約束やくそくあたえられているのだから、にくれいとのいっさいのけがれから自分じぶんをきよめ、かみをおそれてまったきよくなろうではないか。

    2 どうか、わたしたちにこころひらいてほしい。わたしたちは、だれにも不義ふぎをしたことがなく、だれをも破滅はめつにおとしいれたことがなく、だれからもだましったことがない。

    3 わたしは、めるつもりでこううのではない。まえにもったように、あなたがたはわたしのこころのうちにいて、わたしたちとせいともにしているのである。

    4 わたしはあなたがたをおおいに信頼しんらいし、おおいにほこっている。また、あふれるばかりなぐさめをけ、あらゆる患難かんなんなかにあってよろこびにちあふれている。

    5 さて、マケドニヤにいたとき、わたしたちのすこしのやすみもなく、さまざまの患難かんなんい、そとにはたたかい、うちにはおそれがあった。

    6 しかるに、うちしおれているものなぐさめるかみは、テトスの到来とうらいによって、わたしたちをなぐさめてくださった。

    7 ただかれ到来とうらいによるばかりではなく、かれがあなたがたからけたそのなぐさめをもって、なぐさめてくださった。すなわち、あなたがたがわたしをしたっていること、なげいていること、またわたしにたいして熱心ねっしんであることをらせてくれたので、わたしのよろこびはいよいよくわわったのである。

    8 そこで、たとい、あの手紙てがみであなたがたをかなしませたとしても、わたしはそれをいていない。あの手紙てがみがしばらくのあいだではあるが、あなたがたをかなしませたのをいたとしても、

    9 いまよろこんでいる。それは、あなたがたがかなしんだからではなく、かなしんであらためるにいたったからである。あなたがたがそのようにかなしんだのは、かみのみこころにうたことであって、わたしたちからはなんのそんがいけなかったのである。

    10 かみのみこころにうたかなしみは、いのないすくいさせる悔改くいあらためにみちびき、このかなしみはをきたらせる。

    11 よ、かみのみこころにうたそのかなしみが、どんなにかねつじょうをあなたがたにおこさせたことか。また、弁明べんめい義憤ぎふんおそれ、愛慕あいぼ熱意ねつい、それから処罰しょばついたらせたことか。あなたがたはあの問題もんだいについては、すべてのてんにおいて潔白けっぱくであることを証明しょうめいしたのである。

    12 だから、わたしがあなたがたにきおくったのは、不義ふぎをしたひとのためでも、不義ふぎけたひとのためでもなく、わたしたちにたいするあなたがたのねつじょうが、かみまえにあなたがたのあいだあきらかになるためである。

    13 こういうわけで、わたしたちはなぐさめられたのである。これらのなぐさめのうえにテトスのよろこびがくわわって、わたしたちはなおいっそうよろこんだ。かれがあなたがた一同いちどうによって安心あんしんさせられたからである。

    14 そして、わたしはかれたいしてあなたがたのことをすこしくほこったが、それはわたしのはじにならないですんだ。あなたがたにいっさいのことを真実しんじつかたったように、テトスにたいしてほこったことも真実しんじつとなってきたのである。

    15 またかれは、あなたがた一同いちどう従順じゅうじゅんであって、おそれおののきつつ自分じぶんむかえてくれたことをおもして、ますますこころをあなたがたのほうせている。

    16 わたしは、あなたがたにまった信頼しんらいすることができて、よろこんでいる。