コリント人への第二の手紙5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 わたしたちのんでいる地上ちじょう幕屋まくやがこわれると、かみからいただく建物たてもの、すなわちてんにある、ひとによらない永遠えいえんいえそなえてあることを、わたしたちはっている。

    2 そして、てんからたまわるそのすみかを、うえようとせつのぞみながら、この幕屋まくやなかくるしみもだえている。

    3 それをたなら、はだかのままではいないことになろう。

    4 この幕屋まくやなかにいるわたしたちは、重荷おもにってくるしみもだえている。それをごうとねがうからではなく、そのうえようとねがうからであり、それによって、ぬべきものがいのちにのまれてしまうためである。

    5 わたしたちを、このことにかなうものにしてくださったのは、かみである。そして、かみはその保証ほしょうとして御霊みたまをわたしたちにたまわったのである。

    6 だから、わたしたちはいつもこころづよい。そして、肉体にくたい宿やどとしているあいだしゅからはなれていることを、よくっている。

    7 わたしたちは、えるものによらないで、信仰しんこうによってあるいているのである。

    8 それで、わたしたちはこころづよい。そして、むしろ肉体にくたいからはなれてしゅともむことが、ねがわしいとおもっている。

    9 そういうわけだから、肉体にくたい宿やどとしているにしても、それからはなれているにしても、ただしゅよろこばれるものとなるのが、こころからのねがいである。

    10 なぜなら、わたしたちはみな、キリストのさばきのまえにあらわれ、ぜんであれあくであれ、自分じぶんおこなったことにおうじて、それぞれむくいをけねばならないからである。

    11 このようにわたしたちは、しゅおそるべきことをっているので、人々ひとびとすすめる。わたしたちのことは、かみのみまえにはあきらかになっている。さらに、あなたがたの良心りょうしんにもあきらかになるようにとのぞむ。

    12 わたしたちは、あなたがたにたいして、またもや自己じこ推薦すいせんをしようとするのではない。ただわたしたちをほこ機会きかいを、あなたがたにたせ、こころほこるのではなくうわべだけをほこ人々ひとびとこたえうるようにさせたいのである。

    13 もしわたしたちが、くるっているのなら、それはかみのためであり、たしかであるのなら、それはあなたがたのためである。

    14 なぜなら、キリストのあいがわたしたちにつよせまっているからである。わたしたちはこうかんがえている。ひとりのひとがすべてのひとのためにんだ以上いじょう、すべてのひとんだのである。

    15 そして、かれがすべてのひとのためにんだのは、きているものがもはや自分じぶんのためにではなく、自分じぶんのためにんでよみがえったかたのために、きるためである。

    16 それだから、わたしたちは今後こんご、だれをもにくによってることはすまい。かつてはキリストをにくによってっていたとしても、いまはもうそのようなかたをすまい。

    17 だれでもキリストにあるならば、そのひとあたらしくつくられたものである。ふるいものはった、よ、すべてがあたらしくなったのである。

    18 しかし、すべてこれらのことは、かみからている。かみはキリストによって、わたしたちをご自分じぶん和解わかいさせ、かつ和解わかいつとめをわたしたちにさづけてくださった。

    19 すなわち、かみはキリストにおいてをご自分じぶん和解わかいさせ、その罪過ざいか責任せきにんをこれにわせることをしないで、わたしたちに和解わかい福音ふくいんをゆだねられたのである。

    20 かみがわたしたちをとおしてすすめをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者ししゃなのである。そこで、キリストにかわってねがう、かみ和解わかいけなさい。

    21 かみはわたしたちのつみのために、つみらないかたをつみとされた。それは、わたしたちが、かれにあってかみとなるためなのである。